TOP 【コロコロ×デュエマ歴史館】綿密な戦略カードが多数登場! 闘魂編第2弾「時空超獣の呪」

【コロコロ×デュエマ歴史館】綿密な戦略カードが多数登場! 闘魂編第2弾「時空超獣の呪」

TwitterFacebookLine

「闘魂編(インビンシブル・ソウル)」第1弾では豪快な「インビンシブル呪文」や「タップ・トリガー」など新たなギミックが導入された。そのため、デュエルの駆け引き、一進一退の長期戦が予見された。

だが、それを短縮する呪文や堅実に攻撃を与えるクリーチャーたちが虎視眈々と第2弾で暗躍する。

そして、「闘魂編(インビンシブル・ソウル)」第2弾「時空超獣の呪 インビンシブル・チャージ」でその全貌が明らかとなった。当時のコロコロコミックはいち早くその情報を入手。2003年「月刊コロコロコミック9月号」で独占公開した。2003年9月25日発売に先駆けて、様々な情報が公開された。

中でも、唱えた後にマナゾーンに送ることができる「チャージャー呪文」、特定の文明のカードが相手のマナゾーンにあればブロックされない「ステルス」能力、劣勢の時に能力を発動するクラッチアタックの登場は新たな風を呼び込んだ。

▲2003年「月刊コロコロコミック9月号」より
▲2003年「月刊コロコロコミック9月号」より
▲2003年「月刊コロコロコミック9月号」より
▲2003年「月刊コロコロコミック10月号」より
▲2003年「月刊コロコロコミック10月号」より
▲2003年「月刊コロコロコミック11月号」より

「闘魂編(インビンシブル・ソウル)」に入り、カードの種類、能力が増え、そのプレイングは第1弾発売の時よりも幅広く、深く、そして複雑化していった。大会でもその戦略の深さから「どんなカード組み合わせがいいのだろうか」と悩むデュエリストもいただろう。

コロコロコミックでは、大会で活躍するデュエル・ジャッカーショーやコロコロ独自のアドバイスを掲載。

▲2003年「月刊コロコロコミック9月号」より
▲2003年「月刊コロコロコミック10月号」より
▲2003年「月刊コロコロコミック11月号」より

思い出のコロコロデュエマ付録!

「闘魂編(インビンシブル・ソウル)」第2弾がテーマのアートボード

▲2003年「月刊コロコロコミック9月号」アートボード付録より

「デュエル・マスターズ」の歴史がポスターに!
「デュエル・マスターズ 超獣神話クロニクルポスター」

▲2003年「月刊コロコロコミック10月号」ポスター付録より

他クリーチャーの「タップ・トリガー能力」を使う《聖騎士サーベルフィーリ》

▲2003年「月刊コロコロコミック10月号」より
▲《聖騎士サーベルフィーリ》

他のクリーチャーが持つ「タップ・トリガー」能力を使うことができる《聖騎士サーベルフィーリ》。まんが『デュエル・マスターズ』でも、不亞幽がグレート・バケツマン戦で使用した。

▲まんが『デュエル・マスターズ』第12巻より

水ステルスを持つ《超巨岩獣ヴォルクラウザー》

▲2003年「月刊コロコロコミック11月号」より
▲《超巨岩獣ヴォルクラウザー》

「闘魂編(インビンシブル・ソウル)」構築済みデッキのカードが一眼でわかる!
「デュエル・マスターズ 4大無敵デッキ公式完全カタログポスター」

▲2003年「月刊コロコロコミック11月号」ポスター付録より

「デュエル・マスターズ」第7弾 思い出のカード

地獄万力
相手のクリーチャーのパワーが合計8000以下で好きな数破壊することができる強力な呪文。パワーが高いクリーチャーを狙うもよし、大量の軽量クリーチャーを殲滅するのにも使える。
飛行男
闇文明のヘドリアン。軽量クリーチャーであり、バトルゾーンから自分の墓地に置かれた時、相手の手札を1枚破壊する能力を持つ。《憤怒の猛将 ダイダロス》との組み合わせなど相手を翻弄するクリーチャーだ。
▲まんが『デュエル・マスターズ』第13巻より

デュエル・マスターズ20周年特設サイト:
https://dm.takaratomy.co.jp/20th/

商品概要
『20周年超感謝メモリアルパック 魂の章 名場面BEST』
■発売:2021年5月22日(土)
■価格:6枚入り 330円(税込)
■公式サイト:http://dm.takaratomy.co.jp/

※掲載されている画像は当時のものです。現在、プレゼントの応募は行っておりません。

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine