TOP 特集&連載 【原神プレイ日記】角満の『原神』大紀行:第129話 お花集めは、ピクニック気分で
特集&連載

【原神プレイ日記】角満の『原神』大紀行:第129話 お花集めは、ピクニック気分で

TwitterFacebookLine

いよいよ、甘雨ちゃんが……!

 Ver.1.5“塵歌を纏いし扉”が、このゴールデンウィークに合わせるように始まりましたがね。

 新規のイベントも目白押しなので、遅れを取り戻す意味でも、俺もとっととそちらに進出してしまいたい!!

 でも、キャラ育成がまだまだ中途半端なので、ここは心を鬼にして“ジワジワ”、“コツコツ”のアイテム集めを続けようと誓ったのである。

 まずは、ここ1ヵ月ほど精力的にリソースを注ぎ込んでいる↓この娘、

 氷元素の有望株、甘雨の育成をナットクいくところまでやってしまおう。

 でも、ちょっと小さくて見えづらいけど、上のスクショにある通り、4回目の上限突破に必要な素材は残すところ……“清心”16個“微光花の蜜”14個を集めればいいだけ!!!www

 ……って、オイオイ(((( ;゚Д゚))) まだそんなにあんのかよ……(((( ;゚Д゚))) 清心は、場所だけわかれば花を摘むだけなのでいいとしても、微光花の蜜はトリックフラワーを探して、なおかつ倒してドロップを狙わなきゃいけないヤツやろ……((゚Д゚;)) それがまだ14個も必要とか……めちゃくちゃ面倒なんですけど!!!w

 とはいえ、これはやらないとどうにも先に進めないので、俺は一狩り行くのを一時中断し(コラ)、テイワット大陸の人となったのである。

トリックフラワーマラソン

 しかしそれにしても、今日(4月30日ね)の関東地方はいい天気ですわねぇ~……。

 油断していると低気圧による集中豪雨や強風、カミナリもやってくると天気予報が言っていたけど、少なくとも昼下がりのいまは雲もほとんどないピーカンである。

 一応、世間的にはゴールデンウィークの真っただ中。

 俺も室内に閉じこもっていないで外に出て、川沿いのサイクルロードでのんびりとサイクリング……なんてことをやってもいい気がする。

 だってウチの近所、↓こんなに整備されたサイクルロードが何本もあるんですもの。

 しかし……原稿が立て込んでいるので、今年も俺に大型連休というものは存在しない。

 ていうかもう何年も、連休どころか丸1日休んだ記憶すらほとんどないのである。

 俺も休みたいなぁ……と、思わないでもない。

 でも、「今日は仕事しない!! 1日中、寝て過ごすぞ!」なんて決意したとしても、午前9時くらいで早くも、

 「ヒマだな。書きかけの原稿でもやっておくかな」

 となり、

 正午になるころには、

 「よし、午前中で3本書けたぞww 午後はさらにスピードアップして、原稿本数の世界記録を狙ってやるかwww うひw」

 なんてことになるのは目に見えている。

 要するに、俺は“休み下手”なのだ。仕事をしていないと強迫観念に駆られて、ついつい机に向かってしまうのである。

 そんな仕事バカの俺にとって、今回の“お花(清心と微光花の蜜ね)集め”は、なんというか……じつに精神衛生上いいものであったわwww 家にいながらピクニック気分が味わえて、確実にスッキリできたからなw

 ホラ、↓こんな素敵なロケーションの中を駆け抜けていると、ちょっと心が優しくなりませんか?

 花を探しながら迷い込んだ↓ここも、桃源郷のように美しかったし。

 もう、完全に旅行気分。

 「今年は知事の言いつけを守って、ただひたすら家にこもっています!!」

 と決めた人も、ぜひ『原神』を立ち上げてテイワット大陸のアチコチを散策してほしいわ。思いのほか、気持ちが満たされると思うので。

 とはいえ、現地では戦いも待っている。

 微光花の蜜はトリックフラワーがドロップするので、見つけたらあとはひたすら、この花を切り刻む!

 ザクザクザク……!!

 今回は氷元素のトリックフラワーを狙い撃ちして、狩って狩って狩りまくった。

 ボンボンボン!!!

 クレーと刻晴の火力があれば、このレベルのトリックフラワーだったら1、2分ほどで倒すことができる。しかも、微光花の蜜のほかにドロップする“トリックフラワーの蜜”を3つ集めて錬金すれば微光花の蜜にすることができるので、

 素材集めはそれほどたいへんでもなかった。むしろ、立ち回りのリハビリとしてちょうどよかった感じw

 よしよし。

 これで、めんどくせーと思っていた微光花の蜜は集まったぞ。

 あとは、清心だけど……。

 これ、西側の岩山の上とかに生えてるんだよねー!

 ちと、レジャー気分で空を飛んで、清心を集めて参ります!!

 続く!

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine