TOP 特集&連載 デュエマ妄想構築録 vol.32-4 ~ドラゴン乱舞!ターボ・シデン!!~
特集&連載

デュエマ妄想構築録 vol.32-4 ~ドラゴン乱舞!ターボ・シデン!!~

TwitterFacebookLine

By まつがん

▲「キングマスタースタートデッキ ジョーのスター進化」収録、《コッコ・ルピア GS》

 4月3日(土) に発売予定の「キングマスタースタートデッキ ジョーのスター進化」に収録される新カード、《コッコ・ルピア GS》。このカードを使ってどのようなデッキを組むべきか。

 これについては、さすがに「G・ストライク」が付いたとはいえ能動的に使う分には《コッコ・ルピア》と全く変わらないスペックのこのカードを現代デュエル・マスターズで使用しようというのだから、同じく現代のカードを合わせて使うしかないだろう。

▲「レジェンドスーパーデッキ 蒼龍革命」収録、《チャラ・ルピア》

 《チャラ・ルピア》。《コッコ・ルピア GS》を使うなら、全く同じ軽減能力をわずか2マナで実現できるこのカードを合わせ、ドラゴンのマナ軽減をコンセプトにしたデッキを作るべきだ。

 となれば、全力のドラゴンデッキを組むほかあるまい。

 では《チャラ・ルピア》と《コッコ・ルピア GS》を初動にした全力のドラゴンデッキを組むとして、どんなドラゴンを出せばいいだろうか。

 これについては2ターン目《チャラ・ルピア》を前提にするなら5マナ、3ターン目《コッコ・ルピア GS》を前提にするなら6マナのドラゴンがコンセプトとなる。

 どちらを基盤にするかは取捨選択だが、遅い方の《コッコ・ルピア GS》に合わせて爆発力を殺すよりは、《チャラ・ルピア》を引いたときのブン回り率を上げるため、今回は5マナドラゴンをベースにしたデッキを組むことにしよう。

 だとしても、はたして5マナというドラゴンにしては比較的軽いマナ域において、強力な効果を持つものが存在するのだろうか。

 しかも《チャラ・ルピア》と考えると、火文明と光文明だけで完結する方が望ましいところではある。火と光で5マナのドラゴンという厳しい条件で、それほど強力なものが見つかるはずも……。

 あった。

▲革命ファイナル 最終章「ドギラゴールデン vs. ドルマゲドンX」収録、《太陽の精霊龍 ルルフェンズ》
▲デュエマ「最強戦略!!ドラリンパック」収録、《シンカゲリュウ・柳生・ドラゴン》

 私が目を付けたのは、《太陽の精霊龍 ルルフェンズ》《シンカゲリュウ・柳生・ドラゴン》の2種だった。

 なぜならこれらのドラゴンは左上に「5」という数字はあるものの、《太陽の精霊龍 ルルフェンズ》は後続をタダで出せるし《シンカゲリュウ・柳生・ドラゴン》は使ったマナが起き上がるので、実質0マナと言っても過言ではない (?) からだ。

 ならばこれら2種の「ゼロ」による圧倒的な展開力を軸にデッキを作るしかないだろう。

 だが、圧倒的な展開力があるとはいっても所詮シングルブレイカーに過ぎないこれらのカードを連打していけば、手札がすぐに尽き打点が足りなくなってしまうことは必定。

 すなわち、これらの5マナドラゴンを並べた上で最後の一押しができる何らかの切り札はやはり必要なのだ。

 では、その切り札とは何か。

▲「ゴールデン・ベスト」収録、《超聖竜シデン・ギャラクシー》

 《超聖竜シデン・ギャラクシー》に進化V(ボルテックス)すればワンショットできるのでは???🤔🤔🤔

 「この令和の時代にお前は何を言っているんだ」と思われるかもしれないが、だって《超聖竜シデン・ギャラクシー》、格好良いし出したいじゃん!!!!!

 そう、切り札の格好良さに時代は関係ないのである。

 というわけで、あとは《超聖竜シデン・ギャラクシー》が安定して着地できるように残りのスロットを埋めていくだけである。

▲戦国編 第3弾
「戦極魂」収録、
《闘龍鬼ジャック・ライドウ》
▲革命ファイナル 第2章「輝け!デュエデミー賞パック」収録、《バジュラ・ザ・スター》

 《闘龍鬼ジャック・ライドウ》は《超聖竜シデン・ギャラクシー》をサーチしつつ進化元にもなれる優秀なカードになる。

 ぶっちゃけ《超聖竜シデン・ギャラクシー》を8枚入れたかっただけなので他の進化先は今回用意しなかったが、「チャラ・メンデルス」と同様《バジュラ・ザ・スター》を数枚差しておくのも選択肢としてありうるだろう。

▲革命 第1弾「燃えろドギラゴン!!」収録、《真紅の精霊龍 レッドローズ》
▲革命 第3章「禁断のドキンダムX」収録、《革命の精霊龍 ローズダカーポ》

 《太陽の精霊龍 ルルフェンズ》や《シンカゲリュウ・柳生・ドラゴン》を連打すると手札が一瞬で枯れてしまうので、《真紅の精霊龍 レッドローズ》《革命の精霊龍 ローズダカーポ》で手札を補充しながら《超聖竜シデン・ギャラクシー》の進化元を並べていこう。

▲革命ファイナル 第1弾「ハムカツ団とドギラゴン剣」収録、《春雷の精霊龍 ペガリャン》

 ちなみに直前まで《春雷の精霊龍 ペガリャン》が入っていたが冷静に考えるた結果《革命の精霊龍 ローズダカーポ》の下位互換であることに気が付いてしまったため即ストレージ行きとなった。

▲十王篇 第2弾「爆皇×爆誕 ダイナボルト!!!」収録、《電龍 ヴェヴェロキラー》

 最初は《電龍 ヴェヴェロキラー》も入っていたのだが、《チャラ・ルピア》と《超聖竜シデン・ギャラクシー》と《電龍 ヴェヴェロキラー》が一度に手札に押し寄せるとタップインが嫌すぎて一人回しなのに発作的にカードを畳んでしまう事態が頻発したのでこちらもベンチで見守ってもらうことにした。後半40分を過ぎたあたりでワンチャン狙いで投入されるかもしれない。

 というわけで、できあがったのがこちらの「ターボ・シデン」だ!

 『ターボ・シデン』

枚数
カード名
4
《チャラ・ルピア》
4 《コッコ・ルピア GS》
4
《ボルシャック・ドラゴン/決闘者・チャージャー》
4 《革命の精霊龍 ローズダカーポ》
4
《シンカゲリュウ・柳生・ドラゴン》
4 《闘龍鬼ジャック・ライドウ》
4 《太陽の精霊龍 ルルフェンズ》
4 《真紅の精霊龍 レッドローズ》
4 《指令の精霊龍 コマンデュオ》
4 《超聖竜シデン・ギャラクシー》

 このデッキが実際にどんな動きをするのか気になる方は、以下の動画で確かめてみて欲しい。

 さて、いかがだっただろうか。

 《コッコ・ルピア GS》が収録されている「キングマスタースタートデッキ ジョーのスター進化」は、4月3日(土) に発売予定だ。

 また、コロコロコミック4月号ではデュエル・マスターズの原作コミックが読めるほか、デュエマに関する激アツな最新情報も色々と掲載されているので、ぜひとも手に取ってみていただきたい。

 ではまた次回!

ライター:まつがん            
 
フリーライター。クソデッキビルダー。            
 
論理的な発想でカード同士にシナジーを見出すのだが、途中で飛躍して明後日の方向に行くことを得意とする。            
 
オリジナルデッキでメタゲームに風穴を開けるべく日夜チャレンジを続けている(が、上記のような理由で大体失敗する)。

デュエマ妄想構築録vol.31バックナンバー
デュエマ妄想構築録 vol.31-1 ~実質クロック20枚!? 絶対クロック踏ませるマン!!~
デュエマ妄想構築録vol.32バックナンバー
デュエマ妄想構築録 vol.32-1 ~月光王国アグロ!ヒバナ・ポーカー!!~
デュエマ妄想構築録 vol.32-2 ~脳筋白書!ビビッド・ムートピア!!~
デュエマ妄想構築録 vol.32-3 ~新時代の到来!《コッコ・ルピア GS》登場!~

 

次回更新は3/19(金)更新!!

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine