• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】SIGUMA師匠の爆速上達イカ道場!! 第16回「ガチエリアの基本ルールと戦い方」
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】SIGUMA師匠の爆速上達イカ道場!! 第16回「ガチエリアの基本ルールと戦い方」
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】SIGUMA師匠の爆速上達イカ道場!! 第16回「ガチエリアの基本ルールと戦い方」

第16回「ガチエリアの基本ルールと戦い方」

イカ道場師匠のSIGUMAだ!

今回から、いよいよガチマッチの各ルールについて解説していこう。
ガチマッチには4つのルールが用意されているが、今回紹介するのは「ガチエリア」についてだ!ガチエリアはガチルールの中では、ナワバリバトルに一番近い雰囲気を持っている。初めてガチマッチにチャレンジするなら、まずガチエリアをプレイすることがオススメだ。

ガチマッチは大まかなルールの他にも、細かい設定や仕様があるため、しっかりとルールを頭に入れておくことが非常に重要だ。すでにガチマッチをプレイしているプレイヤーでも、この機会に基本のルールや仕様について、おさらいしてみよう。

■ガチエリアの基本ルール

「ガチエリア」のバトルでは、色枠で囲まれた「ガチエリア」が各ステージ1つか2つ設定されている。ガチエリアをインクで塗り、エリア内を8割ほど自チームのインクで塗ることで、エリア内全てが自チームのインクとなる。これで、ガチエリアの確保となる。ガチエリアの場所はステージによって様々なので、バトルに参加する前にステージを「さんぽ」して、エリアの場所を確認しておこう。※「さんぽ」はロビー画面からYボタンで、その時に開催中のルール・ステージを一人で見て回ることができる。

全てのガチエリアを確保すると、画面上部にある自チームのカウントが100から減少していき、カウントが0になるとノックアウト勝利となる。このカウントは1秒で1進むわけではなく、60秒で100カウント進むようになっているので、覚えておこう。

・ペナルティカウント

自チームがガチエリアを確保した状態から、相手チームにエリアを奪われると「ペナルティカウント」が発生する。「ペナルティカウント」は自チームのカウントの下に「+○○」と表示される。ペナルティがある状態でエリアを確保すると、まずペナルティカウントが減少していく。そして、ペナルティがなくなった時点で、エリアのカウントが減少する仕組みになっている。一度ペナルティをつけられると、カウントを進めるのに時間がかかるため、エリアを確保したらしっかり守りを固めよう。

・延長戦について

試合時間は5分間だが、残り時間が0になった時点で、カウントが負けているチームがエリアを確保している場合は、延長線に突入する。延長戦の決着は「リードしているチームがガチエリアを確保し勝利」、「10秒間経過によりリードしているチームの勝利」もしくは「負けているチームがカウントを逆転して勝利」の3パターンである。試合終了直前まで負けていても、エリアを確保できれば、逆転の可能性もあるので最後まで諦めずに戦おう!

■ガチエリアの基本的な戦い方
今回はガチエリアを戦う上で3つの基本的かつ重要なことを覚えよう。

・スタート直後はすばやくガチエリアへ向かおう!

ステージ全体の塗る面積を競うナワバリバトルと違い、ガチエリアではステージ上のガチエリアを塗って、確保することが目的だ。そのため自陣塗りなどは必要がない。ゲームがスタートしたら、すばやくガチエリアに向かって進んでいこう。ガチエリア周辺には、両チームのプレイヤーが集まって激しいバトルになるため、スタートでむやみに突っ込むのではなく、味方と足並みをそろえてエリアの確保に向かおう。

・ガチエリアを塗ろう!

ガチエリアでは、とにかくエリアを確保することが最も重要だ!当たり前のように感じるが、ガチエリアをしっかりと自分のインクで塗ることを意識しよう。確保したエリアも、こまめに塗り状況を確認し、相手のインクをなるべくエリア内に残さないように塗りつぶしておこう。またガチエリアが2つあるステージでは、両方のエリアを確保しなければカウントは進まない。1つのエリアを確保してもカウントが進まない場合は、もう1方のエリアが確保できていないということだ。なので、マップを確認して今のエリアを守るか、もう1つのエリアを取りに行くか判断しよう。

・ガチエリア内でやられない!

ガチエリアをプレイする際に気をつけたいのは、ガチエリアの範囲内でやられてしまうことだ。やられるとその場に相手のインクが飛び散るため、それだけでエリアの確保が解除されたり、相手にエリアを奪われるきっかけになってしまう。エリアを塗ることに気を取られ過ぎたり、相手を追いかけることに必死になりすぎたりして、エリア内でやられないように十分気をつけよう。

■最後に
次回はガチエリアをプレイするうえで、より実践的な立ち回りや、各種ブキの使い方などを解説していくぞ。是非これを読んで、ガチエリアのウデマエをガンガン上げていってほしい!

SIGUMA
実況グループ「YOUNG☆MAN」所属の元プロゲーマー。2004年にHALO WORLDWIDEチャンピオンシップで世界5位となり、日本人として初めてスポンサー契約に成功した。イベント解説者としての顔も持ち、そのわかりやすい解説に定評がある。

Twitterアドレス&ニコ生チャンネルURL

Twitter:https://twitter.com/sigumaxxx
生放送:http://ch.nicovideo.jp/siguma-ch

 

次回は11/6(火)更新!!