TOP 特集&連載 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第395回 “ニセモノ美術館”、勢力拡大
特集&連載

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第395回 “ニセモノ美術館”、勢力拡大

TwitterFacebookLine

まだ慌てる時間じゃない

 前回、丸1年も手を出していなかった要素のひとつ“美術品の収集”を始めたよ……という記事を書いた。

 いま思えば……。

 つねきちが島に来るたびにアヤシイ密輸船に乗り込み、当てずっぽうでもいいから美術品を買ってフータに鑑定してもらえばよかったなぁ……と若干の後悔もしているんだけどね。

 だって、丸1年ものあいだ1日も欠かさずに遊んでいるんだから、虫や魚と同様にきっといまごろ……美術館も完成していたんじゃないかと思えるからさあ!!!><

 もしも、いま目の前に神様が現れて、

 「角満よ、1回だけ過去の好きな時間に戻してあげよう」

 と言われたら、迷うことなく、つねきちが初めて来島した日に戻って美術品の収集を自分に直訴……なんて絶対しないで、リアルな金儲けとか考えるなやっぱ^^;;

 まあでも、いまからでも遅くはないだろう。

 なんせ、角満島開拓日誌は、2周目に入ったいまも毎日更新しているからな。もはや意地になって、このまま続けられるところまで突っ走るつもりなので、美術館が完成したこともきっとどこかで書けるだろう!ww

 というわけで、美術品については継続して集めていく覚悟ができたんだけど……またしてもどうぶつに一杯食わされたので、今回は軽くそのことをリポートしておきます。

ニセモノの行方

 以前、住民のアポロからアイテム付きの手紙が届いて、ナンダナンダと調べたところまんまとニセモノの美術品だった……という記事を書いたことがある。

 以来、俺は住民どもが送りつけてくるアイテムに関してはすべて、眉に唾を付けながら見ることにしている。いっさい、信用ならん。なので、

 「む……! これは、じつに怪しい。もしかしたら……ニセモノの炊飯器かもしれん!!

 ↑こんな感じになっているんだけど、さすがにニセモノは美術品だけだろなとは思う(苦笑)。

 その日は、1ごうから手紙が届いていた。

 「お! なんだなんだ」

 と開けてみたらだな……!

 あ……! この文面は、もしや……!!!

 デターーーーー!!!www 美術品!!!www しかもよりによって、ちゃちゃまると並んでテキトー極まりない1ごうからかよ!!!ww

 これは十中八九、ニセモノであろう。本物のわけがない。

 とはいえ、そのまま持っていても仕方がないし、以前かぶきちが送ってくれたブツが本物だった事例もあるので、

 「万が一ってこともあるし……」

 ということで一応、フータに鑑定してもらうことにした。

 「ニセモノだよ、ニセモノ……」

 なんてブツブツ言いながらも、心のどこかで期待しつつフータに鑑定依頼したところだな……。

 え。

 どど、どゆこと?? もしや……鑑定する価値もないゴミをつかまされたってことなのか!!??

 くっそ、1ごう!!w ニセモノ以前の、とんでもない粗大ゴミをわざわざ郵送してきやがったな!!?w

 一瞬、怒り心頭に発す……という状態になったものの、冷静に考えるとやはり、フータのこの反応はおかしいと言わざるを得ない。まるで、

 「もうすでに、そちらの鑑定は終わっています」

 と言わんばかりの口調ではないか。

 「おっかしいなぁ……」

 首をひねりながら、何気なく美術館に入っていく。

 するとそこにひとつだけ、本物認定された“りりしいちょうこく”がたたずんでいた。

 これは……ミケランジェロの『ダビデ』だな。

 ……って、あれ?? 待てよ。

 今日、1ごうから届いた彫刻って、確か……。

 !!!??www もう鑑定するまでもなく、ニセモノ確定じゃねえか!!!!www ここに本物が飾ってあるんだからさあ!!!www

 ニセモノとわかった以上、もうこんなところにはいられない。こういう贋物は……野にさらして、辱めを受けてもらわないとな!!

 ということで、俺が美術品の収集と並行して行っている“贋物市場”にこの彫刻も並べることにした。

 設置していると……。

 って、1ごうが思いっきり見に来てるwww しかも、

 「立派な彫刻だなぁ~……! とぉ!!

 とでも言いたそうな、心から感心している風情!!www それ、オメーが送りつけてきたニセモノだぞ!!!www

 ちなみに。

 我が島の贋物市場は、本物の美術館よりも作品が充実しつつあります。

 ニセモノだけど……並べると壮観だなwww

 はたして、どちらの美術館が先に完成するのか!?w こうご期待!!

 続く!

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine