TOP 特集&連載 【新企画! ミニ四駆歴代マシンカタログ】「バイソンマグナム」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【ニュージェネレーション編】
特集&連載

【新企画! ミニ四駆歴代マシンカタログ】「バイソンマグナム」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【ニュージェネレーション編】

TwitterFacebookLine

コロコロオンラインにて、ミニ四駆の連載企画がスタート!

今まで登場した歴代ミニ四駆を世代ごとに取り上げていくぞ! 本記事では、ニュージェネレーション編の「バイソンマグナム」を紹介する。

【コロコロオンライン連載企画】
ミニ四駆歴代マシンカタログ!

1982年に生まれ、現在も多くの人々に愛されているタミヤの大人気ホビー『ミニ四駆』

今回コロコロオンラインでは、ミニ四駆の魅力をたくさんの読者たちにもっと知ってもらうべく、連載企画を開始!

その名も「ミニ四駆歴代マシンカタログ」だ!

これまでに発売されたミニ四駆たちを「黎明期」、「第1次ブーム」、「第2次ブーム」、「ニュージェネレーション」と4つの世代ごとに取り上げていくぞ! マシンの写真はもちろん、過去のコロコロコミック記事も掲載!

本記事では、2000年以降の展開をまとめたニュージェネレーション編の「バイソンマグナム」をお届け!! それではいってみよう!

マグナム6代目「バイソンマグナム」

「バイソンマグナム」は、2007年11月に発売された「ミニ四駆PRO」シリーズ。ミニ四駆25周年を記念して、まんが『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』の作者・こしたてつひろ先生デザインのミニ四駆だ。

コンビニなどで発売された烈&豪の星馬兄弟を主人公とした読み切り描きおろしコミックMy First Big『爆走兄弟レッツ&ゴー!!爆誕バイソンマグナム』に登場した。

▲パッケージデザイン

シャーシはダブルシャフトモーター搭載で高い駆動効率を実現した分割式MSシャーシを採用。

「マグナムセイバー」を彷彿させるダイナミックな曲線で描かれたカラーリングや、独特なウイング形状が特徴だ。歴代マグナムのなかでもパワフルさが溢れるデザインとなっている。

スペック概要
■全長:152mm
■全幅:92mm
■シャーシ:MSシャーシ

新ミニ四駆だけじゃない!?
当時のコロコロをピックアップ!!

発売前の2007年(平成19年)コロコロコミック11月号では、カラーページにて「バイソンマグナム」、「ロデオソニック」のデザインが公開。初代マシンを彷彿させるデザインは共通だが、リヤウイングの形状が違っていたりなどマシンごとの細かな違いも特徴だ。豪と烈の新たなマシンの登場に驚いた読者も多かったことだろう。

▲2007年(平成19年)コロコロコミック11月号より
▲当時のコロコロコミックに掲載されていた広告

また、アニメ『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』のDVD-BOX発売や、テレビでの集中放送などさまざまなメディア展開も発表! 「今読んでいるコロコロ読者たちにぜひ『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』を知ってほしい!!」と並々ならぬ熱を入れていた事が窺える。

後年には、MSシャーシに対応した「ダッシュ1号・皇帝」、「ホットショットJr.」が発売するなど歴代マシンたちも新たにリニューアル! ここからミニ四駆の新世代として現代までつながっていくのであった……!!


 

以上、ニュージェネレーション編のマシンをお届け!

次回は、黎明期『ラジコンボーイ』編から、レーサーミニ四駆第1弾であるあのマシンが登場だ!

本連載は水曜日更新予定なのでお楽しみに!

■ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

マシン概要
「ミニ四駆PROシリーズ バイソンマグナム Item No.18621」

 

■発売時期:2007年11月発売
■価格:900円
・「バイソンマグナム」(販売停止中)
■タミヤ公式サイトはこちら

(C)TAMIYA,INC.ALL RIGHTS RESERVED.

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine

関連記事

【新企画! ミニ四駆歴代マシンカタログ】「マグナムセイバー」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第2次ブーム編】

【新企画! ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ダッシュ1号・皇帝(エンペラー)」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第1次ブーム編】

【新企画! ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ワイルドウイリスJr.」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【黎明期編】