TOP 特集&連載 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第421回 流星が降った夜に
特集&連載

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第421回 流星が降った夜に

TwitterFacebookLine

流星群の発生頻度は?

 その日--。

 朝のしずえの島内放送は、3日ぶり4回目の靴下紛失事件報告……ではなく、

 思いがけず、↓こんなうれしいアナウンスでありました!

 おおおおお! 流星群が来るのかー!!

 流星群は、『あつ森』におけるもっとも神秘的かつレアな天体ショーで、発生頻度は……俺の感覚だと2ヵ月に1回くらいだと思っていたんだけど、いま直近の流星群発生状況を調べたところ、

・2020年12月:12月15日
・2021年1月:なし
・2021年2月:2月14日
・2021年3月:3月26日
・2021年4月:4月2日
・2021年5月:5月6日

 ↑こんな感じで、ほぼ1ヵ月に1回はピュンピュンと流れ星が落ちている。

 これは意外だった。

 流れ星に祈りを捧げることで現れる激レア素材“ほしのかけら”たちも、1ヵ月に1回は拾えるとなると……レアリティー的にはSSRから、SRくらいに格下げになった感じ^^;

 これで、あつ森世界におけるSSRな素材は、

 各種“星座のかけら”と、

 プレイ開始から丸1年以上経っても、いまだMAXで17個しかストックがない“きんこうせき”くらいだな!!ww ていうか俺、なんでこんなにきんこうせき持ってねぇのぉぉぉおおお!!??((゚Д゚;))

 これ、きんこうせきに関しては近日中にも、しっかりとカタをつけないとアカンな。

 ナゼ、これしか持っていないのか??

 はたして本当に、きんこうせきは希少品なのか!?

 そのへんのことを、突っ込んで調べてみたいと思う。

 でも今回は、流星群なのだ。

 しっかりと夜もログインし、つぎつぎと降り注ぐ流れ星に願いを捧げないとな!!

 あまりにも気合が入っていたため、若干フライング気味に夕方6時過ぎにルナステラ島へw

 夜の好天を約束するような、夕焼けが美しかったですw

 そしてまもなく太陽は地平線に沈み、待ちに待っていた夜がやってきた。

 さっそく、広場の近くで空を見上げると……!

 いきなり星が落ちたぁぁぁあああ!!!ww 流星群の斥候きたぁぁぁああ!!www

 見れば、流星群の訪れを楽しみにしていたのは俺だけじゃないらしく、広場付近にたくさんのどうぶつたちが。

 しかも、夜真っただ中(ヘンな言い方だなw)ということもあり、早朝ログインではほとんど出会うことがない、夜型の住民にもきっちりとあいさつすることができたよ。

 今回は流星群がきっかけだけど、たまにはこうやって夜の島に訪れるのもいいもんだな。なかなか会えないどうぶつたちのガス抜きもできるし、新たなネタも拾えそうだしww

 でも。

 流星群の日のお楽しみである、超レア訪問者・フーコの姿が見えない。ぶっちゃけ、流れ星を見るよりも、フーコに会うことのほうが重要なイベントなのにな……。

 というのも、フーコは話し掛けると毎回、ほしのかけらを使った超貴重なレシピをプレゼントしてくれる。せっかくカケラを集めても、それを使用するレシピを持っていないと宝の持ち腐れになるので、

 「何を置いても、まずはフーコ! 流れ星はそれからだ!!」

 が、ベテランあつ森プレイヤーの共通の合言葉になっているのである(ウソつけ)。

 でも、今日は……。

 いないなぁ……。

 フーコは意外と行動範囲が広く、フラフラとあちこち彷徨っているので、かなり手広く探してみたんだけど……。もしかしたら、今回は来てないのかな。

 「うーん、でもなぁ。おっかしいなあ」

 首をかしげながら、島の西側にある高台付近にやってきた。

 ここは、坂の設置数が上限に達してしまったため、やむを得ずはしごを使わないと登れない“ルナステラ島のチョモランマ”とも言うべき前人未踏の(俺は登っているけどw)高台がある。

 その頂上には花を植えてあるだけなので、俺も滅多なことでは近寄らないんだけど、なんだか……虫の知らせを感じて、フラフラとその場所に行ってみたのである。

 そ、そしたらだな……((゚Д゚;))

 クライマ~~~ん……ww

 ……って、どうやってそこに登ったんだよフーコ!!!?(愕然)

 ちょっとww 前人未踏の最高峰で、フクロウがヨチヨチと歩いているんですけどwww

 フーコも一応トリだから、バッサバッサと飛んでそこに行ったのか??ww でもそれだと、トリ系の住民はみ~んな高台に登れることになるけど、過去にそんなことをやったヤツは……w

 大いに疑問を感じつつ、俺はキチンとはしごを使って最高峰に登頂w

 ……うん、やっぱりどこにも抜け道はないし、フーコのはしごも見当たらないぞ。マジで、どうやってここに登ったんだこのフクロウは……。

 そんなフーコにご挨拶しつつ、

 “星にもっとも近い場所”から、ふたりで流れ星に願いごと。

 まあこれはこれで、希少な体験ができました^^;

 続く!

1年前の今日は?

 せっかく丸1年、1日たりとも欠かさずにプレイしているので新企画“1年前の今日は?”と題して、“昨年の今日のスクショ”を1枚掲載していこうと思います!

 ちょうど1年前、2020年5月14日の様子は↓こちらです。

 リュウグウノツカイを釣ってご満悦w この魚、5月が終わるとしばらく釣れなくなるので、まだ図鑑が埋まっていない人は急いでね!

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine