TOP 特集&連載 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ゆゆしが語るラピッドブラスターの扱い方~3~
特集&連載

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ゆゆしが語るラピッドブラスターの扱い方~3~

TwitterFacebookLine

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×ゆゆし 第3回】

あとばる×ゆゆし対談も今回がラスト!

最後はガチエリアで勝つために意識すべきことと、最新のオススメブキについてふたりに聞いてみたぞ。

ふたりが選ぶ、大会でも人気のいまもっとも熱いブキとは!? さっそく対談スタートだ!

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チーム・よしもとゲーミング カラマリ所属。
OPENREC.tv:https://www.openrec.tv/user/atobaru_ika
ゆゆし
ラピッドブラスターベッチューのナンバーワンプレーヤーとの呼び声も高い実力者。正確なエイム力と完璧な射程管理で、次々と敵を落とすそのプレーはまさに圧巻の一言。相手に詰められたときの対処も抜群で、引き撃ちを巧みに使い、確実にメインの直撃を当てるなど、そのプレーにはまったくスキがない。扱いが難しいとされるラピッドブラスターで、あれだけのパフォーマンスを発揮できるのは驚異的。まさに「最強のラピッドブラスター使い」と呼ぶに相応しいプレーヤーだ。

前に詰めてくる相手をしっかり見る

――ガチエリアで勝つためにはどんなことを意識するとよいと思いますか?

ゆゆし:ガチマッチだとけっこうガンガン詰めてくる人が多いので、そういう手前に詰めてくる敵をいかにうまく処理できるかがポイントかなと思います。ラピッドブラスターベッチューはポジション的にも後ろ寄りで、全体を見渡しやすいブキなので、たとえば味方が手前に来た敵と対面していたら、すぐにそっちに寄ってトーピードを投げてカバーしたりとか。
 とにかく前に出てくる相手を意識して、見るようにしていますね。そこで、うまく相手を落とせば人数差ができて、味方が有利な展開にもっていきやすくもなるので。

 

――ゆゆし選手はガチマッチの中でとくに得意なルールってありますか?

ゆゆし:自分はやっぱりヤグラですかね。ヤグラはブラスターが強いので。

 

――Xパワーもヤグラが一番高い?

ゆゆし:いや、1番高いのはエリアなんですよ。やっぱり対抗戦とかでもエリアをやる機会が多くて、1番経験を積んでいるからだと思うんですけど。

 

――逆に苦手なルールはあります?

ゆゆし:アサリが全然へたっぴで。頑張っても2500~2600とかになっちゃうので。

 

――それ、自分から見たら十分うまいと思える数字なんですが(笑)。でも、ゆゆし選手の中ではアサリだけ、ちょっと落ちる感じなんですね。

ゆゆし:そうですね。他のルールは2700~2800とかいけるんですよ。でも、アサリだけ本当に上がらなくて。アサリは1番最初にカンストしているんですけど、めちゃくちゃ下手で。どうすれば安定して勝てるのかがちょっとわからなくて、もうちょっと諦めていますね(笑)。

 

――あとばる選手も毎月恒例で聞いていますけど、最近は得意なルールはどうですか?

あとばる:やっぱりエリア以外ですね。

 

――先月はエリアが調子いいという話だった思うんですけど、また変わったんですね(笑)。

あとばる:なんだかんだ、ホコとかが楽しいです(笑)。
ゆゆし:エリアって前に出られないルールというか、ヤグラやホコといった他のルールだと敵陣に入るまでガンガン前に出ていけるから、爽快感があって楽しいんですよね。その点、エリアはそういうわけにはいかないので、個人的にはちょっとストレスが溜まるルールだなって思ったりもしますね。

 

――環境的なことも含めて、いまオススメなブキはなんだと思いますか?

ゆゆし:いまだったらシャープマーカーネオかN-ZAP85をオススメしたいですね。

 

――シャープマーカーネオをオススメしたい理由はどんなところにあるんですか?

ゆゆし:シャープマーカーネオはいま流行っているブキのひとつで、サブのクイックボムが強いのと、メインも疑似確があったりして単純に対面性能が高い。あと、インクアーマーに対してボムピッチャーで返せるという部分もあるので、総合的に優秀なんですよね。N-ZAP85はもちろん安定して強いんですけど、シャープマーカーネオも最近すごく熱いブキですね。
あとばる:ここ半年くらいネオが熱いですよね。塗れるローラーとかブラスターみたいな動きができる。クイックボムで前線のサポートもできて、ボムピッチャーで塗りもできるのでバランスがすごくいいブキ。

 

――シャープマーカーネオは一時期そんなに見なくなったと思うんですけど、また熱い感じなんですね。

ゆゆし:そうですね。大会でもN-ZAP85とシャープマーカーネオの並びは、けっこう多いですね。
あとばる:その2枚が並んだら、あとは後衛と中衛を1枚ずつ入れてという感じで。N-ZAP85とシャープマーカーネオで塗りの面は完全に補えているので、それこそリッターとかラピッドブラスターといった塗りが弱めのブキを入れても全然大丈夫。

▲シャープマーカーネオは距離によって与えるダメージが変化するが、たとえばメイン性能アップを3.4積むと、この位置から99.9ダメージが出て疑似3確にできる。

 

――この2枚がいれば塗り面では安心できるってことですよね。インクアーマーもあって、ボムラッシュもあって、と。

あとばる:ゆゆしさん、この編成でエリア杯(定期的にオンラインで開催されている非公式の大会)を優勝しましたもんね。
ゆゆし:そうですね。

 

――やっぱり、この辺がいてくれるとラピッドブラスターとしてはかなり動きやすい?

ゆゆし:そうですね。塗りが強いとやっぱり安心して動けるので。

 

――最後にあとばる選手からこの機会にゆゆし選手に聞いてみたいことはありますか?

あとばる:近距離直撃のコツは、やっぱりひたすらやって慣れるしかないんですかね。
ゆゆし:そうですね。近距離はけっこう気合いな部分があるので……。
あとばる:エイム力でゴリ押しするしかない?
ゆゆし:そうですね。「こうしたらうまくなれる」って方法があったら自分もやってみたいんですけどね。
あとばる:ある程度、トーピードで誘導のようなことはするんですか? 本当に反射神経の世界?
ゆゆし:トーピードを投げたときは、けっこう相手が棒立ちになっていることが多いので、うまく使えば直撃も当てやすいような気もするけど……うーん、どうだろう。ちょっとわかんないですね。ごめんなさい。
あとばる:やっぱり感覚的な部分が大きいんでしょうね。最近、うちのチームのくろすがラピッドブラスターの直撃で伸び悩んでいたみたいで、いい方法があれば横流しできるかなと思ったんですけど、結局プレー時間がモノを言う段階なのかもしれないですね。

 

――『スプラトゥーン3』も発表されました。ゆゆし選手も当然、かなり期待している?

ゆゆし:めちゃめちゃしていますね。ただ、『2』もすごく好きなので、『3』が発売されたら『2』はみんなやらなくなっちゃうのかなと考えると、ちょっと悲しい気持ちもあって。

 

――個人的に『3』ではどんなことに期待したいですか?

ゆゆし:『2』のラピッドブラスターは環境的に1番強いブキってわけじゃないけど、常に「ちょっと強いブキ」くらいの位置にいて、そのおかげでずっとラピッドブラスターを持てていたところがあったので、3』でもちょっとだけ強い感じでラピッドブラスターを調整してくれると嬉しいなと(笑)。

 

――ゲーム性に関しては、『2』と同じように『3』もチームプレー重視の方向性を期待しますか? 『1』はけっこう個人技のゲームでしたけど。

ゆゆし:自分はやっぱり『2』に寄せてもらえると嬉しいですね。チームプレー重視の方が、大会とかを見ていても面白いので。
あとばる:チームプレー重視の方がゲームとして面白いし、やっぱり競技として盛り上がっているのは『2』なんですよね。そう考えると、チームプレー重視の方がいいなとは思うんですけど、個人的には『1』のような個人技でどうにかできちゃうタイプも好きなので、結論としてはどっちが来ても僕は嬉しいですね(笑)。

【今回のまとめ】
・相手に詰められたときはトーピードを真下に投げて、足場をつくれ!
・トーピードを転がしたあと、すばやく敵にエイムを合わせる練習をしよう!

 

次回は新たなプレーヤーが対談に登場! いったい誰が来てくれるのかお楽しみに!

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は5/11(火)更新!!

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine