• TOP
  • 爆連載 > ミニ四駆 伝説マシン開発秘話 第3回
  • TOP
  • 爆連載 > ミニ四駆 伝説マシン開発秘話 第3回

ミニ四駆名車開発秘話伝説【サイクロンマグナム編】第3回 動員30万人を超すジャパンカップで先行販売!!

大人も唸るミニ四駆企画『伝説マシン開発秘話』!!サイクロンマグナムの開発秘話はまだまだ続くぜ!! 今回は話をちょっと先へ進めて、サイクロンが先行販売されたのエピソードからスタート!!

サイクロンマグナムでピークを迎えたジャパンカップ!!

前回紹介したサイクロンマグナム初登場のコロコロが発売された直後の1996年7月20日、スーパージャパンカップ’96が開幕!! この会場でサイクロンマグナムのミニ四駆キットが先行販売された。この年の1月にテレビアニメ『レッツ&ゴー!!』の放送も始まり、ミニ四駆の人気はまさに怒濤の盛り上がりを見せていた!!

公式コース「スーパーサイクロンサーキット」が設置された全国14会場に駆けつけたミニ四駆ファンの総数は、なんと30万4000人!! 先行販売のサイクロンマグナムを手に入れようと、販売コーナーへ詰めかける人も大変な数になり、数百メートルもの長い行列が数時間途切れることがなかった。

また、この年の月刊コロコロ8月号には、大会告知記事の他にジャパンカップの付録も付いていた。なんと、ゴールドとシルバー2冊のミニブックだ!! コロコロのバックアップで、サイクロンマグナムの人気はますます高まっていったんだね!!

デザインがスムーズに出来たマシンは記憶が……

こうして先行販売ではサイクロンマグナムが飛ぶように売れまくり、レースでもサイクロンが大活躍したジャパンカップ。忙しい最中に会場にも駆けつけたこしたてつひろ先生は、このサイクロンマグナムの大人気を会場でどう受け止めていたのか。何か思い出のエピソードはないだろうか。会場で実際に走るマシンを見て、描き直したい所などなかっただろうか。
「それが、一発でOKを出してもらえて、スムーズにデザインが出来上がったマシンについては、あまり記憶が……」


ええっ、そんな~!! 好きなバイクのイメージを盛りこむことができたという記憶だけだったとは……。ミニ四駆ブームの最盛期で毎月まんがは増ページ。次々とマシンデザインも描かなければならなかった超忙しい時だったので、しかたない事かもしれませんね。

苦労して出来たマシンはうれしさ数倍!!

ところが一方では、こんなマシンも。1996年のミニ四駆ブームが大爆発し、翌年7月には劇場版アニメ映画が公開。この映画『爆走兄弟レッツ&ゴー!! WGP 暴走ミニ四駆大追跡!』の主人公は、サイクロンの敵マシン、ガンブラスターXTO!! サイクロンは苦労することなくデザインできたのに、このマシンのデザインは大変苦しい思いをすることになってしまった!!

「マシンをデザインする時に言われた条件が、軽くて頑丈なマシンにしてください、なんですよ。軽さと頑丈さは反対ですから、矛盾した条件なんですよ」
こした先生は苦しみぬいてガンブラスターXTOデザインを完成させた。そして、そのミニ四駆ボディは映画前売り券とセットで販売。もちろん映画の中でもガンブラスターは大活躍して人気を集め、さらには実車サイズの1分の1マシンまで作られた。苦労しただけあって、1分の1マシンが完成した時には、こした先生は最高の笑顔でマシンに乗りこんでいたね!!

さて次回は、いよいよ最終兵器、タミヤの極秘資料を公開!! 秘密のベールの向こう側にサイクロンマグナムの真の姿が見える!?

サイクロンマグナム ブルーメタリック Ver.応募者全員サービス!! いますぐ応募しようぜ!!

サイクロンマグナムが蒼く輝く特製版として再臨!! 大人の『コロコロアニキ 2018年夏号』(販売期間2018年9月14日まで)の応募者全員サービスで入手できるぞ!! ブルーメタリックボディをドレスアップするクールな稲妻パターンのステッカーは、こした先生のデザイン。ゲットできるのは、このチャンスだけだ!! コロコロアニキは、コロコロ公式ネットショップ「コロコロプレミア」で買えるぞ!!
 

次回は8/5(日)更新!!