TOP 特集&連載 【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ホーネットJr.」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【黎明期編】
特集&連載

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ホーネットJr.」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【黎明期編】

TwitterFacebookLine

今まで登場した歴代ミニ四駆を世代ごとに取り上げていくコロコロオンラインの「ミニ四駆」連載企画!  本記事では、黎明期編の「ホーネットJr.」を紹介する。

【コロコロオンライン連載企画】
ミニ四駆歴代マシンカタログ!

1982年に生まれ、現在も多くの人々に愛されているタミヤの大人気ホビー『ミニ四駆』

コロコロオンラインでは、ミニ四駆の魅力をたくさんの読者たちにもっと知ってもらうべく、連載企画を開始!

その名も「ミニ四駆歴代マシンカタログ」だ!

これまでに発売されたミニ四駆たちを「黎明期」、「第1次ブーム」、「第2次ブーム」、「ニュージェネレーション」と4つの世代ごとに取り上げていくぞ! マシンの写真はもちろん、過去のコロコロコミック記事も掲載!

■ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

本記事では、黎明期『ラジコンボーイ』編の「ホーネットJr.」をお届け!! それではいってみよう!

レーサーミニ四駆「ホーネットJr.」

「ホーネットJr.」は、RCカー「ホーネット」をもとにしたレーサーミニ四駆。1986年5月に発売。「ワイルドウイリスJr.」や「ホットショットJr.」などをはじめとした「Jr.」という呼称は、RCカーのミニ四駆モデルを示すものである。

商品としては「ホットショットJr.」に続く2番目のレーサーミニ四駆にあたるのだが、製作上の都合により、こちらのマシンが最初のレーサーミニ四駆として発売された。

また、まんが『ダッシュ!四駆郎』(徳田ザウルス先生)では皇 輪子の愛機として登場している。

マシンデザインは、ホーネット(スズメバチ)の名の通り、イエローとオレンジのストライプが入ったブラックボディが魅力。ほかにもスパイクタイヤやドライバーユニットも付いており、もとになったRCカーのデザインが忠実に再現されている。

スペック概要
■全長:127mm
■全幅:81mm
■全高:49mm
■シャーシ:タイプ1

モデルになったRCカーをコロコロ記事とともに紹介!!

本マシンのもとになったRCカーこと「ホーネット」は、1984年のコロコロコミック11月号に登場。左右の揺れを吸収する特殊スプリングが搭載され、RCカー「グラスホッパー」などを進化させた新モデルとして紹介されていた。

当時はホーネットの「安い、軽い、速い」といった部分が人気を博し、ロングセラー商品として大ヒットを記録!

▲1984年のコロコロコミック11月号より
▲1984年のコロコロコミック11月号より

ほかにも同月の本誌に掲載されていたまんが『ラジコンボーイ』(大林かおる先生)では、「ホーネット」がまんが内に登場!

ラジコン同士によるプロレス「ラジコンバトルマッチ世界統一タッグ戦」にて、相手チームの使用マシンとして登場し、巧みなテクニックと連携で主人公たちを追い詰めた。


 

以上、黎明期『ラジコンボーイ』編のマシンをお届け!

次回は、第1次ブーム『ダッシュ四駆郎』編から南進駆郎の愛機が登場だ!

本連載は水曜日更新予定なのでお楽しみに!

■ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

商品概要
「レーサーミニ四駆シリーズ ホーネットJr. Item No.18002」

※販売停止中
■発売時期:1986年5月発売
■価格:700円(当時)
・「ホーネットJr.」1986年モデル(販売停止中)

・タミヤ公式サイトはこちら

(C)TAMIYA,INC.ALL RIGHTS RESERVED.

 

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine

関連記事

【新企画! ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ワイルドウイリスJr.」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【黎明期編】

【新企画! ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ダッシュ1号・皇帝(エンペラー)」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第1次ブーム編】

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ホットショットJr.」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【黎明期編】