TOP 特集&連載 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる× shouが語るN-ZAP85で勝つための 立ち回り術~4~
特集&連載

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる× shouが語るN-ZAP85で勝つための 立ち回り術~4~

TwitterFacebookLine

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる× shou 第4回】

あとばる×shou選手による対談の最終回!

最後はインクアーマーの使いどころや、プレーヤーのタイプについてふたりに語ってもらったぞ。

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チーム・よしもとゲーミング カラマリ所属。
Twitter:https://twitter.com/Atobaru_ika
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UChczP5QLI27iCB-pEfz2eYA
OPENREC.tv:https://www.openrec.tv/user/atobaru_ika
shou
昨年、ハイレベルなメンバーが集まるエリア杯で脅威の5連覇を達成するなど、「いまもっともガチエリアが強いZAP使い」と言っても過言ではない超実力者。そのミスのない安定した立ち回りと、状況に応じた的確な判断力は、ZAP使いのお手本といえるもの。また、不利な局面でも生き残って相手を返り討ちにするなど、キャラコントロールと対面力も非常に高いスキルを持ったプレーヤーだ。
Twitter:https://twitter.com/shou_again
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCpBGO_t8fZtaN98UPrRFsnQ
OPENREC.tv:https://www.openrec.tv/user/shou_again

ハイパープレッサーに対してインクアーマーを使うのはもったいない!?

――N-ZAP85で有利・不利だと思うルールはありますか?

shou:全ルール強いとは思うんですけど、アサリだけはいまひとつかなという感覚はあります。単に自分が苦手ってのもあるんですけど、アサリは自分も前に出なきゃいけないので、タイミングが合わないとインクアーマーが無駄になって相手に押し込まれることがけっこう多いんですよ。

 

――あとばる選手からshou選手に聞いてみたいことはありますか?

あとばる:対抗戦におけるN-ZAP85で一番大事なことはやられないことですよね。
shou:それに限りますね。個人的に前に出るZAPはいらないと思っていて、前に出るなら別にZAPじゃなくていいので。自分からアクションを仕掛けて相打ちとかになったら最悪ですからね。
あとばる:相手にハイパープレッサーがいる場合、インクアーマーのタイミングって相手のハイパープレッサーに合わせます?
shou:状況によりますね。たとえば、こちらが打開のタイミングでわりと塗り状況が整っていたら、吐かずに温存することが多いです。結局、こちらのインクアーマーを吐かるためにハイパープレッサーを撃ってきていたりするので、そこで吐いちゃうとこちらの打開でのスペシャルがひとつ減ってしまって、もったいないなと感じちゃうので。
あとばる:確かに吐かされている感はありますよね。
shou:相手の手のひらの上で踊らされているみたいな。あとばるさんもインクアーマーのブキを使っているので、きっと同じ感覚だと思うんですけど、できればハイパープレッサーでインクアーマーは使いたくないですよね。
あとばる:そうですね。ここで吐きたくないけど、味方が落ちちゃったら元も子もないからなと思いながらやることが多いですね。

▲ハイパープレッサーに対してインクアーマーで対抗するというのはセオリーのひとつだが、それも状況によりけりだ。

 

――インクアーマーを持っている側からすると、ハイパープレッサーにはできるだけ使いたくないんですね。

shou:そうですね。こっちが詰めるときにインクアーマーがないと簡単に返されちゃうので。だから、味方にはハイパープレッサーが来た瞬間にリスポーンに帰って欲しいんですよ。そこでインクアーマーを温存できれば、そのあとの打開にもスムーズにつなげやすいんですけど、吐いちゃうとまた溜めるための時間が必要になるので。
あとばる:やっぱり、うまい人はインクアーマーを吐かせるためにあえてハイパープレッサーを吐く場合があるので、そこで条件反射でインクアーマー返しちゃうと、相手の思う壺になるんですよね。
shou:それを理解しているプレーヤーってけっこう少ない気がしますね。
あとばる:まあ、ハイパープレッサーにインクアーマーを合わせるのも決して間違いではないんですけど、効率とかを考えていくとその辺は詰めた方がいいかなとは思いますね。

 

――スペシャルは奥が深いんですね。

shou:そうですね。『2』はスペシャルをどう使いこなすかが非常に重要だと思います。『1』はどちらかといえば「対面力ゲー」だったんで、なかなか新参者が勝てる環境になかったんですけど、2』はスペシャルさえ理解すればわりと誰でも上にいくチャンスがあるかなという。
 実際、『2』の方が新しいプレーヤーがどんどん出てきていると思うんですよね。なので、いま強いと言われている人は、スペシャルを理解した人か、もしくは対面お化けのどちらかかなと。

 

――あとばる選手は「対面お化け」のタイプですよね?

shou:そうですね。
あとばる:ははは。
shou:それプラス、理にかなっている考えを持っているので、相当な“化けの物”ですね。
あとばる:嬉しいです(笑)。

 

――実際、あとばる選手はかなり考えてプレーしてますよね。

あとばる:試合が終わったあとの反省会みたいな場面ではけっこう考えたりはするんですけど、プレー中はけっこう感覚でやっていますね。やっぱり、プレー中は瞬間的な判断や対応が必要で、そのためにはあんまりあれこれ考えない方がいいと思っていて。ただ、そのときにできるだけ瞬時に最適解を導けるように、プレーしていないときにたくさん考えておくという感じですね。

 

――あらかじめ考えておことで、プレーの中でも自然とその考えを実行できるようになるわけですね。

あとばる:そうですね。
shou:チームに考えられる人が1人は欲しいですね。それにプラスして、対面お化けがいるとチームとして強いかなと思います。そういう対面お化けのプレーヤーって、理屈よりもセンスでどうにかしちゃうタイプが多いんですけど、だからこそ試合の流れをガラッと変えてくれるプレーをしてくれやすいんですよね。
 ひとりで勝手に試合を決めているときもあるし。たぶん、カラマリだったらぴょんさんがその位置なんじゃないかなと思うんですけど。
あとばる:うん。ぴょんは完全にそのタイプですね。下手に指示するよりも、好きにやらせた方が強かったりするし。
shou:確かに。前にぴょんさんと一緒のチームでやったときも、そこまで細かい指示をせず自由にやってもらった方が強かった印象があります。
あとばる:ぴょんは本当に化け物ですからね。味方でやっていて「えー!」って言っちうようなプレーとかしてくれますし。

 

――「普通だったらそこはキル取れないでしょ」とか「その動きできないでしょ」とか、理詰めでいくとできないことを通しちゃうみたいな?

あとばる:そうです。それが一番の強みですね。
shou:爆発する回数がめちゃくちゃ多い上に、爆発力もハンパなくでかいみたいな。理解度の高い人と爆発力タイプが揃っているチームはやっぱり勝ちやすいんですよね。
あとばる:それがガチマッチで勝てる動きではあると思うんですよね。自分を爆発させるのが得意な人ほど、Xパワーも高い。

 

 

――爆発を維持したまま連勝してXパワーをどんどん上げていくみたいな。

あとばる:それができる人がXパワー3000にいけるのかなと。僕はそんなに爆発するタイプじゃないので……。
shou:僕的には、あとばるさんは爆発タイプだと思ってるんですけど(笑)。
あとばる:なにも考えていないときはそうですけど、考え始めちゃうとドツボにハマっちゃうので。
shou:そこは自分も同じタイプかもしれないですね。本来なら行くべきタイミングでも、「ここで自分が行ってやられたら、デメリットが大きいな」となって、詰められないみたいなパターンがけっこうあって。
あとばる:実際は、そこが爆発させなきゃいけないタイミングだったりするんですよね。
shou:Xパワー3000いっているプレーヤーはそれができるんですけど、自分はそういうときだけ理性が勝ってなかなか動けない。
あとばる:チーム戦だとそれが正しいんだと思うんですけど、ガチマッチはそこでリスク関係なく行くことも必要になってきますね。

 

――最後にふたりは今後ちょっとこれも使ってみようかなとか思っているブキはありますか?

shou:ガチマッチだったら.52ガロンですかね。単純にブキパワーが高いんですよね。塗りが弱いんですけど、弱い中では塗れる方ですし、ナイスダマもあってで自分を守れたりとか、わりとなんでもできるタイプなのでちょっと持ちたいかなというのはありますね。

 

 

あとばる:ガチマッチだと最近は、クイックリンとソイチューバーをちょっと持ったりしてましたね。
shou:クイックリン楽しいですよね。
あとばる:この辺のブキは楽しさが勝つんですよね。ほとんど使ってこなかったので新鮮だし、爽快感があるし。でも持つのは基本的に気分転換のときですね。H3リールガンに疲れてきたら、このあたりのブキでリフレッシュするみたいな感じです(笑)。

 

【今回のまとめ】
・より上を目指すならインクアーマーの使いどころも考えよう!
・ガチマッチでXパワーを上げていくには爆発力が必要!

 

次回は新たなプレーヤーが対談に登場! いったい誰が来てくれるのかお楽しみに!

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は6/22(火)更新!!

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine