TOP 特集&連載 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第399回 すれ違いのどうぶつたち(2)
特集&連載

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第399回 すれ違いのどうぶつたち(2)

TwitterFacebookLine

え! 連載回数が……!

 本題を書く前に……!

 いまさらながらたいへんなことに気付いてしまったので、ちょっとそちらに言及したいと思う。

 昨年の3月20日より始まったこの連載“角満島開拓日誌”ですがね。

 雨の日も風の日も、緊急事態宣言が出ても変わらぬペースで更新し続け、1周年が終わってからも1日も休むことなく記事を投下している。

 最初のころは、波打ち際の砂山くらいしかない小さな小さなカタマリであった。

 それが……気が付けばピクニックが楽しめるほどの立派な丘になり、半年が過ぎたあたりで見上げるほどの山となって、1周年を迎えたときには……!

 「うおおおお……!! これが……連続更新世界記録(自称)となる、前人未踏の霊峰かぁ……!!!(感動)

 ってくらい、巨大な山脈と化していたのである。

 しかも、角満島開拓日誌という峰々は成長を止めることをヨシとせず、なんと……次回の更新で……!!!!

 連続更新、400回達成だぁぁぁああああ!!!!www

 ……って、そういうことは400回の当日に書けよって感じなんだけどさw

 でもこのご時世、いつ何が起こるかわからないし、寝違えて指の骨すべてを突き指するかもしれないので、399回の本日に“保険として”書いておいた次第でありますw

あつ森と連動する事務所

 さて、ようやく前回の続きを書く気になったわ。

 もしも398回の記事を読んでいない方がおられたら、↓こちらのバックナンバーからぜひチェックを! より、内容がわかりやすくなると思うのでw

 そう、『モンハンライズ』に時間を割くようになった反動で、『あつ森』のプレイ時間が“起床後の1~2時間”に限定されるようになってしまったのだよ。

 その影響がもっとも顕著に出てしまったのが、あろうことか“ご近所づきあい”である。

 ……いやもちろん、

 「大塚さん、ずっと家におられるみたいだし、今年の地域組長やってくださらないかしら~www」

 と、長年ウチの地区に住まう長老オババに仕事を押し付けられそうになり、

 「え!? 俺、3年前にやったばっかっすよ!!www」

 と断固として断ろうとして軋轢が生まれそうになった……というリアルご近所問題の話ではない(けっきょく受けたけど)。

 ルナステラ島に行く時間が固まってしまったので、あろうことか“出会えるどうぶつと出会えないどうぶつ”で明確に分かれてしまったのである!! これは、開島以来初の珍事であろう。

 毎朝のように挨拶ができるどうぶつは、↓ここに写っているメンバーでほぼほぼ固定されてしまっている。

 メープル、1ごう、ジュンに加えて、意外やちゃちゃまるやアセロラも早起きなので、エンカウント率は非常に高い。そういう意味では、

 “絶対に距離ができない5人衆”

 と言うことができると思う。

 問題は……前々から“宵っ張りの朝寝坊”を地で行く3名の“オトナな”どうぶつたちだ。

 具体的には……↓こいつらであります!!w

 かぶきちに……!

 アポロ……!! そして……!!

 ヒノコもまったく起きてこねぇぇええええ!!!ww オマエらいったい、何時まで夜更かししてんねん!!!ww

 じつはこの状況、リアルな角満事務所でも同じことが言える。

 俺は再三書いてきた通り、朝の7時には起床してルーチンワークのゲームをこなし、午前9時には自宅の作業机に座って原稿仕事を始めている。ぶっちゃけ、リモートワーク以前よりも稼働時間が早くなって、仕事の効率的には150%くらいにアップしたと思うわ。

 一方、同僚のたっちー先生は完全な“夜型”で、加えて編集や経理の仕事、さらに深夜アニメも片っ端からチェックするという活動家なので、根本的に俺とは生活時間が違うのである。日によっては、俺がその日2回目の飯を食い終わったころに、

 |-`ω-)おそようさん……

 と動き出すこともある。それでも、以前よりも仕事の効率が劇的に上がっているのだから、業種によってはリモートワークも悪くないんだな……と感じている今日この頃である。

 ……何の話をしていたんだっけ?

 あ、そうそう。

 オトナ住民であるヒノコ、アポロ、かぶきちの3人と生活時間が完全にズレてしまって、会うことがめっきり減ってしまった……と書きたいんだった。

 そう。

 『モンハンライズ』で遊び始めた3月26日以降は、上記の5名に気まぐれなペーターを加えた6名としか会話をしていない気がする。

 いやもちろん、

 たま~に記事用のスクショが追加で必要になり、早朝以外の時間に『あつ森』を起動することもある。そんなとき、たまたま近くにいたらこのように話し掛け、滅多に会えなくなった住民のガス抜きをすることはできる。

 ちなみに上のスクショは4月15日に撮影したもので、これを以てアポロの中でくすぶっていた“角満に対するフラストレーション”はリセットw しばらく遭遇できない日々が続いても、いつものように言葉を交わすことができるはずだ。

 でも……。

 ヒノコとかぶきちは違う。

 この最古参のふたりとは……い、いったい、いつから会話をしていないんだろう……???(((( ;゚Д゚)))

 それが判明したのが、じつはついさっきのことなんだけど……。

 その続きは……!

 次回は400回記念なので、それが落ち着いたら書こうと思います!!w

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine