TOP 特集&連載 【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「スピンアックスMk.II」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【ニュージェネレーション編】
特集&連載

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「スピンアックスMk.II」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【ニュージェネレーション編】

TwitterFacebookLine

今まで登場した「歴代ミニ四駆」を世代ごとに取り上げていくミニ四駆連載企画! 本記事では、ニュージェネレーション編の「スピンアックスMk.II」を紹介する。

【コロコロオンライン連載企画】
ミニ四駆歴代マシンカタログ!

1982年に生まれ、現在も多くの人々に愛されているタミヤの大人気ホビー『ミニ四駆』

コロコロオンラインでは、ミニ四駆の魅力をたくさんの読者たちにもっと知ってもらうべく、連載企画を開始!

その名も「ミニ四駆歴代マシンカタログ」だ!

これまでに発売されたミニ四駆たちを「黎明期」、「第1次ブーム」、「第2次ブーム」、「ニュージェネレーション」と4つの世代ごとに取り上げていくぞ! マシンの写真はもちろん、過去のコロコロコミック記事も掲載!

■ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

本記事では、2000年以降の展開をまとめたニュージェネレーション編の「スピンアックスmk.II」をお届け!! それではいってみよう!

スピンアックスMk.II

「スピンアックスMk.II」は、2009年7月に「ミニ四駆PRO」シリーズのマシンとして発売。月刊コロコロコミックにて連載されたまんが『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』(こしたてつひろ先生)のキャラクターである三国藤吉のマシンを、こした先生が新たにデザインしたものである。

後期の三国藤吉のマシンといえば「スピンコブラ」、「スピンバイパー」といったハイテクマシンを再現したメッキパーツが特徴的だったが、全体を覆う丸みを帯びたボディ、より鋭くなったコクピット、レッドカラーを加えた稲妻模様など、初代マシンである「スピンアックス」の正当進化ともいえるデザインとなっている。

スペック概要
■全長:152mm
■全幅:92mm
■シャーシ:MSシャーシ

当時のコロコロをピックアップ!!

「スピンアックスMk.II」の発売月である2009年コロコロコミック8月号では、スピンアックスmk.IIをピックアップ! 本マシンに合わせてスペシャルバージョンである「マックスブレイカーCX09 ブラックスペシャル」(現在は販売停止中)も紹介されていた。

▲2009年コロコロコミック8月号より

さらにこの号では、いよいよ開催が迫る「ミニ四駆サマーGP2009」の大会情報も掲載。当時の広告でも「大会に出てみたいけどやり方がよくわからない……」といった読者のために、分かりやすいエントリーの流れが紹介されていた。全国6大会場で行われる本大会に、当時挑戦した読者もいるのではないだろうか?

▲2009年コロコロコミック8月号より
 

 

以上、ニュージェネレーション編のマシンをお届け!

次回は、RCカー・ホットショットなどの改良モデルをもとにした白いミニ四駆マシンをお届けするぞ!

本連載は水曜日更新予定なのでお楽しみに!

■ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

商品概要
「ミニ四駆PROシリーズ スピンアックスMk.II Item No:18631」

 

■発売時期:2009年7月発売
■価格:1000円(本体価格)
・「スピンアックスMk.II」商品詳細ページ
■タミヤ公式サイトはこちら

(C)TAMIYA,INC.ALL RIGHTS RESERVED.

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine

関連記事

【新企画! ミニ四駆歴代マシンカタログ】「バイソンマグナム」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【ニュージェネレーション編】

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ロデオソニック」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【ニュージェネレーション編】

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「トライダガーXX」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【ニュージェネレーション編】