TOP ニュース 『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』発売直前レビュー! アクションゲームのお手本のような手触り感がたまらない!
ニュース

『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』発売直前レビュー! アクションゲームのお手本のような手触り感がたまらない!

TwitterFacebookLine

約束された名作!

 2021年6月11日にソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)から発売予定のプレイステーション5用アクションアドベンチャーゲーム、『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』の製品版を発売前にプレイする機会に恵まれたので、その所感を綴りたいと思う。

 ちなみに、筆者は25年以上にわたってゲーム記者をしているが、プレイステーション用のアクション大作として名高い『ラチェット&クランク』シリーズを遊ぶのは……今回で2回目だと思う。しかも1回目はシリーズ1作目だったので、これはもう……初見プレイと変わらないな! でも、聞くところによると、

 「シリーズに初めて触れる人も、なんら問題なくゲームの世界に入っていけます!!」

 とのことなので、安心して触らせてもらうことにした。

 で、数日にわたって遊んだ筆者の感想をひと言で表すなら、ズバリ……!!

 「これは、アクションアドベンチャーのお手本みたいなゲームだな!!!」

 というものです!

ポップアクションの最高峰!

 参考までに書いておくと、『ラチェット&クランク』が初めて登場したのは、いまから19年も前の2002年のこと。プレイステーション2用ソフトとして発売され、当時からハイレベルなアクションゲームとして話題となり、世界中でヒットしたのである。

 開発を担当しているのは、アメリカのインソムニアックゲームス。あの超絶クオリティーで知られるプレイステーション4、プレイステーション5用ソフト『Marvel’s Spider-Man』シリーズを手掛けている開発会社だ……と聞けば、

 「なるほど!! だったら『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』の出来がいいのは約束されたようなものだな!!」

 と思う人も出てくるかもしれない。そしてその予想は、バッチリと当たっているので安心してもらっていいわ。

 ゲームの背景を簡単に説明すると、シリーズの主人公であるラチェットとクランクが過去の活躍を認められて表彰されることになり、“メガロポリス”で大規模な表彰イベントが行われる。

 冒頭でそのシーンが展開するんだけど、

 画面いっぱいに広がる超絶美しい映像を見ただけで、

 「ああ……! 起動してよかった……!!」

 って思わせられること請け合いです。それくらい、『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』の映像は圧倒的なのだ。

 しかし、なんやかんやあって式典はメチャクチャになり、仇敵であるネファリウスに他次元への移動が可能になる装置“ディメンジョネイター”を奪われたことで、一気に物語が動き出す。

 離れ離れになったラチェットとクランク。彼らは問題を解決するために、次元を行ったり来たりしながらの大冒険を始めるのだ。

 そしてここから、ゲームのタイトルにもある“パラレル・トラブル”に突入しての冒険活劇がスタートする。

 舞台となるのは、パラレルワールド。つまり、同じ場所でも次元が違えば、大発展したメガロポリスだったところが悪の支配する“ネファリウスシティ”だったりする。

 そんな、ドタバタでゴチャゴチャの世界観の中で、プレイヤーはラチェットと、同じロンバックス族のもうひとりの主人公“リベット”を操って冒険をする。

 冒頭で書いた通り、『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』のアクションは、多種多彩にして軽妙洒脱。ただ単にワチャワチャとしているだけではなく、ひとつひとつのアクションの手触りが抜群で、非常にあか抜けているのである。

 “ガラメカ”という、シリーズではおなじみの武器を任意に切り替えながら敵と戦うんだけど、かなり複雑な操作をしているはずなのにそんな感じがまったくしない。

 これは、キーのアサイン方法が考え抜かれていることに加え、プレイステーション5のDualSenseコントローラーの機能を巧みに使いこなしていることも大きいと思う。たとえば、トリガーボタンの押し加減で照準と発射が切り替わったり、オーディオ機能が活かされていたり……! このへんはさすが、SIEのファーストパーティーってところか。

 加えて、初見時に、

 「……ん?? いま、何が起こった???」

 と目を疑ってしまった“リフトテザー”というアクション。

 このゲームのテーマのひとつが“次元を行き来すること”と書いたけど、次元の裂け目はステージ中にもたびたび出てきて、なんとそこにロープを投げることで一瞬で裂け目の先に移動することができるのだ。

 これ、文字でスゴさを説明することがメチャクチャ困難なんだけど、ロープを投げたその瞬間に目の前の景色がパッと切り替わる感覚というか……w

 この、他のゲームでは見たことのない移動方法が実現できたのは、プレイステーション5の高速SSDによる圧倒的な読み込み速度によるのだろう。インソムニアックゲームスの技術とプレイステーション5のポテンシャルがあったからこそ、この次元の違う手触り感を実現している『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』を作ることができたんだろうなぁ……と妙に納得してしまったわ。

 くり返しになるが、『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』のアクションはスゴい。

 月並みな表現になるが、現時点で考えうる、ポップなアクションゲームの最高峰って気がするわ。

 そのくせ、ラチェットとリベットを巡る物語や映画的な演出など、アクション以外の見どころも目白押し。

 高品質なアニメ映画の中に手を突っ込んで、自分の好きなように動かしているかのような錯覚すら覚える。

 こんな、ケタ違いのクオリティーを誇る作品を遊べる幸せを噛みしめながら、最後までプレイしてみようと思いました。

作品概要

ラチェット&クランク パラレル・トラブル

■ジャンル:アクション

■対応機種:PlayStation®5

■発売予定日:2021 年 6 月 11 日(金)

■スタンダードエディション価格

・パッケージ版希望小売価格:8,690円(税込)

・ダウンロード販売価格:8,690円(税込)

■デジタルデラックスエディション価格:9,790 円(税込)

■CERO:B (12 歳以上対象)

■公式サイト:https://www.playstation.com/ja-jp/games/ratchet-and-clank-rift-apart/

©2021 Sony Interactive Entertainment LLC. Created and developed by Insomniac Games, Inc.

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine