TOP 特集&連載 【新企画! ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ワイルドウイリスJr.」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【黎明期編】
特集&連載

【新企画! ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ワイルドウイリスJr.」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【黎明期編】

TwitterFacebookLine

コロコロオンラインにて、ミニ四駆の連載企画がスタート!

今まで登場した歴代ミニ四駆を世代ごとに取り上げていくぞ! 本記事では、黎明期編の「ワイルドウイリスJr.」を紹介する。

【コロコロオンライン連載企画】
ミニ四駆歴代マシンカタログ!

1982年に生まれ、現在も多くの人々に愛されているタミヤの大人気ホビー『ミニ四駆』

今回コロコロオンラインでは、ミニ四駆の魅力をたくさんの読者たちにもっと知ってもらうべく、連載企画を開始!

その名も「ミニ四駆歴代マシンカタログ」だ!

これまでに発売されたミニ四駆たちを「黎明期」、「第1次ブーム」、「第2次ブーム」、「ニュージェネレーション」と4つの世代ごとに取り上げていくぞ! マシンの写真はもちろん、過去のコロコロコミック記事も掲載!

本記事では、黎明期『ラジコンボーイ』編の「ワイルドウイリスJr.」をお届け!! それではいってみよう!

ワイルドウイリスJr.

「ワイルドウイリスJr.」は、1985年7月に発売されたコミカルミニ四駆。アニメーターの大塚康夫氏デザインのRC(ラジコン)カーをミニ四駆化したものだ。「ワイルドウイリスJr.」や「ホーネットJr.」などをはじめとした「Jr.」という呼称は、RCカーのミニ四駆モデルを示すものである。

▲パッケージデザイン

マシンの性能は、モーターのパワーをウォームギアとプロペラシャフトで伝達する4輪駆動システムのほか、小さくてもパワフルな走りを楽しめるシャーシが採用されている。

当時のコロコロとともにモデルになったRCカーを紹介!!

本マシンのもとになったRCカーこと「ワイルドウイリス」は、1983年(昭和58年)のコロコロコミック6月号に登場した。誌面では大林かおる先生によるまんが『ラジコンボーイ』の初連載! 1/10スケールの「ワイルドウイリス」がまんが内で紹介されていたぞ。

ほかにもホビーページ内にて記念特集を実施! ミニ四駆商品の発売は1982年からなのだが、この頃の本誌ではRCカーがメインで取り上げられていた。

▲『ラジコンボーイ』に登場した「ワイルドウイリス」
▲当時のホビーページ

そして2年後には、ドライバーフィギュアを搭載しワイルドに悪路を走破するミニ四駆「ワイルドウイリスJr.」が誕生。

当時のRCカーは1万円以上の高額商品だったため、低価格で販売されていた「ワイルドウイリスJr.」は、「買えないけど手に取って遊びたい!」という子どもたちの人気を集め大ヒットを記録した。

これを機にミニ四駆は、RCカーの弟分として当時の子どもたちに広く認知されるようになり、あとの第1次ブームへとつながっていくのだった。


 

以上、黎明期『ラジコンボーイ』編のマシンをお届け!

次回は、第1次ブーム『ダッシュ四駆郎』編から作品を代表するあのマシンが登場だ!

本連載は水曜日更新予定なのでお楽しみに!

■ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

商品概要
「ミニ四駆 ワイルドウイリスJr. Item No.19010」

※販売停止中
■発売時期:1985年7月発売
■価格:800円
・タミヤ公式サイトはこちら

(C)TAMIYA,INC.ALL RIGHTS RESERVED.

 

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine

関連記事

【新企画! ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ダッシュ1号・皇帝(エンペラー)」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第1次ブーム編】

コロコロ500号SPイラスト&コメント!! 『ラジコンボーイ』の大林かおる先生!!【#コロコロ500号】

【#コロコロ500号】42年の歴史を詰め込んだ『コロコロ500号記念大年表』公開 第2弾!!(1982年〜1986年)