TOP 特集&連載 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第454回 放置島-島を3ヵ月ほったらかしたらどうなるのか?-(3)
特集&連載

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第454回 放置島-島を3ヵ月ほったらかしたらどうなるのか?-(3)

TwitterFacebookLine

神出鬼没のスピードスター

 同僚のたっちー先生が『あつ森』の島を3ヵ月にわたって放置し、人類に忘れ去られた“ロストワールド”にしてしまったお話を綴っている。

 前回は“放置した者にだけもたらされる福音”、寝ぐせヘアーのことを書いた。

 今回はいよいよロストワールドの最終回、放置したことにより発生する“あいつ”のことと、ほったらかしにされた住民たちの反応を見ていきたいと思う。

 まずは……『どうぶつの森』シリーズの“伝統的闖入者”であり、一定期間放置しないと絶対に会うことができない“あの虫”について記しておきたい!!

 寝ぐせヘアーを確認したのち、自宅に戻ってみると……!!

 ……おわかりいただけただろうか??

 部屋の中を見るなり、思いっきり衝撃を受けているたっちー先生のアバター。パッと見、和のイメージで統一された「さすが!!」と言いたくなる部屋の様子しか写っていないけど……じつは、この中に“いる”のだよ!!

 その一瞬後のスクショには……↓このようにハッキリと!!!

 !!!!!!!

 いまにも、

 「カサカサカサカサカサ! カサカサカサカサカサカサカサカサ!!」

 という、鼓膜をくすぐられるような耳障りな足音が聞こえてきそう(((( ;゚Д゚)))

 リアル世界でも、気温が上がるにつれて出現の可能性が激増してくる、黒くて茶色くて思いのほかデカい(おえっ)、人類にケンカを売っているとしか思えない神出鬼没のスピードスター、その名も……!!

 「ゴゴゴ、ゴキブリ出たぁぁぁああああ!!!!!((゚Д゚;))」

 嗚呼……。なんて恐ろしい……((゚Д゚;))

 ゲームにログインしない日数が増えると自然発生してしまう、小さいけど十分デカい虫界のレジスタンス……。しかも、1匹潰したところで安心はできず、家具を動かすと、

 「カサカサカサカサカサ! カサカサカサカサカサカサカサカサ!!」

 と、飛び出してくるというね……。

 そう考えるとたっちー先生のアバターは、3ヵ月ものあいだゴキブリが大量発生した部屋にこもって惰眠を貪っていたことになり、ヘタしたら口や鼻の中にも侵入を許して、2、3匹は余裕で食っちまっているのでは(おぇぇ)。

 まあでも、ここまでしないとゴキブリは会うことができない虫なので(会わなくていいけど)、“虫の完全コンプ”を目指す人はしばらく島を放置するしかないかもw ま、ゴキブリを見たところで図鑑的には関係ないんだけどねw

住民たちの反応は

 そしてここから、ほったらかしにされた住民の反応を見ていくことにしよう。

 一気にスクショでお見せします!!

 まずはキャラメル。

 なんか……語尾がヘンなのになってるけどwww キャラメルって、こんなんだったっけ?w

 続いて、ルナステラ島にもいるリスのジュンの反応。

 クールなキャラのジュンだけど、意外や情熱的な一面も持ち合わせているようでw

 つぎは、たこ焼きのタコヤの反応。

 ……そのおやつとはきっと、たこ焼きだったんだろうなぁwww って、共食いかよ!!w

 そして最後は、たっちー先生のお気に入りであるコグマのパッチの反応です。

 ここまでは、わりとふつう。

 きっとこのあと、「え!! 無事だったの!?」なんて驚くんだろうなぁ……と思いきや!

 ぜんしんタイツ押し付けられたwwwww 感動の再会の雰囲気、どこいったんだよ!!!www 涙ながらに語らうとかねえのかい!!!ww

 とはいえ、毎日ログインしている俺では絶対に見られない風景ばかりだったので、“あえて”放置していたというたっちー先生の采配には拍手を送るしかない。

 『ドラえもん』の話で、もしもボックスを使った“試しにお引越し”ってエピソードがあったけど、我がルナステラ島をしばらく放置して、住民たちの反応をちょっとだけ見てみたくなったわ^^;

 というわけで、次回から我が島の風景に戻ります!

 続く!

1年前の今日は?

 せっかく丸1年、1日たりとも欠かさずにプレイしているので新企画“1年前の今日は?”と題して、“昨年の今日のスクショ”を1枚掲載していこうと思います!

 ちょうど1年前、2020年6月16日の様子は↓こちらです。

 お気に入りの住民から初めて引っ越しを打診され、大いに焦った記憶がw

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine