TOP 特集&連載 【原神プレイ日記】角満の『原神』大紀行:第136話 甘雨、大活躍! クレーの聖遺物を収集せよ!(2)
特集&連載

【原神プレイ日記】角満の『原神』大紀行:第136話 甘雨、大活躍! クレーの聖遺物を収集せよ!(2)

TwitterFacebookLine

聖遺物集め、ひと段落!

 ★5の炎元素娘・クレーの“強化月間”がスタートしている。

 前回の記事で書いた通り、まず俺がターゲットにしたのが、彼女にピッタリの聖遺物“燃え盛る炎の魔女”シリーズを集めることだ。

 前回の報告では、恐るべき物欲センサーの壁を乗り越えて2個目の聖遺物をゲットしたところまで書いた。

 本日はその続きとなるのだが……ぶっちゃけ、同じことをひッッッッッたすらくり返していただけなので、取り立てて書くようなこともないんだよな(身も蓋もないけどw)。

 そのフローチャートは、

(1)秘境“無妄引責密宮”に入る
(2)Lv.69の“寒霜II”を選択
(3)出てきた魔物を蹴散らす
(4)アイテム抽選
(5)(1)に戻ってくり返し

 こんな感じ。

 おそらく、これから他のキャラに聖遺物をあてがってやるというときも、これと同じようなことをやるんだろうなぁ~……と考えている。

 このくり返しのバトルを、“作業”と取るか“挑戦”と取るかで、ゲームに対するモチベーションがかなり違ってくると思う。

 俺は昔から、RPGのレベル上げとか、ローグ系のゲームで死とリスタートをくり返すシステムも苦にならない……というか、ぶっちゃけ大好きなので、『原神』における“秘境詣で”も大歓迎であった。

 とくに、いまは甘雨が育ってくれたこともあって、無妄引責密宮のLv.69程度だったら問題なく無双できるので、

 「むしろ、もっとやらせてくれ!!!ww」

 というスタンスww これが、ギリギリ、クリアーできるかどうかわからない……なんてダンジョンだったら話は違っていたと思うけど、クレーの聖遺物集めについては楽しくて仕方がなかったわw

 そして、甘雨を始めとした仲間の活躍もあり、

 燃え盛る炎の魔女シリーズの収集は順調を極める。

 まもなく、3つ目をゲット……!

 たまに……というかわりと頻繁に、

 「出ッ……てないわ^^; コレ、紛らわしいんだよな^^;」

 と俺を惑わすソックリさん的な聖遺物が出ることがあったが、それにもめげずにくり返し秘境に潜った。

 すると……!!!

 その努力の甲斐もあって、ついに……!!!

 「あ!!! この“魔女の破滅の時”こそ……!!!」

 4つ目の聖遺物、やっと落ちたぁぁぁぁあああ!!!www

 これにて、クレーの聖遺物収集、終了~~~!!ww

 ボスからのドロップ待ちだった甘雨のときと比べたら、ぜんぜん楽に集まったなぁ~~~!!!www

 さあこれでまたひとつ、歯車のひとつが「カチッ!」とハマったぞ。

 確実にクレーの火力が増したことにより、まだまだたくさん狩らなければいけない急凍樹を、

 いままで以上に素早く、圧倒的な強さで葬り去ることができるようになった!!

 これで、甘雨のつぎの上限突破に必要な“極寒のコア”集めがいままで以上にラクチンに。

 そして甘雨がより強くなれば、今度はクレーの上限突破に必要な素材を持つ爆炎樹狩りも、ますます楽になることだろう。

 そう、ここにきてようやく、我が角満アーミーズの立ち回りが噛み合ってきたのだ。この、ステキなエコサイクルを維持しながら、刻晴などの有力キャラもじょじょに育てていきたいと思う。

 続く!

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine