TOP 特集&連載 デュエマ妄想構築録 vol.33-1 ~クリーチャーは許さない!絶対全滅させるマン!!~
特集&連載

デュエマ妄想構築録 vol.33-1 ~クリーチャーは許さない!絶対全滅させるマン!!~

TwitterFacebookLine

By まつがん

 恒例の宣伝からだが、皆さんは先日発売したコロコロコミック4月号はもう入手されただろうか?

 デュエル・マスターズの原作コミックが読めることはもちろん、4月に発売する王来篇第1弾「王星伝説超動」に関する情報も色々と掲載されている。ぜひとも手に取ってみて欲しい。


 さて唐突だが、皆さんは《アポカリプス・デイ》というカードをご存知だろうか。

▲「最強戦略 !! ドラリンパック」収録、《アポカリプス・デイ》

 たとえ相手との間に《ホーリー・スパーク》では状況が解決しないほどの圧倒的な物量差をつけられてしまった状況下でも、このカードが発動すれば逆転が見えてくる。そんな不可能を可能にするS・トリガーとして、古の時代より重宝されてきたカードだ。

 このように全体除去というのは、相手がバトルゾーンに投入したリソースを1枚で根こそぎ刈り取れることで、どんなに最悪な状況でも解答となりうる万能性を有している。

 そして時は令和。最新パックである「弩闘×十王超ファイナルウォーズ!!!」において、そんな全体除去の歴史を変える1枚が爆誕していた。

▲「弩闘×十王超ファイナルウォーズ!!!」収録、《零分後の世界》

 《零分後の世界》。《アポカリプス・デイ》と同様S・トリガーで、除去ではなくバウンスではあるものの、一万体のクリーチャーが攻撃してきていたとしても返せる可能性を秘めたカードである。

 だが冷静に考えてみると、バウンスという点に眼をつぶったとしても「捨てたカードのコスト」が参照されている以上、さすがに一万体のクリーチャーは合計コストが一万を超えてしまうので物理的に選べないのでは?と思われるかもしれない。

▲十王篇 第3弾「幻龍×凶襲 ゲンムエンペラー!!!」収録、《∞龍 ゲンムエンペラー》
▲双極篇 第3弾「†ギラギラ†煌世主と終葬のQX!!」収録、《ゴゴゴ・Cho絶・ラッシュ》

 しかしそこで《∞龍 ゲンムエンペラー》を捨てることで、コストの合計が「∞」になるようクリーチャーを好きな数選べるため、相手のバトルゾーンに《∞龍 ゲンムエンペラー》がいない限り、実質的に全体バウンスが可能となるのだ。

 もちろん同様のことは《ゴゴゴ・Cho絶・ラッシュ》で既にできていたが、《零分後の世界》の方はカードを1枚引けるのと、水文明の全体除去である点が従来とは一線を画している。

 だが《零分後の世界》が確かに革新的だとしても、所詮は受け身のカードに過ぎない全体除去をコンセプトにどのようなデッキを組めばいいというのだろうか。

 ……ここで私は考えた。

 全体除去できるカードを集めまくったら相手がどうやっても攻めきれなくて勝手に勝つのでは?と。

 そう、すなわち。

▲「超ブラック・ボックス・パック」収録、《偶発と弾幕の要塞》

 デッキ内のクリーチャーを《∞龍 ゲンムエンペラー》だけに絞れば《偶発と弾幕の要塞》で必ずめくれてすべてが吹き飛ぶのでは???🤔🤔🤔

 《偶発と弾幕の要塞》はデッキ内にクリーチャーを一種類しか入れなければ必ずそのクリーチャーがめくれるため、その一種類を《∞龍 ゲンムエンペラー》にすれば (相手の《∞龍 ゲンムエンペラー》以外の) すべてのクリーチャーを確定で除去できる全体除去となる。

 だが《偶発と弾幕の要塞》でめくれたカードはすべて墓地に行ってしまうため、楯の埋まり具合次第では山札切れで負けてしまうことも考えられる。

▲「弩闘×十王超ファイナルウォーズ!!!」収録、《【今すぐ】うわっ…相手の攻撃止めすぎ…?【クリック】》

 そこで同じく「弩闘×十王超ファイナルウォーズ!!!」で登場した非クリーチャーの山札回復手段である《【今すぐ】うわっ…相手の攻撃止めすぎ…?【クリック】》を採用することで、山札切れによる自爆の可能性を緩和することが可能となる。

▲クロニクル最終決戦デッキ「覚醒流星譚」収録、《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》
▲「必殺!!マキシマム・ザ・マスターパック」収録、《“魔神轟怒”万軍投》

 《偶発と弾幕の要塞》はS・トリガーではないが、 《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》を合わせて搭載することで相手ターン中に唱えるプランが生まれて安心となる。

 そしてこのままではただ耐えることしかできないが、《”魔神轟怒”万軍投》はこれを入れることで手札を補充しつつ、クリーチャーが一種類のデッキでも《∞龍 ゲンムエンペラー》の「ムゲンクライム」に最終的にはつなげることができるようになるので一石二鳥のカード採用だ。

 というわけで、できあがったのがこちらの「絶対全滅させるマン」だ!

 『絶対全滅させるマン』

枚数
カード名
4
《∞龍 ゲンムエンペラー》
4 《フェアリー・ライフ》
4
《フェアリー・トラップ》
4 《ゴゴゴ・Cho絶・ラッシュ》
4
《ドンドン水撒くナウ》
4 《偶発と弾幕の要塞》
4 《零分後の世界》
4 《”魔神轟怒”万軍投》
4 《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》
2 《テック団の波壊Go!》
2 《【今すぐ】うわっ…相手の攻撃止めすぎ…?【クリック】》
  超GRゾーン
2 《サザン・エー》
2 《クリスマⅢ》
2 《天啓 CX-20》
2 《回収 TE-10》
2 《カット 丙-二式》
2 《オコ・ラッタ》

 
 【クソデッキ】うわっ…ゲームに勝つ気なさすぎ…?【乙】
「全体除去だけでデッキを組もうとするな高校校歌」

朝日が昇る丘の上 全体除去だけでデッキを組もうとするな
若き生命を息吹と燃やし デッキには勝ち手段をきちんと入れなさい
大空へと今飛び立とう 《”魔神轟怒”万軍投》を引かないと回らない構造は無理があるだろ
おぉ 我らが 全体除去だけでデッキを組もうとするな高校 全体除去だけでデッキを組もうとするな高校

 ではまた次回!

ライター:まつがん              
 
フリーライター。クソデッキビルダー。
             
論理的な発想でカード同士にシナジーを見出すのだが、途中で飛躍して明後日の方向に行くことを得意とする。              
 
オリジナルデッキでメタゲームに風穴を開けるべく日夜チャレンジを続けている(が、上記のような理由で大体失敗する)。

デュエマ妄想構築録vol.31バックナンバー
デュエマ妄想構築録 vol.31-1 ~実質クロック20枚!? 絶対クロック踏ませるマン!!~
デュエマ妄想構築録vol.32バックナンバー
デュエマ妄想構築録 vol.32-1 ~月光王国アグロ!ヒバナ・ポーカー!!~
デュエマ妄想構築録 vol.32-2 ~脳筋白書!ビビッド・ムートピア!!~
デュエマ妄想構築録 vol.32-3 ~新時代の到来!《コッコ・ルピア GS》登場!~
デュエマ妄想構築録 vol.32-4 ~ドラゴン乱舞!ターボ・シデン!!~

 

次回更新は3/26(金)更新!!

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine