• TOP
  • 爆連載 > デュエマ妄想構築録 vol.4-4 〜ツインパクト乱舞、爆誕!〜
  • TOP
  • 爆連載 > デュエマ妄想構築録 vol.4-4 〜ツインパクト乱舞、爆誕!〜
デュエル・マスターズ

デュエマ妄想構築録 vol.4-4 〜ツインパクト乱舞、爆誕!〜


By まつがん

▲「レレディ・バ・グーバ/ツインパクト・マップ」

S・トリガー付きクリーチャーと、ツインパクトをサーチできる呪文が組み合わさった新カード、《レレディ・バ・グーバ/ツインパクト・マップ》

このカードの登場により、ツインパクト単は飛躍的にデッキ構築がしやすくなった。

第一に、S・トリガー付きツインパクトの必要枚数が緩和された。S・トリガー付きのツインパクトはたくさん出てきているとはいえ、一つの色で必要な枚数を確保するのは難しかった。しかし《レレディ・バ・グーバ/ツインパクト・マップ》のおかげで、自然文明だけでS・トリガーを十分な枚数積むことができるようになったのだ。

そして第二に、デッキの安定性が大幅に高まった。初動となる《黒豆だんしゃく/白米だんしゃく》《オブラディ・ホーネット/「Let it Bee!」》を探しながら、《カブトリアル・クーガ/ミステリー・ディザスター》《龍装艦 チェンジザ/六奇怪の四 〜土を割る逆瀧〜》のいずれにもアクセスすることができるこのカードは、もはやツインパクト単になくてはならない存在と言えるだろう。

さて、一旦vol.4-2のデッキは忘れてデッキを組みなおしてみると、以下のようになった。

枚数
カード名
4
《黒豆だんしゃく/白米だんしゃく》
4
《オブラディ・ホーネット/「Let it Bee!」》
4
《カブトリアル・クーガ/ミステリー・ディザスター》
4
《龍装艦 チェンジザ/六奇怪の四 〜土を割る逆瀧〜》
4
《レレディ・バ・グーバ/ツインパクト・マップ》

 

あと20枚を埋めるとしたら、「青マナ源」「フィニッシュ手段」「S・トリガー」といった要素が必要になってくるだろう。もちろんそれらは基本的にすべてツインパクトでなければならない。

「青マナ源」については、《レレディ・バ・グーバ/ツインパクト・マップ》があるとはいえ、《龍装艦 チェンジザ/六奇怪の四 〜土を割る逆瀧〜》を出すためには、水文明のカードは計8枚程度欲しい。もしそれが「フィニッシュ手段」か「S・トリガー」のどちらかを兼ねているなら最高だが、S・トリガーが一応付いているとはいえ、《遣宮使 ネオンクス/ネオ・ブレイン》や《遣宮艦 タマテガメ/時を御するブレイン》では噛み合っていない感がある……。

と、ここまで考えたところで私はソリューションの存在に気がついた。

▲『機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」』

《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》

《龍装艦 チェンジザ/六奇怪の四 〜土を割る逆瀧〜》とも相性が良いこのカードは、相手のS・トリガーやニンジャ・ストライクをピンポイントで指定して反撃を封殺することができる。《龍装艦 チェンジザ/六奇怪の四 〜土を割る逆瀧〜》を複数体出して捨てれば同一ターンに複数の数字を指定することもできるので、フィニッシュ手段としてかなり強力なツインパクトと言えるだろう。

これで「青マナ源」「フィニッシュ手段」の問題は解決した。となればあとは「S・トリガー」だが、先月発売の「ペリッ!! スペシャルだらけのミステリーパック」に収録されているこのカードの存在をすっかり忘れていた。

▲「超機動罠 デンジャデオン/地獄極楽トラップ黙示録」

《超機動罠 デンジャデオン/地獄極楽トラップ黙示録》

デッキを「トラップ」に寄せれば防御手段としても優秀な《超機動罠 デンジャデオン》に加え、《地獄極楽トラップ黙示録》の側でシールドを焼却すれば「フィニッシュ手段」のサポートにもなる。

あとは余ったスロットに適当な「トラップ」持ちのツインパクトをぶち込めばいい。

というわけで、ついに新たなツインパクト単が40枚できあがったのだ。

『ツインパクト乱舞パニック

枚数
カード名
4
《黒豆だんしゃく/白米だんしゃく》
4
《オブラディ・ホーネット/「Let it Bee!」》
4
《カブトリアル・クーガ/ミステリー・ディザスター》
4
《龍装艦 チェンジザ/六奇怪の四 〜土を割る逆瀧〜》
4
《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》
3 《龍罠 エスカルデン/マクスカルゴ・トラップ》
4 《超機動罠 デンジャデオン/地獄極楽トラップ黙示録》
4 《ナ・チュラルゴ・デンジャー/ナチュラル・トラップ》
4 《レレディ・バ・グーバ/ツインパクト・マップ》
3 《ファビュラ・スネイル/ゴルチョップ・トラップ》
1 《ホーガン・ブラスター》
1 《ミステリー・キューブ》

 

デッキリストを書くのがダルすぎるため、絶対に公認大会には持っていきたくないデッキが完成した。

とはいえ、ツインパクトばかりで作ったデッキの割にS・トリガーを17枚も搭載できており、乱雑な見た目の割に堅実なデッキに仕上がっている。

▲「龍罠 エスカルデン/マクスカルゴ・トラップ」

《龍罠 エスカルデン/マクスカルゴ・トラップ》はS・トリガーではないものの「トラップ」界でも最上級の逸品で、ここから《龍装艦 チェンジザ/六奇怪の四 〜土を割る逆瀧〜》につながるととんでもないビッグムーブになる。

よく見ると《ホーガン・ブラスター》と《ミステリー・キューブ》が入っていて「ツインパクト単」じゃねーじゃねーか!と思うかもしれないが、こいつらは《カブトリアル・クーガ/ミステリー・ディザスター》の5枚目と6枚目で、しかもS・トリガーという殿堂入りも納得のチートカードなのでデッキに入ってしまうのは仕方がない。仕方がないんだ。それに、2枚までなら《ツインパクト・マップ》を外すこともないので許容範囲内だろう。

このデッキが実際にどんな動きをするのかは、以下の動画で確認してみて欲しい。

さて、いかがだっただろうか。

ツインパクトデッキを組むのに最適な《レレディ・バ・グーバ/ツインパクト・マップ》が含まれている「超誕!!ツインヒーローデッキ 80エイティ [自然大暴走ファイナルハザードVSバーサス卍獄の虚無月ムーンレスムーン]」は、11月10日発売だ。

同時発売の「超誕!!ツインヒーローデッキ 80エイティ[Jの超機兵ジョーカーズデラックスVSバーサス聖剣神話カリバーサーガ†]の側にも、もちろん負けず劣らず超強力なカードが多数収録されている。

ぜひ両方ゲットして、強力な新カードの数々を堪能してみて欲しい。

商品概要
『月刊コロコロコミック 12月号』
■発売日:2018年11月15日(木)
■価格:510円+税

また、11月15日発売のコロコロコミック12月号ではデュエル・マスターズの最新情報が掲載されている。こちらも要チェックだ。

それではまた次回!

ライター:まつがん
フリーライター。クソデッキビルダー。
論理的な発想でカード同士にシナジーを見出すのだが、途中で飛躍して明後日の方向に行くことを得意とする。
オリジナルデッキでメタゲームに風穴を開けるべく日夜チャレンジを続けている(が、上記のような理由で大体失敗する)。

 

デュエマ妄想構築録vol.4
デュエマ妄想構築録 vol.4-1 〜もしもデュエマが8枚制限だったなら〜
デュエマ妄想構築録 vol.4-2 〜目指せ、ツインパクト単!〜
デュエマ妄想構築録 vol.4-3 〜トリガークリーチャー付きツインパクト、登場!〜
デュエマ妄想構築録 vol.4-5 〜番外編:バツバツ秋の陣・ゼロとランダムのシンフォニー〜

 

次回は11/16(金)更新!!