TOP 特集&連載 【パズドラ】『大塚角満のモンスター美術館』第98回 富を司る神様「ガネーシャ」!!!!
特集&連載

【パズドラ】『大塚角満のモンスター美術館』第98回 富を司る神様「ガネーシャ」!!!!

TwitterFacebookLine

第98回 「ガネーシャ」

公認プレイヤーの大塚角満が、モンスターの思い出やイラストの秘密を語りまくる!
前回に続きおめでたいモンスター「ガネーシャ」を紹介!!

▲財成の学問神・ガネーシャ

お正月明けのおめでたいモンスター特集!!
アマテラスオオカミに続く第二弾は……やっぱり彼だよね!!w 
インド神話の富の神様、あのガネーシャだ!!

ガネーシャと言えば、人の身体にゾウの顔がついた異形の神様……という印象が強いが、ヒンドゥー教の信者のあいだでは絶大な人気を誇る超メジャーな存在である。

というのも前述の通り、
ガネーシャは事業、商業、学問、富、そして障害の除去と、あらゆる“よきこと”を司る神様として、とくに商人や学生に崇め奉られているのだ。

なかでも、“障害を除く”ことを得意としていることから、新規事業の立ち上げの際には、「まずガネーシャ様に!」がヒンドゥー教の習わしのようだ。
そう聞くと、筆者も事務所を立ち上げるときにガネーシャ様を祀ればよかったな……といまにして思う。
そんなガネーシャ様は、シヴァ&パールヴァティー夫妻の子として生まれたとされ、血統においても非常に由緒正しいことがわかる。

そしてパズドラにおいても、この富の神っぷりは存分に発揮されている。
実装されたのはいまから6年も前の2014年7月29日なのだが、リーダースキルに“入手コインを2倍にする”という、誰もが予想しえなかったトリッキーでおもしろい効果が付与されていて大いに驚かされたものだ。

このガネーシャの登場をきっかけに、パズドラのリーダースキルの幅が一気に広がった……と筆者は思っているのだが、うがちすぎだろうか?

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

 

パズドラ最新情報は「公式運営サイト」をチェック!!
https://pad.gungho.jp/member/

 

次回更新は2/1(月)更新!!

©GungHo Online Entertainment,Inc. All Rights Reserved.

バックナンバーは次のページをチェック!!

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine