TOP 特集&連載 【プロセカハーフアニバーサリー特集19】プロセカプレイヤーの頂点! 大会優勝者・瑠璃選手、準優勝者・HPS選手と緊急座談会! 超絶プレイの背景にあるものとは?
特集&連載

【プロセカハーフアニバーサリー特集19】プロセカプレイヤーの頂点! 大会優勝者・瑠璃選手、準優勝者・HPS選手と緊急座談会! 超絶プレイの背景にあるものとは?

TwitterFacebookLine

プロセカプレイヤーの頂点にインタビュー!

 2020年9月30日にリリースされて以来、リズムゲームとしての完成度の高さはもとより、練りに練られたストーリーと個性的な登場人物たちの群像劇、そして初音ミクに代表される“ボカロ”人気も相まって、スマホアプリ界でスマッシュヒットを飛ばしているタイトルがある。

 それが……セガ×Colorful Paletteの『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク』だ!!

 コロコロオンラインではこれまで、ボカロやリズムアクションゲームに類するコンテンツはほとんど扱ってこなかったけど、『プロセカ』は別ッ!! 3月30日に『プロセカ』がハーフアニバーサリーを迎えるのに合わせて、3月9日(ミクの日)から特集記事を展開している。

 さて、今回は……!

 国内最大級のeスポーツイベント“RAGE”にて実施された『プロセカ』の初代王座決定戦“RAGE プロジェクトセカイ 2020 Winter powered by AQUOS”(準々決勝、準決勝、決勝が2020年12月13日に実施)にて、見事初代チャンピオンに輝いた“瑠璃(るり)”選手と、惜しくも準優勝となった“HPS”選手を緊急招聘!! なんとなんと、コロコロオンラインの『プロセカ』大好き記者を交えてのオンライン座談会が実現したのです!!

▲瑠璃選手

▲HPS選手 

 決勝の舞台に立ったときの心模様は……?

 そして、ふだんの練習スタイルは??

 ざっくばらんに、大いに語ってもらいました!!

大会を振り返って

--まずは、先の大会“RAGE プロジェクトセカイ 2020 Winter powered by AQUOS”を振り返っていただきましょう。HPS選手、どのような心づもりで決勝の舞台に立たれたんですか?

HPS じつはそのときは……自分が決勝まで進むなんて考えてもいなくて。

--ええ!? 本当に?? あれだけの超絶プレイを誇るのに??

HPS 「準々決勝を勝ち抜けられればいいかな」ってくらいしか思っていなかったんですけど、なんだか……予想以上にうまくいって、決勝まで進めたんです。そういう意味では、決勝に行けた時点で満足。悔いもありません。

--自信満々で勝ち進んでいたのかと思っていました……。

HPS ぜんぜん、そんなことなかったです! なので最終的には準優勝でしたけど、出来すぎです。大満足しています。

--では、優勝者の瑠璃選手はいかがですか?

瑠璃 僕もHPS君と同じで、決勝まで進めるなんて考えてもいませんでした。自分の予想では、二次予選を突破するのも難しいかな……って感じでしたので。12月13日は準々決勝から行われましたけど、そこで自分でも驚くほどの最高のパフォーマンスができたので、準決勝に進んだ時点で満足していたんですよね(笑)。

--ちょっと! 最近の若者は謙虚だなあ!(苦笑)

瑠璃 あははは! いやでも、準々決勝も準決勝も自分が思う最高のプレイができたので、「絶対に優勝してやる!」なんて欲もなくなっていました。できる限りのプレイをして、その上で楽しもう……と考えて臨んだので、結果としてそれがよかったのかもしれません。なので正直、いまになっても優勝したという感覚が希薄なんです。

--それでも、決勝は緊張したでしょう?

瑠璃 緊張という意味では、決勝よりも準決勝の方が大きかったです。5人中ひとりしか決勝に進出できない高い壁でしたので、プレッシャーがスゴくて……。

--HPS選手は、どの場面がいちばん緊張しました?

HPS 瑠璃さんと同じく、準決勝がものすごく緊張して、次いで準々決勝。決勝は……じつはまったく緊張しませんでした。

--どんだけキモが太いの!?

HPS 準々決勝の1曲目でAP(ALL PERFECTのこと)が出て、その瞬間に、(これ、2曲連続でAP決めたらかっこいいな。AP決めちゃうか!)って考えが浮かんだんですけど、おかげでめちゃくちゃ緊張しちゃいました(笑)。

--では、瑠璃選手から見たHPS選手って、どんな存在?

瑠璃 なんかもう……ライバルって言うのがはばかられるくらい、HPS君のほうがうまいんです。リズムゲーは全般的に。

HPS ちょっと(笑)。そんなことないですって!

--謙遜しなさんな(笑)。では逆に、HPS選手から見た瑠璃選手は?

HPS 瑠璃さん、ホントになんでもできるんですよ。僕はどちらかというと判定幅がユルいゲームが得意なんですけど、これが厳しくなってくると……途端に精度が下がっちゃうんですね。でも瑠璃さんはめちゃくちゃ精度が高いので、本当にスゴいなと思います。

瑠璃 いやいやいやいや! そんなことないって!

--お互いに尊敬しあっているというか、持ち上げあっているというか(笑)。

瑠璃HPS あははは!

--もう少し大会のことに踏み込みたいのですが、競技で使われる楽曲って、プレイ直前に決まりますよね? そのときって、どんなことを考えています? やっぱり、(得意な曲来い!)って思っていたり?

瑠璃HPS 思います思います!! めちゃくちゃ思います!!

--ですよねー! そのほうが当然、いいパフォーマンスにつながるだろうし。

HPS はい。得意な曲を引ければそれだけ、自分に有利に働くと思うので。

--……あの、HPS選手って、まだ中学生ですよね? その落ち着きというか大人っぽさは、自分が中学生のときを考えるとスゴいことなんだけど(苦笑)。

HPS いやあ……裏ではけっこう、はっちゃけてますよ!

一堂 (爆笑)

--そんな、泰然自若としているおふたりも、大会でコンボが途切れたりすることもあるわけじゃないですか? そういうときは、どんな心境になっているんですか?

HPS (やらかしたー!)とは思います。当然、これは負けたかも……と思うんですけど、けっきょくは「やれるところまでやろう!」という気持ちが勝る感じです。

--なるほどなるほど。瑠璃選手は?

瑠璃 決勝の『初音ミクの消失』でミスったときに、(終わったー!)って思いました。でも、コンボが途切れてもやり続けるしかないので、わりとすぐに切り替えられたと思います。ここからミスらずにいくぞ! という感じで。

--しかも決勝では、いきなり初見で『千本桜』をプレイしたんですよね。あれが発表されたときの心境は?

HPS 正直、『千本桜』って曲調的に、「そんなに難しい譜面は作れないのでは……?」と思っていたんです。それが蓋を開けてみたらめちゃくちゃムズい譜面で驚きました。「『千本桜』です!」と発表されたときは、「これ、いけるんじゃね?」って余裕な気持ちだったんですけど……。その結果、ボロボロになりました(苦笑)。

--瑠璃選手はいかがです?

瑠璃 「まさか!」と思いました。というのも、他の音ゲーの『千本桜』を見ても、この曲って難しくしづらいだろうなと感じていたので。なのでレベル28くらいなのかなと思って見たら“レベル31”って書いてあって、「えええええ!?」と(笑)。実際、やってみたらめちゃくちゃ難しかったんですけど、楽しくプレイはできました。

--じつはこのインタビューに同席しているウチのスタッフが、まさに昨日、レベル31の楽曲をふたつクリアしたんだって(笑)。

瑠璃 おおおお!!

スタッフT レベル31の中でも、『千本桜』って難しいですよね!?

瑠璃 難しいです!! 間違いなく!

ふだんの練習は?

--ではここから、もっと全般的なことをお聞きしたいと思います。まず……おふたりはいつごろから、リズムゲームを遊んでいるのですか?

HPS 自分は……小学校2、3年生のころから始めました。『太鼓の達人』でしたけど、そのときも『プロセカ』で言うEASYとかNORMALといった難度ではプレイせず、難しいところから入った感じですね。

--簡単なモードをやらなかったってのは……簡単すぎて、やる必要がなかったから?

HPS ……うーん、そういうことですかね(笑)。

--才能だな!! では、瑠璃選手は?

瑠璃 自分も小学校2年のときに、ニンテンドーDSの『太鼓の達人』を遊んだのが最初だったと思います。でもあまりうまくなくてすぐに辞めちゃったんですけど、中学生になってスマホの音ゲーを遊ぶようになって……ハマりました。「これは楽しい!」って思って、中学を卒業するころにはガチでプレイを始めたと思います。

--じゃあ……「俺、音ゲーうめえええ!!」って気付いたのはいつくらいです?

瑠璃 え(笑)。

--自分で言うのもナンだと思いますけど。

瑠璃 『プロセカ』ではないですけど、スマホのリズムゲームの全国大会で準決勝まで進んだときに、(けっこううまくなってきたのかな)とは思いました。

--おお……! では、HPS選手は?

HPS ……そもそも、「俺、うめー!!」って思ったことがないです(笑)。

--ウソだーーーー!!(笑)

HPS ホントですって! リザルトを見て、「これはけっこうスゴいかも?」と思うことはあっても、リズムゲーム全般を通してみると……やっぱり、「俺ってうまいな」とは思えないんですよねえ。

--とはいえ、リズムゲームで遊んでいるまわりの友だちとかと比べれば、圧倒的にうまいんでしょう?

HPS ……それは、まあ(笑)。

--だよね(笑)。では、『プロセカ』を始めたきっかけを教えてもらえますか?

HPS 『プロセカ』の存在を知ったのはTwitterです。そこで体験版の存在を知ってプレイしてみたところかなりいい感じだったので、「これは……ガチるしかないな!」と思って本格的に始めました。

瑠璃 僕の場合は、きっかけはボカロ好きの友人です。その人から、「こんなゲームが出るぞ!」と教えられたのが『プロセカ』で、調べてみたら自分も知っている『Tell Your World』なんかが楽曲として入っていました。その瞬間に、「これは遊びたい!」と思って、体験版を触ってみたのがすべての始まり。スマホのリズムゲームにしてはかなり難易度が高くて、純粋に「めちゃくちゃ楽しいな!」って思ったんです。一週間、体験版を徹底的にやり込んで、『ヒバナ』もAPを出せて、正式リリースを心待ちにしていました(笑)。

--じゃあ、『プロセカ』を教えてくれた友だちに感謝ですね。

瑠璃 いや本当に。でもありがちですけど、その友だちは遊んでいないという……(苦笑)。

セガ広報さん ハーフアニバーサリーを機に、復帰していただければ幸いです!!

瑠璃 はい、伝えておきます(笑)。

--そこから“競技としての『プロセカ』”に向かうわけですけど、1日にどれくらい練習をされるものなんですか?

HPS 小学生のときは相当やっていたと思うんですけど、中学生になってかなり減ったと思います。時間にしたら1日に1、2時間くらいだと思いますけど、ぶっちゃけ“やりたいときにやって、やらないときはぜんぜんやらない”という感じです。そのときの気分次第ですね。

瑠璃 僕もHPS君と同じで、やらないときはぜんぜんやりませんね。けっこう波があって、たとえば新曲が追加されてめちゃくちゃ難しかったりすると……それこそ時間も忘れて没頭する感じで。『初音ミクの消失』でAPを狙っていたときは、1日に4時間くらいはプレイしていたと思います。

--同じ曲を、ぶっ続けで4時間練習……?

瑠璃 はい。ふつうにやっていました。いまは……イベントを遊んでいるので、1日に6時間くらいやってるかも(笑)。

--増えてるwww 思うに、瑠璃選手は相当なやり込みタイプのプレイヤーですね。

瑠璃 はい、そうだと思います。どんなゲームでも、かなり長時間遊び込むほうなので。

--あと、たぶんマゾタイプ。きびしい条件があるほうが燃えるタイプの人じゃないかな、と。

瑠璃 あ、それはあると思います!

--でもあれだけリズムゲームがうまいと、他のジャンルのゲームも達人クラスなんじゃないかと思うんですが、いかがです?

HPS リズムゲーム以外だと……FPSも好きで遊んでいますけど、それほどうまくないです。ぶっちゃけ、ふつうにヘタなほうかなと(笑)。

--なるほど! 音ゲー特化型なのか!(笑) 瑠璃選手は?

瑠璃 自分も、他のジャンルはまったくです。中の下くらい。リズム感がもともとあったのか、音ゲーだけはうまいことハマるんですよね。

--ということは、楽器をやっていたりするんですか?

瑠璃 いえ、まったく! ピアノが弾けそう……ってよく言われるんですけど、まったく弾けないです(苦笑)。

--HPS選手は、楽器をやられたりしています?

HPS じつは吹奏楽部でパーカッション……ドラムを叩いています。実力は、並くらいだと思いますけど(笑)。

--なるほど!! そのパーカッションの練習がリズムゲームのうまさにつながっている可能性は高そう!

HPS 先輩や先生にも「うまくなったな!」なんて言われるので、リズムゲームに影響しているかもしれませんね。

--ではちょっと『プロセカ』に戻りまして……得意な楽曲を教えてください!

HPS (考えて)『プロセカ』がリリースされた直後は『初音ミクの消失』がいちばん得意……というか、ほかの人と比べたらできていたほうだと思います。

瑠璃 僕は『Brand New Day』がめちゃくちゃ得意です。最近追加された曲なんですけど、楽曲そのものがめちゃくちゃ好きで、叩いているだけで楽しいんです。それもあって、追加されたその日にかなりやり込んで、得意になりました。逆に苦手なのは『千本桜』と……『ネクストネスト』です。レベル29の曲なんですけど、ぜんぜんできないという……。

--練習するときって、苦手な曲を重点的に? それとも得意な曲をさらに極めるほうが比重が大きい?

瑠璃 両方です! ……が、どちらかと言えば、苦手を克服することが優先されますかね。

--HPS選手は、苦手な曲ってありますか?

HPS 『ドクター=ファンクビート』はすごく苦手です。リリースされたばかりのころはふつうにできたんですけど、最近になって苦手になりました(苦笑)。一定のリズムでノーツが流れてくるんですけど、曲に惑わされてそのリズムをうまく叩けない……ってことがよくあるんですよね。

スタッフT 私、『ドクター=ファンクビート』がいちばん好きな楽曲なんですけど、やっぱりMASTERは……いくら練習してもクリアできないんですよねー!

瑠璃 いや、あれは本当に難しいので仕方ないと思います!

スタッフT ……と言いつつ、瑠璃選手は先の大会の準決勝で、『ドクター=ファンクビート』のAPを出していましたよね……!?

瑠璃 あ、いや、本当にたまたまなんですよアレは!!(笑)

--……あの、うまくなるコツがあったらぜひとも教えてほしいんですが!

HPS コツ……というものはなくて、やっぱり練習を積むことがいちばんだと思います。あと、ふだんからいろいろな指を使うように意識するといいかもしれませんね。

--なるほど……!! 年を取ると、左右の指を別々に動かすという行動がはなはだ厄介になってくるんだけど……がんばります!w では、瑠璃選手はいかがです?

瑠璃 もっとも重要なのは“続けること”でしょうか。その上で、苦手な譜面ともきっちりと向き合って、「なぜ苦手なのか?」、「どうして失敗するのか?」ということに理解を深めていくことも大事だと思うんです。やっぱり、考えることって必須ですよね。どの分野でも。リズムゲームも、考えてプレイすることを意識すれば、絶対にうまくなっていくと思いますよ。

--ありがとうございます! その上で、もうちょっと具体的なところに切り込みたいんですけど……おふたりは『プロセカ』をプレイするときに画面のどのへんを見ているんですか? 大会の実況を聞いていたら、HPS選手は手前側を見ているとか……。

HPS その譜面を初見で叩くときは判定枠のほうはあまり見ず、上のほうを見て譜面を覚えていく……って感じですかね。その曲が難しく、GREATがけっこう出てしまう場合は、譜面を徐々に覚えていくとともにだんだん判定枠に目を向けて行って、ノーツが重なったら叩く……という練習をして精度を上げていきます。

瑠璃 え、スゴいなそれ(笑)。僕は初見も何も関係なく、見る場所はどれも画面半分より上のほう……と決まっているので。ただ、スピードを遅めにして、どの譜面でも見えるようにはしていますけど。

--譜面はキチンと覚えているんですか?

瑠璃 いえ、僕も他のプレイヤーも、正確にすべてを覚えている人はいないんじゃないかな、と。ただ、難しい箇所とか意識して頭に入れている部分があるんです。そこは外さず、難所ではないところは流れでこなしていく感じでしょうか。

--なるほどなるほど。ピンポイントで、引っ掛かりそうなところを身体に染み込ませている感じか!

瑠璃 そうですね! 難しいところは意識もするので、自然と身体が覚えていきます。

スタッフT ちなみに……ふだんプレイしているノーツの速さはいくつですか?

HPS 僕は10.8ですね。

瑠璃 速いな!!

--瑠璃選手は?

瑠璃 自分は10.5です。

--参考までに、スタッフTさんは?

スタッフT 10.7です。

瑠璃 速いですね!

--では最後に、今後のことも聞かせてください。また大会があったら、出場されますか?

HPS それはもう、出たいです!

瑠璃 僕も出たいと思います。だいたい、優勝したつぎの大会に不出場だと荒れそうですしね(苦笑)。 

--確かに(笑)。「勝ち逃げか!」って。

瑠璃 それは冗談として、やっぱり出たいし、つぎも優勝目指して勝ちにいきたいですね! とはいえ、プレイ人口が増えるごとにうまい人も激増してきたので、つぎがあったらさらに厳しい戦いになると思いますけど。

--HPS選手、つぎは優勝を目指して?

HPS そうですね。準優勝を獲ったからには……やっぱりつぎの目標は優勝になりますね。

--では、今後の『プロセカ』に期待することなどあれば!

HPS 大会を定期的に開いてほしいなー……と思います! あとは、『初音ミクの消失』と同じくらい難しい譜面を……出してほしいような、出してほしくないような(笑)。

瑠璃 わかるーーー!(笑)

--瑠璃選手、お願いします。

瑠璃 現状でもめちゃくちゃ楽しく遊んでいるので、これ以上は……ってのが正直なところで。でもやっぱり大会は開いてほしいですし、HPS君が言うように『初音ミクの消失』くらい難しい楽曲が……そろそろ来そうな予感がします。高難度の『Brand New Day』とか、最近増えてきましたけど、さらにその上を行くものもそろそろ欲しいなと思いますね。

--やっぱり、難しい楽曲を求めるのかー!

瑠璃 はい、それはもちろん! 大いに期待しています!

--わかりました! ありがとうございました! おふたりの今後の活躍、期待しております!!

【タイトル概要】
タイトル名称:プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク
対応OS:iOS/Android
App Store URL:https://itunes.apple.com/app/id1489932710
Google Play URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.sega.pjsekai
配信開始日:配信中(2020年9月30日(水)配信)
価格:基本無料(アイテム課金あり)
ジャンル:リズム&アドベンチャー
メーカー:セガ/ Colorful Palette
公式サイト:https://pjsekai.sega.jp
公式Twitter:https://twitter.com/pj_sekai

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine