TOP 特集&連載 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第338回 話さなくてもわかる!セルバンテスや!!(怒)
特集&連載

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第338回 話さなくてもわかる!セルバンテスや!!(怒)

TwitterFacebookLine

2021年最初の離島ツアー!

 前回の日記で、ルナステラ島唯一のオトナタイプのオオカミ、ツンドラが引っ越していってしまった……と書いた。

 ツンドラ……いい仲間だったなぁ……。

 起床して『あつ森』を起動したとき、

 「もしかして……ツンドラの引っ越しフラグ後にセーブされていなくて、すべてなかったことになってないかな……w」

 なんて、ありもしないことを考えつつ、高台にある旧ツンドラ邸に行ってみたところ……。

 当たり前だけどすでにタヌキ(たぬきち)の手は回っていて、問答無用の売土地になっていた。

 やっぱり、ツンドラは引っ越していったのだ。

 だったら……いつまでもウジウジしていないで、離島ツアーにくり出さないとな!!

丑年ゆえに

 考えてみたら、2021年ではこれが初の離島ツアーとなる。

 ちなみに、2020年最後の離島ツアーでスカウトしたのが、↓こちらのどうぶつだ。

 いまやルナステラ島の核弾頭と化した、ヒツジのちゃちゃまるである。

 こうした人気どうぶつと出会える可能性があるのが離島ツアーの魅力なわけだが、冷静に考えると、自分好みのどうぶつとエンカウントできる確率は……俺の経験上、100回に1回くらいではなかろうか(((( ;゚Д゚)))

 でもこれ、ソシャゲのガチャの最高レアリティー的中率と比較すれば、決して低い確率じゃないんだよな。だってそっちは、平気で0.5%とか0.1%とか言ってくるわけじゃないですか? でも離島ツアーは……体感1%強の高確率!! 夢と希望を手繰り寄せる確率として、1%は十分と言わざるを得ないのではなかろうかッ!!?

 ……なんか、強く自分に言い聞かせている気がしないでもないが(苦笑)、今回は俺、わりと強気に打って出られると思う。

 というのも、このときの所持マイルは……!

 理外の60000超!! つまり……30回以上も離島ツアーに挑戦できるってことや!!!

 ここで、

 「……ん? 体感1%じゃ、30回程度ではドラフト1位に出会えないんじゃないの??ww 最低でも100回分は必要なんじゃないかと……www」

 なんて、難しい方程式を駆使して俺を責めてくる人がいるかもしれないが……そういうことを言いたいんじゃないんだよ(そういうことだろ)。

 いよいよ今回こそ、我がドラフト1位どうぶつであるジュン、リリアン、ジャックあたりに出会える気がする……!

 だってすでに、離島ツアーで3回も4回も遭遇している巨獣系が何匹もいるんだよ。ウシのセルバンテスとか、ハナコとかさ……。そんなダブりを続出させるくらいなら……まだ一度も出会えていないドラフト1位たちを、そろそろ斡旋してくれますよね任天堂さん!!>< ホントにもう、頼みますよぉ!!!><

 西の空に向かって「なんまんだぶなんまんだぶ!!」と祈りを捧げてから、ついに1回目のフライト。

 ロドリーに見送られるのも……できればこの1回だけで済ませたい!!! じゃないと……10回、20回と失敗するたびに、ロドリーへの憎しみが増幅していってしまうから!!w

 そんな、1回目。

 出会ったのは……!

 こ、このシカ……寝起きのペーターでは??ww 

 残念ながら、ペーターとキャラも見た目もカブりすぎているのでスカウトはナシ^^;

 「ま、1回目はこんなもんだよな……w」

 どこか納得して、俺は2回目のフライトに挑んだ。

 そ、そしたら……(((( ;゚Д゚)))

 「あ」

 あああ、あれは……! 高台で仁王立ちしている、あのウシはッ!!!

 「もーーーーーー!!!!(怒)」

 俺の呆れ叫びが、離島にコダマした。

 「話さなくてもわかるッ!!! セルバンテスや!!!(怒) もーーー!! 何回目だよオマエーーー!!><」

 それでも一応、話してみると……。

 セルバンテスでした(あたりめーだ)。

 今年は丑年なので縁起はいい気がしたけど、クールビューティーのツンドラの後釜としてはちょっと……。

 というわけで1秒でサヨナラし、3回、4回とフライトを重ねたのだが……。

 もう、過去に出会ったどうぶつのオンパレード……。

 これは今回も……長い戦いになりそうだなオイ!!><

 続く……。

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌のバックナンバーは次のページへ!!

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine