TOP 特集&連載 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ゆゆしが語るラピッドブラスターの扱い方~1~
特集&連載

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ゆゆしが語るラピッドブラスターの扱い方~1~

TwitterFacebookLine

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×ゆゆし 第1回】

最強のラピッドブラスター使いこと、ゆゆし選手が対談に初登場!

使いこなすのが難しいとされるラピッドブラスターだが、ゆゆし選手はどうやってあれほどのスキルをマスターしたのか? その極意について、いろいろと聞いてみたぞ。

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チーム・よしもとゲーミング カラマリ所属。
OPENREC.tv:https://www.openrec.tv/user/atobaru_ika
ゆゆし
ラピッドブラスターベッチューのナンバーワンプレーヤーとの呼び声も高い実力者。正確なエイム力と完璧な射程管理で、次々と敵を落とすそのプレーはまさに圧巻の一言。相手に詰められたときの対処も抜群で、引き撃ちを巧みに使い、確実にメインの直撃を当てるなど、そのプレーにはまったくスキがない。扱いが難しいとされるラピッドブラスターで、あれだけのパフォーマンスを発揮できるのは驚異的。まさに「最強のラピッドブラスター使い」と呼ぶに相応しいプレーヤーだ。

ひたすらやり続けることが、うまくなるための唯一の方法

――おふたりは対抗戦などで一緒にプレーすることもあると思いますが、こうやって話したりするのは初めてですか?

ゆゆし:話したことがないわけではないけど……。
あとばる:対抗戦とかのときに、少しボイスチャットで話したりとかはありますけど、こういう形でしゃべるのはほぼ初めてですね。

 

――ラピッドブラスター系はエリートを含めると5種類ありますけど、ゆゆし選手は現在はどれをメインで使っているんですか?

ゆゆし:最近だと、ラピッドブラスターベッチューとラピッドブラスターエリートデコを使い分けています。

 

 

――その2つはどう使い分けているんですか?

ゆゆし:味方にチャージャーとかジェットスイーパーといった後衛ブキがいる場合はベッチューで、明確な後衛ブキがいないというか、オーバーフロッシャーとかが味方にいる場合は、エリートデコの方が相性がいいのでそちらを使うようにしています。

 

――以前はベッチューと無印のエリートを使っていた印象があるんですけど、エリートデコ選んだのはどういう理由なんですか?

ゆゆし:確かに、もともとは無印のエリート派だったんですけど、知り合いに「一回、エリートデコを使ってみ」と言われて、使ったら「ちょっといいな」と思って。やっぱりインクアーマーが強いですよね。そこからエリートデコを使うようになりました。

 

――ラピッドブラスターっていまの環境的にどうなんですか? けっこう強いのか、それとも厳しいのか。

ゆゆし:ベッチューの強さってメインの爆風とトーピードの相性のよさなんですけど、いまってN-ZAPなどの固形ボム持ちが多くて、スペシャルのイカスフィアに関しては割られてしまいやすい環境なんです。それで、けっこう評価が分かれるというか、スペシャルがいまひとつなので「弱い」と言う人いれば、「いやそれでも強い」と言う人もいる感じですね。

あとばる:ブキとして面倒くさい相手ではあるんですよね。それこそトーピードと爆風でちまちま削られるし、イカスフィアでワンチャン耐久されるというのもある。ただ、結局、仕留められるかはラピッドブラスターのメインの直撃を当てられるかとか、トーピードをうまく転がせるかってところが大きくて対抗戦レベルで通用するとなるとだいぶ技量がいるブキだと思います。本当にゆゆしさんレベルのうまさがあって、やっと「圧力あるな」という感じなので、「そこそこ使える」というレベルだと、なかなか厳しいブキなのかなって気はしてますね。

 

▲一時期は採用する人も多かったイカスフィアだが、キューバンボムやスプラッシュボムといった固形ボム持ちのブキを使う人が増えたことで、現在はやや厳しい環境に……。

 

――あとばる選手から見て、ゆゆし選手のすごさはどういうところに感じますか?

あとばる:とにかく近距離のさばき方がめちゃくちゃうまいですね。ラピッドブラスターって相手に詰められたときの対処が一番の課題で、基本的にはメインの直撃を当てるくらいしか対処法がないと思うんですけど、ゆゆしさんはその直撃の精度がすごく高いんですよ。
 他のラピッドブラスター使いだと、「近づいちゃえば勝ちだな」って感じなんですけど、ゆゆしさんの場合はバレている状態で近づくと確実に直撃を当ててきて狩られるし、かといって距離をとっているとメインの爆風とトーピードのコンボでやられちゃうしで、相手をしていてめちゃくちゃキツイんですよ。できれば対面したくない相手ですね。

 

――現状、シューター系だと倒すのは難しい相手?

あとばる:そうですね。不意をつくしかないかなと思います。バレている状態だと、どうあがいても返り討ちにされちゃうので。

 

――基本なんでしょうけど、ゆゆし選手は無駄撃ちがまったくないですよね、射程管理が完璧すぎると思ったんですけど、ラピッドブラスターを使い始めてから、わりとすぐ対応できたんですか?

ゆゆし:いや、最初の頃は味方に怒られてばっかりでした。見るところが悪かったり、単純に詰められて倒されちゃったりとかしていて全然ダメでしたね。

 

――そこから、なにかうまくなるきっかけはあったりした?

ゆゆし:きっかけというよりは、ひたすら使い続けて少しずつ上達した感じですね、自分は器用なタイプじゃないので、ひとつのブキをずっと使わないとうまくなれないんですよ。

 

――キャラコン(キャラクターコントロール)もめちゃくちゃ上手いですけど、なにか鍛える方法とか、練習とかしていますか?

ゆゆし:慣性キャンセルとかテキトーにそれっぽいことを練習していたら、なんとなくうまくなっていったというか。一応、試し撃ち場で慣性キャンセルしたあとにエイムを合わせる練習とかはよくしています。

 

――あとばる選手は、キャラコンを鍛えるための練習をすることもあります?

あとばる:僕が使っているH3リールガンは撃ったあとに硬直があるので、そんなにキャラコンって感じではないんですよ。なので、特別に意識して練習することはないですね。それよりは、エイムとかポジションどりとか、相手を釣る動き、たとえばあえてワンテンポおいてから撃つとか、そういう硬直がある前提での動きを意識していますね。

 

――ラピッドブラスター系はインク管理が難しい印象があります。インク管理で意識していることはありますか?

ゆゆし:確かにインク管理はけっこう大事で、ラピッドブラスターベッチューって相手に近づかれたときに、とりあえずトーピードを下に転がしておけば、勝手に足場ができて逃げられたり、そこから対面につなげたりできるんですけど、トーピードを投げられるインクがあるかないかで対面の勝率とか、引けるか引けないかとか変わってくるんですね。なので、常にトーピードをひとつ投げられる分のインクは保つようにしていますね。

 

▲トーピードを地面に転がすことで自分の足元を塗ることができる。必要なときに確実に転がせるように練習しておこう。

 

――ガチマッチでラピッドブラスターベッチューを使うときに意識しておいたほうがいいことはありますか?

ゆゆし:基本的にブラスター系統のブキってガチマッチでそんなに強くなくて、単純に基礎塗りが弱いので、ほとんどの試合で塗り負けしてしまうんですね。なので、できるだけ相手の塗りブキを落とすことを心がけています。

 

――やっぱり塗り状況が悪いとラピッドブラスターとしては厳しい?

ゆゆし:そうですね。自分自身の塗りが弱いのもあって、かなり動きにくくなりますね。逆に味方にわかばシューターのような塗りブキがいてくれるとめちゃめちゃ助かるので、嬉しいですね。

 

――編成にもよると思うんですけど、ガチマッチをする際はどんな役割を意識してプレーしていますか。

ゆゆし:キルブキなので、役割としては単純に敵を倒すことですね。トーピードがあって手前に詰めてくる敵を見やすいのでそういう相手を狙ったり、あとは自分から敵の中衛ブキに対して対面を仕掛けたりとか。塗り力が低い分、敵を倒すことを重視してプレーしていますね。

 

――ラピッドブラスターベッチューで、これは絶対に入れておくという必須ギアはありますか?

ゆゆし:自分はイカ速度アップとサブインク効率アップのふたつですね。イカ速度アップは1.3以上、サブインク効率アップが1.1以上は欲しいですね。

 

▲ラピッドブラスターのメインは一定距離で爆発する。敵が詰めてきたら、この爆発の距離に相手が入るようにしっかりと引き撃ちすることが大事になってくる。

 

――サブインク効率アップはトーピードを使う上で必須なんでしょうけど、イカ速度アップを多く積んだ方がいいのはどういう理由からなんですか?

ゆゆし:ラピッドブラスターのメインって、一定の距離で爆発するじゃないですか。たとえば相手が手前まで入ってきたときって、シューターだったら別に敵が詰めてきてもそのまま同じポジションでババっと撃っていれば倒せるんですけど、ラピッドブラスターの場合は敵が詰めてきたときに、敵の位置に合わせて爆風を当てられるようにすぐ引かないといけないんですよ。
 そのときにイカ速度アップがあると引き撃ちがしやすいので、できるだけ多く積むようにしています。

 

――なるほど。位置調整のために機動力が大事になってくると。さらに言えば、引き撃ちのためにも塗り状況がいいと楽になるという感じなんですね。

ゆゆし:そうですね。それだけ処理がしやすくなるので、塗り状況はすごく重要です。

 

【今回のまとめ】
・ラピッドブラスターベッチューを使うならイカ速度アップとサブインク効率アップのギアを積もう!
・トーピード1発分のインクを常に保つように心がけよう!
・詰めてきた相手には引き撃ちで対処すべし!

 

次回も引き続き、あとばる選手とゆゆし選手の対談をお届け。

ラピッドブラスターを使う上で役立つテクニックについて、さらに聞いていくぞ。

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は4/27(火)更新!!

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine