TOP 特集&連載 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×りうくんが語るガチマッチでの戦い方~4~
特集&連載

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×りうくんが語るガチマッチでの戦い方~4~

TwitterFacebookLine

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×りうくん 第4回】

あとばる×りうくん対談もいよいよ最終回。

りうくん選手といえばクーゲルシュライバーヒーだけでなく、ヒッセンでもXパワー3000に到達したことがあるという超実力者。というわけで、ラストはヒッセンの使い方についていろいろと聞いてみたぞ。

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チーム・よしもとゲーミング カラマリ所属。
OPENREC.tv:https://www.openrec.tv/user/atobaru_ika
りうくん
『スプラトゥーン2』において、世界で初めてXパワー3000超えの偉業を達成したプレーヤー。圧倒的な個人スキルの持ち主で、鮮やかな立ち回りで次々と敵を倒すそのプレーはまさに圧巻。2019年に開催された「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」に東京ヤクルトスワローズ代表として出場したほか、「第5回スプラトゥーン甲子園」では近畿地区大会DAY1を優勝するなど、ナワバリバトルでも輝かしい実績を持つ。今後のさらなる活躍が楽しみな、若き新世代プレーヤーのひとりだ。

現在はデュアルスイーパーカスタムを愛用

――りうくん選手はヒッセンでもXパワー3000に到達したことがありますが、ウデマエを上げやすいポイントはなにかありますか?

りうくん:ヒッセンはイカニンジャとイカ速アップのギアを積むとかなり強いです。裏取りがめっちゃ楽になって、塗り状況がいいと、イカニンジャでそこら中を泳ぎまくりながら不意打ちで敵を倒すみたいな動きがものすごくやりやすくなります。特に狭いステージだとかなり有効です。

 

――狭いステージほど、そういう立ち回りが活きるということなんですね。

りうくん:はい。もともとヒッセンは曲射で壁裏や高台の相手にもインクを当てやすいですし、クイックボムで追い討ちすることもできる。キル速度も速い上にスペシャルはインクアーマーで、他のスロッシャーと違って塗れるしとかなり優秀なブキなんです。ステージが狭いとより多くの敵にアクセスできるようになるので、大暴れしやすいですね。

――りうくん選手はヒッセンはそこまでメインで使っているブキではないですよね。それでXパワー3000に行くって相当すごいのでは?

りうくん:ヒッセンはガチマッチでステージを選んだら本当にめちゃくちゃ強いので。

 

――あとばる選手もヒッセンはステージを選んでいったらかなり強いという認識ですか?

あとばる:そうですね。全ブキの中でもだいぶ評価が高いですね。立ち回りが上手ければキルが取れちゃうブキなので。まあ、どのブキもそうは言えるんですけど、ヒッセンはその難易度がちょっと低いというか。そういう意味でもかなり扱いやすいブキだと思います。

 

――エリアを戦う上で意識していることはありますか。

りうくん:エリアは塗れるブキを持ってきて、塗り意識を高めでプレーしていますね。いまなかなかウデマエが上がらない人とかは、もっともっと塗る意識を高めたら勝てるようになると思うんですよね。

 

――敵を倒すことよりも、塗り意識を高めていったほうが勝率も安定しやすい?

りうくん:そうですね。対面するより、そっちの方が確実じゃないですか。

――確かに対面して落とされたら一気に味方が不利になりますしね。りうくん選手自身もXパワーを上げる中で、塗り意識を高くした方が良くなった経験があったりするんですか?

りうくん:ありましたね。「こちら側は自分が塗るから、あっち側は味方が塗ってくれるだろう」じゃなくて、「こっち側を塗ってからあっち側も自分が塗るか」みたいな。周りを見つつ、敵が攻めてくるまでは塗って、スペシャルを溜めてという感じでやった方が安定するようになりました。

 

――そこを味方が塗ってくれると考えずに、自分で塗っていこうと考えた方がいいってことなんですね。

りうくん:そうですね。味方が絶対に塗ってくれるとは限らないので。

 

――あとばる選手はいかがですか? 先月の対談ではエリアは一番苦手だと言ってましたけど……。

あとばる:最近、エリアでXパワー2900行けたんですよ。

 

――お、調子が良くなってきました?

あとばる:そうなんですよ。それで、エリアはやっぱりスペシャルをしっかり溜めることですかね。どんなルールでもそうですけど、スペシャルをしっかり溜める意識=周りの塗りが広がるのにもつながって、それだけチーム全体が立ち回りやすくなるので。

 

――やっぱり塗るのが基本なんですね。

あとばる:そうですね。それがスペシャルを溜めるという意識をするだけで、勝手に置き換わってくれる。逆にスペシャルを溜めずに突っ込んでやられるのが一番良くない。

 

――なにかチャレンジするにしてもスペシャルが溜まってから、吐いてからという風にしていくべき?

あとばる:そうですね。状況によってはスペシャルを溜めずに突っ込んだ方がいい場面もありますけど、基本はスペシャルを溜めた方がいいと思います。

 

▲味方とスペシャルを合わせていくことが劣勢を打開するための基本中の基本だ。

 

――あとばる選手からりうくん選手に聞いてみたいこととかありますか?

あとばる:そうですね……やっぱりXパワー3000に行くためのアドバイスをなにかもらえればと。
りうくん:えー。どうだろう。
あとばる:うまいけど3000に行けないプレーヤーっているじゃないですか。そういう人たちに、やっぱりこれが足りないんだよなみたいな。
りうくん:あとばるさんって対面に自信があると思うんですけど……。
あとばる:あります!(笑)。
りうくん:その対面力を生かしてずっと生き残る。本当に生きるだけでたぶん3000に行けるんで。最後30秒で残り1で相手のカウントを止めたとしても、そこから自分がやられなかったら全然勝てるんで、絶対に最後まであきらめずにプレーする。自分もあとばるさんと対面するのめっちゃ嫌なので、あとばるさんが生存しているだけで相手からするとキツい状態になっている気がするんですよね。

 

――倒されてしまうからダメだと(笑)。

あとばる:いや、肝に命じておきます。確かに僕も最近、デスが多いなと思っていたんで、これで3000目指します!

 

――やっぱり1カウントまでいっても、「そこで止めれば全然あるぞ」というのを常に持ってやっていくことが大事ってことですよね。

りうくん:「もうなんかこれ負けたな」みたいになったら自分の対面もテキトーになっちゃうと思うので、どんな状況でも気を抜かずに、最後まで勝つ気でプレーすることがすごく大事ですね。

 

【今回のまとめ】
・ヒッセンは狭いステージで、イカニンジャとイカ速アップのギアを積むのが強い!
・ガチエリアは塗り意識を強くして戦うと安定する!
・Xパワー3000にいくためには、どんな試合も最後まで勝つ気でプレーすることが大事!

 

次回は新たなプレーヤーが対談に登場! 一体誰が来てくれるのかお楽しみに!

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は3/16(火)更新!!

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine