TOP 特集&連載 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第313回 ゆうたろう、成仏した?(2)
特集&連載

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第313回 ゆうたろう、成仏した?(2)

TwitterFacebookLine

怪談をひとつ

 『あつ森』の島に、恨みもないのに化けて出るはた迷惑な浮遊霊・ゆうたろうのことを前回書いた。

 島にフラリとやってくる訪問者の中で、おそらくジョニーと並んで来島数が高いのがゆうたろうで、平均するとひと月に4~6回くらいは飛来(でいいのか?w)しているものと思われる。

 特定の幽霊とのエンカウント率として、これは異常な高確率と言わざるを得ない。

 もはや、“取り憑かれている”と表現しても行き過ぎではないのではなかろうか。

 前回も書いたけど、俺は子どものころから無類のオカルト好きなので、その手の体験談集めにも仕事以上に注力している人間である。

 ゆうたろうのような“特定の霊にまとわりつかれた事例”として思い出すのが、都内某所のバーで働いていたA子ちゃん(仮名)の体験談だ。

 例の如く、彼女は幼稚園の時代から“見えてしまう”人で、22歳になったいまもふつうに、はっきりと、霊の姿を認識してしまうという。

 そんな彼女がそのバーに勤務するようになってから、スタッフの女の子のあいだで“妙な噂”が広まるようになった。聞くと、

 「ふたつ並んでいるトイレの個室の手前側に、幽霊が出る

 らしい。この話を聞いた瞬間、俺のワクワクは頂点に達して、別の女の子が付くたびに、

 「ねね、手前のトイレに幽霊が出るらしいけど、ホント??」

 と質問しまくった。このへん、さすがジャーナリストの面目躍如といったところだろう。

 すると、女の子によっては、「あーw らしいですね。私は見たことないですけどw」とあっけらかんとしている子もいれば、

 「そうなんです……! 私、前から気持ち悪いと思っていたんです! あのトイレ……!」

 と、本格的にビビッている子もいた。ちなみに俺はこの噂を聞いて以来、件の手前のトイレには一度も入っていない。

 で。

 ある夜、問題の“見える子”が目の前にきたので、ここぞとばかりに質問したのである。

 「手前のトイレの話、知ってる!?」

 と。すると彼女は、「あー……w アレは……w」とちょっと自嘲気味に笑ってから、つぎのようなことをのたまったのだ。

 「アレ……私に憑いてる霊なんですよねーw でも恥ずかしがり屋らしく、こういう女の子がたくさんいるお店が苦手みたいで……。なので出勤すると、すぐに手前のトイレに隠れてしまうんですよー^^;

 そんなもん連れて来るんじゃねえよ!!!(((( ;゚Д゚)))

 と言下に怒ろうと思ったが、妙な霊障があったらたまったもんじゃないので、

 「ふ、ふーん。そうなんだ。あ、お会計おねがいしまーす……

 と言ってすぐさま店を後にした。以来、俺はそのバーに近寄っていない。

ゆうたろうがもたらしたもの

 何の話を書いていたんだっけ??

 俺の知る“ガチで怖い怪談100連発”を書き始めたんだっけか??

 ……いや、違う。ゆうたろうのことだ。

 前回の記事の最後で、

 「あれだけ頻繁に目撃されていたゆうたろうが、9月7日を最後に出現しなくなった!

 と書いたんだ。

 あれから4ヵ月……。

 もしやゆうたろうは、ついに成仏できたのではないか?

 俺は島のアチコチに、墓石や花輪、ストーンヘンジにピラミッドと浄化効果の高そうなアイテムを置きまくっているので、ルナステラ島全体が強力なパワースポットと化していて、さしもの浮遊霊も天に召されたのでは……!!!

 そうだそうだ。そうに違いない! ゆうたろうは成仏したのだ。もう二度と、ルナステラ島に現れることはないのである!!

 非常に説得力のある理論に守られ、「おーばけなんてないさーおーばけなんてウソさー♪」と鼻歌を歌いながら夜の散歩を楽しんでいた1月のある日。

 ふと、川向こうの花畑を眺めると……(((( ;゚Д゚)))

 ……って、思いっきり生きてるじゃねえかゆうたろう!!!(死んでるだろ)

 なんだよ……w 成仏したんじゃねえのかよ……。いまだ天国に登れず、現世で彷徨ってからに……。

 4ヵ月ぶりの再会ながら、話し掛けると面倒臭いので今回も無視しようかと思ったんだけど……さすがにそこまで、冷たくはできなかった。

 仕方なく、声を掛けると……。

 あーうっさwww その驚き芸と魂飛ばし芸、もういいから。

 呆れられても、ゆうたろうは魂を飛ばす(苦笑)。

 ちぃ……。飛び散ってしまったら、面倒でも探すハメになるやんけ……。

 でも、すでにゆうたろうがくれるアイテムに魅力を感じなくなっている。なのでしばらくは、プカプカと浮かぶ魂を無視しまくった。

 どうやらアセロラは、“見えない人”らしいw 目の前を人魂が飛び交っているのに、眉ひとつ動かさなかったからなw

 でも最終的には「仕方ねえなぁ……」とボヤきながらも魂を集めてあげた。

 すると……w

 おおおお??w なんと魂集め作業、今回で完了だったらしい!w そうか、それを深層心理で感じていて、面倒ながらもやってしまったのかもしれないな……。

 それにしても。

 1回目が3月22日で、10回目はわずか2ヵ月後の5月17日に達成。そして、そこから10回を積み上げるのにかかった時間は……なんと理外の8ヵ月(苦笑)。いかに俺がサボっていたかがよくわかるわ^^;

 でもこれでマイルを達成できたので、これからは堂々とゆうたろうを無視できるぞw

 続く!

 

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌のバックナンバーは次のページへ!!

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine