TOP 特集&連載 【大塚角満のゲームを語る】第66回 『ミートピア(Miitopia)』の体験版、いろんな意味でスゴかった!
特集&連載

【大塚角満のゲームを語る】第66回 『ミートピア(Miitopia)』の体験版、いろんな意味でスゴかった!

TwitterFacebookLine

これ……楽しいな!!w

 いま、盛んにテレビCMが放映されているNintendo Switch用の超期待作『ミートピア(Miitopia)』

 任天堂から5月21日に発売されるRPGだけど、現在、同ソフトの体験版がニンテンドーeショップで配信されている(※これを書いているの、5月9日です)。

 セーブデータを製品版に引き継げる体験版ということもあって、購入を予定している人はこぞってダウンロードしているのではなかろうか。

 かくいう俺も、そのひとり。

 というのも、そもそも『ミートピア』ってニンテンドー3DSで出ていた『Miitopia』(2016年12月発売)に新要素を追加した作品なんだけど、コレが出た当時、俺は妙に仕事が忙しくて、

 「『Miitopia』っての、めちゃくちゃ遊びたいけど……いま手を付けたら、仕事のスケジュールが崩壊する(((( ;゚Д゚)))

 ということで、泣く泣くスルーせざるを得なかった過去があるのだ。

 そんな、すれ違いになってしまったゲームがNintendo Switch用ソフトとして復活するとなれば……これはもう、万難を排してでも遊ぶしかないでしょう!!ww

 というわけでさっそく、『ミートピア』の体験版を遊びまくっております。

配役がおもしろすぎる!

 前述の通り、俺が『ミートピア』をプレイするのはコレが初めてなので、3DS版をやり込んだ人はどうか温かい目で読み進めてほしい^^; 完全に、イチから遊ぶ人のリポートになるのでねw

 そもそも『ミートピア』とはどんなゲームなのか?

 ここは公式サイトの説明がわかりやすいので、ちょっと引用させてもらおう。

 ↓こんな内容であります。

 “舞台は剣と魔法のファンタジーの世界。そして、この世界の登場人物を決めるのは、あなた自身です。

 主人公はあなた、恐怖の大魔王はお母さん、旅をする仲間は……大好きなあの人に。

 そんな、あなたの想像が形になったゲーム『ミートピア』。

 この世界で、あなたはどんな旅をしますか?”

 そして、↓こう続く。

 “『ミートピア』の物語は、あなたが設定したMiiが登場人物となってつむがれていきます。

 自分のまわりの家族や友だちと? それとも、大好きなあの人と?

 あなたは誰といっしょに、世界を救う旅に出ますか。”

 要するに、RPGの物語とシステムが“箱”として用意されていて、そこに出てくる登場人物(主人公、パーティーの仲間、敵の魔王などなど)を、自分が作った“Mii”に“配役する”ことができる……ってこと。

 気の置けない友だちや同僚、家族、はたまたソリの合わない近所の人なんかをRPGに登場させて、会話をしたり、仲良くなったりしながらファンタジー世界を冒険するという内容になっている。

 もう、この概要を読んだだけで……辛抱たまらなくなってくるなあ!!ww 絶対に楽しくなるゲームじゃん!!!ww

 というわけで、さっそく体験版を起動してみました。

 まずは、何を置いても主人公を作らねばならない。

 そしてそれは、“大塚角満”という物語の主人公でもある俺自身でなくてはならない(何言ってんだ)。

 ちなみに、俺はこう見えてMiiの制作には定評がある。

 数年前、仲間内の忘年会でMiiを使った企画をやることになり、数十人分のソックリなMiiを作って感動されたくらいだからな。そういう意味でも、『ミートピア』は打ってつけのタイトルと言えるのだ。

 そんなこんなで作られた、“戦士・かどまん”が↓こちらw

 やばwww 我ながら、クリソツwww

 この、俺に激似のかどまん君の目的は、現れた大魔王によって“顔”を奪われてしまった人々を助けること。奪われた顔はモンスターに貼り付けられてしまっているので、それらを倒して解放してあげる……というわけだ。

 もちろん、大魔王という大役も作成したMiiを配役することができる。

 でも……ここから、本人の許可も取らずに勝手に作成したMiiを割り振っているので、苦情が入った瞬間に悪役が正義の味方役に変わるかもしれんけど(苦笑)。

 ちなみに、大魔王は↓このようになった。

 超仲のいいお友だちなので、笑って許してくれるだろう^^;

 この、山本さん……じゃなかった大魔王が派兵するモンスターと戦っていくわけだけど、まもなく多勢に無勢でピンチに陥ってしまう。

 そんなとき、ひとりめのパーティーメンバーとして現れたのが↓こちら。

 俺の『あつ森』日記などでおなじみ、たっちー先生であるwww これまた、Miiがソックリでワラウwww

 しばらく、このふたりで冒険だ。

 パーティーメンバーには“仲良し度”のようなパラメーターが存在して、共有する時間が増えるにつれて、好感度に則した新しい技なんかをバンバン覚えていく。

 この、戦闘中のやり取りはもちろんなんだけど、移動中にキャラどうしが会話をしているのを見ているだけで、「ぷっwww」と噴き出したりしてしまうわww

 じつにほのぼのとしてウィットに富んだやり取り、いかにも任天堂って感じでツボに刺さりまくるよww このセンス、本当に大好きだわww

 パーティーメンバーは続々と集まって来るので、そのたびに知り合いや有名人のMiiを作成して配役するのも楽しすぎる。

 僧侶の“めぐろ”に、

 もうひとり、女性メンバーが欲しかったのでナゼか“がっきー”

 さらに、要所で助けに来てくれる正義の味方、大賢者には、

 仲良しのゲームクリエイターさんを勝手に配したw これまた似すぎwww

 もちろん、Mii作りだけでなく、RPGとしてもしっかりとポイントを押さえて作られているので安心して楽しむことができる。このへんも、“さすが任天堂!”なのだ。

 というわけで『ミートピア』、想像以上におもしろかった!!w

 5月21日の発売日に製品版に移行して、遊びまくろうと思います!

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine