TOP 特集&連載 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ちかしが語るキャンピングシェルターの使いこなし方と対処法~2~
特集&連載

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ちかしが語るキャンピングシェルターの使いこなし方と対処法~2~

TwitterFacebookLine

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×ちかし 第2回】

あとばる選手と、ちかし選手による対談の第2回目!

今回はキャンピングシェルターを使う際のポイントや、プロになって自分の中で変わったことなどをふたりに語ってもらったぞ。

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チーム・よしもとゲーミング カラマリ所属。
OPENREC.tv:https://www.openrec.tv/user/atobaru_ika
ちかし
カラマリやGGBoyZといった強豪チームが集まった「プレミアリーグ」で優勝するなど、数々の実績を持つプロチームPixio Monsterのメンバー。スプラプレーヤーの中でもトップレベルのキャンピングシェルターの使い手で、エイム、生存能力、視野の広さとどれをとっても超一流の実力を持つ。また、冷静な判断力と的確な指示を出せるプレーヤーとしても評価が高く、相手からすると脅威となる存在である。

キャンピングシェルターの立ち回りのポイントとおすすめのギア

――キャンピングシェルターでの立ち回りのコツや、意識していることがあれば教えてください。

ちかし:1番は「やられないこと」ですね。敵を倒すことよりも、まずは自分が生存していることの方が大事なので、キルを狙ってやれるといったミスはしないように意識しています。

 

――チーム内だと、キャンピングシェルターはどのような役割で動いているんですか?

ちかし:敵を引き付けて、味方が有利に立ち回る状況をつくることですね。敵の1人を引き付けて長い対面を仕掛けると、大抵は別の相手がカバーに来るんですよ。そこで自分が12の状況をつくれば、必然的に味方は32の状況になるじゃないですか。
 キャンピングシェルターが長く複数の相手を引き付けるほど、味方は有利に動けるから、敵を倒しやすいし、そこで味方が敵を倒して人数差ができれば、より有利になることができる。そのためにも、いかに自分がやられずに生き残るかが大事になるんです。

 

――なるほど。ガチマッチでキャンピングシェルターを使う場合のギア構成はどのようにしているんですか。

ちかし:必須だなと思うのがカムバックですね。けっこうやられることが多いので、積んでおくとかなり効果的だと思います。同じ理由で復活時間短縮を積んだりもしますね。あと個人的にオススメできるのが、対物攻撃力アップですね。

 

▲カムバックは、やられたあとの復帰後、しばらくの間、一部の能力がアップする効果を持つ。積極的に対面を仕掛ける分、やられてしまうリスクも高いキャンピングシェルターには最適なギアだ。

――それは、スペシャルのバブルランチャーを早く割るためにつける?

ちかし:いや、バブルランチャーは敵の攻撃を耐えるときにも使うので、それを考えるとむしろ対物攻撃力アップはない方がいいんですけど、インクアーマーとかスプラッシュシールドといった、パージに対してゴリ押しで攻めることができる相手に関しては、「対物攻撃力アップがあってよかった」という瞬間がわりとあるんですね。
 なので、対物攻撃力アップは積んでおくとけっこう面白いと思いますよ。

 

――キャンピングシェルターを使う上で、覚えておくと役立つよってテクニックがあれば教えてください。

ちかし:意外と知られていないんですけど、傘を飛ばすじゃないですか。そうすると、次の傘が復活したときに、ピコンって音が鳴るんですよ。これを知っていると、待ち時間のロスなく傘を使っていけるのでけっこう役立ちますね。

 

 

あとばる選手がいま努力しているのは、模範的プレーヤーになること!?

――ちかし選手は現在プロとして活動されていますが、『スプトゥーン』はわりと最初から「自分、強いな」って感じだったんですか?

ちかし:そうですね。『1』はまったくの無名だったんですけど、ゲーム自体は「俺、最強!」って感じでプレーはしていました。でも、無名だったってことは、実際はそうでもなかったんだろうなと(笑)。

 

――でも自分の中では、「俺、けっこう強いじゃん」というのはあったんですね。

ちかし:ありましたね。なぜか自信だけは満々でした(笑)。

 

――途中でウデマエが上がらなくて伸び悩んだりとかもなく?

ちかし:なかったですね。ウデマエで伸び悩んだことは『1』から通して一切なかったかもしれないです。

 

――『2』に関しても、最初からすぐS+まで上がった?

ちかし:『2』は始めるのが遅くて、Xパワーが実装された頃くらいに買ったんですよ。ただ、それでも別にこのパワー帯でつまったとかはなくて、すんなりXには到達できましたね。

――すぐに買わなかったのは、最初はそこまで「『2』をやるぜ!」ってテンションでもなかったんですか?

ちかし:いや、「『スプラトゥーン2』が始まるぞ。絶対にトップとるぜ」って感じだったんですけど、Switchを買うことができなくて……。仕方がないので、その間はずっと『1』をやってました(笑)。

 

――そういう理由だったんですね(笑)。それで、ようやくSwitchを買えて、そこから『2』で一気に有名プレーヤーになっていったと。ちかし選手は、『スプラトゥーン』の前からTPSやFPSのゲームはプレーしていたんですか?

ちかし:いや、この手のジャンルは『スプラトゥーン』が初めてです。オンライン対戦ゲーム自体も『スプラトゥーン』が初で、それまでは『ポケットモンスター』とか『モンスターハンター』とか全然違う感じのゲームをプレーしてましたね。

 

――それでいきなりプロになったのはすごいですね。もともとゲーム自体は得意な方だったんですか?

ちかし:いや、どうでしょうね。ゲームは好きですけど、ずっとソロでプレーしていたので、あまり上手い下手とかも意識したことがなくて。単純に楽しいか楽しくないかみたいな感じではありましたね。

 

――ちなみに、あとばる選手は『スプラトゥーン』をやる前はどんなゲームをやっていたんですか?

あとばる:『どうぶつの森』とか(笑)。FPS、TPSはほとんど触ってこなかったですね。TPSだとたぶん『スプラトゥーン』が初めじゃないかな。

 

――あとばるさんも『1』の最初から「俺、強え!」って感じだったんですか?

あとばる:『1』の最初の頃は、狭いコミュニティと言ったらあれですけど、ずっと身内のコミュニティで遊んでいて、いわゆる上位勢がどのくらいの実力なのかも把握していなかったですし、自分が強いのかどうかもよくわからなかったですね。それよりは、単純に「このゲーム、楽しいな」って感じでずっとプレーしてましたね。

 

――ただ、ガチマッチとかだと、ほぼ負けずにどんどんウデマエは上がっていっていた?

あとばる:そうですね。カンストはしていたと思います。「初期ギアでH3リールガンのカンストを目指すみたいな」縛りプレーとかをやったりもしていて。その頃くらいから、だんだん上を意識するというか、「大会でいい成績を残したいな」という目標は少し出てきたかもしれないですね。

 

――ちかし選手は現在プロとして活動されていますけど、プロになって心境的になにか変わったことはありますか?

ちかし:いや、とくにないですね。自分はプロらしくあろうとか、プロの自覚を持とうとかはあまり意識していなくて、どちらかというと、これまで通り、自分らしく楽しくプレーしていけばいいかなと思っていて。
 ただ、ほかの人に迷惑をかけないように、ということだけは意識していますね。たとえば自分がなにかやってしまうと、プロ全体のイメージが悪くなっちゃうと思うんですよ。そうすると、チームメイトもですけど、あとばるさんといったほかのプロ選手の方たちにも迷惑をかけてしまうことになるので。そこだけはないように気をつけてはいます。

 

――あとばる選手はプロになって自分の中で変わった点はありますか?

あとばる:SNSの文章とかは気にするようになりましたね。プレー面で「お前、下手くそだな」って批判されるのは仕方ないと思うんですけど、プレーと関係ない発言とかで批判されるのはダメだと思うので。だいぶ言葉を選んで発信するようになったとは思いますね。

 

――プロとなるとプレー以外の言動も注目されやすくなりますもんね。

あとばる:そうですね。NPBの大会に出たあたりから、そのあたりの意識が強くなったのはありますね。僕、NPBの公式HPの選手紹介でめちゃめちゃいい感じのことを書かれているんですよ。そこで、「紹介文と全然違うじゃん」となると、いろんなところに迷惑がかかっちゃうのかなって。だから、その通りになろうかなと思って(笑)。

 

――NPBのあとばる選手のプロフィールを見ると、「普段からの言動がスポーツマンシップに溢れる模範的プレイヤー」と書かれていますね。確かに、こう書かれちゃうと……(笑)。

あとばる:そうなんですよ。だから、僕は模範的にならないといけなくなっちゃったんで、そこは努力しています(笑)。

【今回のまとめ】
・キャンピングシェルターは敵を倒すより、自分がやられないことを1番に考えるべし!
・キャンピングシェルターのギアはカムバックが必須!
・パージした傘が復活すると音が鳴ることを覚えておこう!

 

引き続きあとばる選手とちかし選手の対談をお届けしていくぞ。次回もお楽しみに!

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は3/30(火)更新!!

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine