• TOP
  • 爆連載 > ベイ熱中改造塾!!  第11回「ランチャーも改造しよう!!前編」
  • TOP
  • 爆連載 > ベイ熱中改造塾!!  第11回「ランチャーも改造しよう!!前編」
ベイブレード

ベイ熱中改造塾!!  第11回「ランチャーも改造しよう!!前編」

超改造で日々のベイライフをよりアツく! ベイ界の第一人者による熱血解説記事でGoシュート!
第11回「ランチャーも改造しよう!!前編」

こんにちは! マスターブレーダーのホリカワです。今日もベイブレードの改造にはげんでいますか!? ……と、ベイの改造と一口に言っても、じつは対象はベイブレードだけじゃないんです。

そう、ブレーダーのパワーをベイに伝える「ランチャー」も改造できるんです!! 今回はいままで突っ込んで解説されることのなかった「ランチャー改造」に関して、ドドンと研究したいと思います!!

■まずはランチャーの特徴を知ろう!!
ランチャーには現在様々な種類があります。改造をするにも、まずはそれぞれの特徴を理解しておきましょう。

▲プロトランチャー

【プロトランチャー/エントリーランチャー】
初心者向けの簡易なランチャー。グリップ等オプションパーツが付けられません。持ち運びしやすい入門用ランチャーです。

▲ライトランチャー

【ライトランチャー系】
ワインダーを引き抜くタイプで、どんなに強く撃ってもワインダーを引き抜けるためシュートがしやすく(ヒモだと最後に止まる)、ミスが少ないランチャー。初心者〜中級者向けです。

・主な製品
ライトランチャー
ライトランチャー+ロングワインダー
ライトランチャー+フェニックスワインダー

ワインダーの長さで回転の強さが決まるので、ライト<ロング<フェニックスの順で強いシュートが撃てます。

▲ベイランチャー

【ベイランチャー系】
ストリング(ヒモ)式のランチャーで、ストリングを最後まで引ききるとシュートにブレが発生しやすい一方、回転はとても速い上級者向けランチャー。

・主な製品
ベイランチャー(右回転版と左回転版あり)
ヘビーベイランチャー(ストリングが短いがギヤは重い)
スピードベイランチャー(ストリングが長いがギヤは軽い)
ベイランチャーLR(ストリングが短くギヤも重い、両回転対応)
ロングベイランチャー(ベイランチャーのストリングが長い版と、右回転版、左回転版あり)

パワーについては、人によって撃ちやすさが変わるので一概には言えませんが
やや強い:ベイランチャー、ヘビーベイランチャー、スピードベイランチャー
強い:ベイランチャーLR、ロングベイランチャー
となっており、ベイランチャーLRとロングベイランチャーは、使いこなせればシリーズ最強クラスのシュートが撃てます。

▲デジタルソードランチャー

【ソードランチャー系】
グリップ一体型の剣の形を模した、居合抜きのように撃つランチャー。

・主な製品
ソードランチャー
デジタルソードランチャー

強さはソードランチャー<デジタルソードランチャーとなります。
グリップ一体型のため、ベイロガー/ベイロガープラス以外のオプションパーツを付けられないのがやや難です。
ただデジタルソードランチャーは、それ自体でシュート力を計測できる等、機能が充実しています。

ここまでが主なランチャーになります。

■パワー=正義ではない!!

各ランチャーのパワーを簡単に表すと……

低め:プロトランチャー、エントリーランチャー
やや低め:ライトランチャー
普通:ライトランチャー+ロングワインダー、ベイランチャー、ヘビーベイランチャー、スピードベイランチャー、ソードランチャー
やや強め:ライトランチャー+フェニックスワインダー、
強め:ベイランチャーLR、ロングベイランチャー、デジタルソードランチャー

となります。
ただしこれはあくまで目安で、やはりいちばん大事なのはブレーダーのパワーであることは間違いありません。
また、パワーが強ければ良いとも言い切れないのです。じつはパワーが上がるにつれてシュートが難しくなっていきます。
理由は「ギヤが重くてワインダーが引きにくい」、「ストリングが短くて引きにくい」、「ワインダーやストリングが長くて最後まで引ききれない」等です。
パワーが高いぶんシュートにリスクが発生し、結果的にシュートがブレたり、シュートミスをしやすくなってしまうのです。

ですので、シュートのブレやミスを少なくするために、ランチャー自体を改造することはとても大事なんです!

■いざ、ランチャーを改造!!

ランチャーには様々なオプションパーツがあり、それらを装着することで改造ができます。ランチャーの改造には大きく2つの方向があるので、それぞれの考え方を紹介しましょう!

1.握りやすくする!
人によって手の大きさや指の長さも違うので、自分にフィットするパーツを選んで装着し、握りやすくする。
一番の定番は装着率8割を超しているであろう<ランチャーグリップ>。さらへそこにパーツを付けていくと良い。

▲ランチャーグリップ

【ランチャーグリップの種類】
ランチャーグリップ→定番。
パワーランチャーグリップ→これも定番の形。
カラビナグリップ→カラビナ付きの小型グリップ。手の小さい人にも相性がいい。
ナックルグリップ→手の大きい人と相性がいい。

▲ベイロガー

【グリップを上げる他のパーツ】
ベイロガー/ベイロガープラス→シュート計測用だが、グリップ力もアップする。
アングルグリップ→グリップにもなりつつ、シュート角度を測れる
シュートサポートラバー/ラバーアシスト/グリップラバー→どれもラバーでできていて、滑り止めや握りやすさをアップする
パワートリガー→力強くグリップを握ることをサポートするパーツ

2.重くする!
単純に重くすることでシュート時のブレを少なくする。重いので腕の力を鍛えている必要がある。

▲グリップウエイト

【重くするパーツの種類】
ウエイトダンパー→鉄球入りのパーツ。シュートの衝撃をダンパーで吸収してくれる優れもの。
グリップウエイト→グリップに付けるメタルパーツ。

上記を2つの方向性を加味した、自分のランチャー改造のオススメはズバリ!!

▲右上=ベイランチャーLR、中央上=パワートリガー、左上=ランチャーグリップ、右下=ウエイトダンパー、左下=ベイロガープラス

ベイランチャーLR+パワートリガー+ランチャーグリップ+ウエイトダンパー+ベイロガープラスです。パワーも持ちやすさもかなり高いレベルで両立できます。
これを実際に握ってみて、もっと重く滑りにくくしたい場合はグリップラバーやラバーアシストを加えてもいいでしょう。

このようにランチャーにも奥深い改造の世界があります。
次回は注目の新ランチャーアイテム<ロングベイランチャーセット>を使った改造を紹介したいと思います!!

それではまた次回まで、3、2、1、ゴーシュート!!

堀川亮(ほりかわ あきら)
マスターブレーダー。2008年、タカラトミー入社。ベイブレードバーストの開発からマーケティングまで、全般を担当。

 

次回は10/1(月)更新!!