• TOP
  • スクープ > 【新春レジェンド作家対談】ハゲ丸作者、のむら先生が熱く語るマリオくん、沢田先生の魅力!!「コロコロファミリーの長男」【第4回】
  • TOP
  • スクープ > 【新春レジェンド作家対談】ハゲ丸作者、のむら先生が熱く語るマリオくん、沢田先生の魅力!!「コロコロファミリーの長男」【第4回】

【新春レジェンド作家対談】ハゲ丸作者、のむら先生が熱く語るマリオくん、沢田先生の魅力!!「コロコロファミリーの長男」【第4回】

【新春レジェンド作家対談】ハゲ丸作者、のむら先生が熱く語るマリオくん、沢田先生の魅力!!「コロコロファミリーの長男」【第4回】

1月1日から1月5日までお送りする豪華新春対談。第4回となる今日はまんが家として長〜く活躍できる秘訣を沢田ユキオ先生、のむらしんぼ先生に教えていただきました!「コロコロファミリー」という在り方が長く連載できた理由? 『スーパーマリオくん』のネタ出しにはあたたかい裏話も。

【新春レジェンド作家対談!】「マリオくんは偉大なるワンパターン!」マリオくん×ハゲ丸平成最後に大ぶっちゃけ! !【第1回】
お酒を酌み交わしつつ、盟友であるおふたりが平成最後に大ぶっちゃけ!
 【新春レジェンド作家対談】ハゲ丸、 マリオくん両先生が担当編集に求めることとは!?【第2回】
お互いの尊敬するところ、そしてまんが家の喜びについて、とことん語ってもらった!
 【新春レジェンド作家対談】「ヤバT大好き!」『マリオくん』の沢田先生の趣味に『ハゲ丸』ののむら先生驚愕!!【第3回】
若いマンガ家さんたちに期待することを沢田ユキオ先生、のむらしんぼ先生がぶっちゃけ!

——長期連載、まんが家生活を長く続けていく秘訣はありますか?

のむら:秘訣といいますか、「コロコロコミック」っていう土壌がいいんだと思います。他の雑誌で掲載している知り合いに、「沢田さんと仲良くさせてもらってる」っていうと驚かれましたもの。
いい意味でコロコロは仲良しで安心感があって、だから続けられると思います。初代編集長の千葉さんが言っていた「コロコロファミリー」ってこういうことなんだなって思います。

沢田:そうですね。メンバーが変わっても、それはあるかなって僕も感じます。

のむら:沢田さんが今はコロコロの精神的支柱ですよ、大げさじゃなく。

沢田:いや、大げさですよ!

▲沢田先生(左)への敬意が止まらないのむら先生(右)。のむら先生はワインも二杯目ともあって、いろんなお話をしてくれました。

のむら:安心感がありますから。全部引き受けてくれて、相談にものってくれる。
「コロコロファミリーの一番上のお兄さん」ってイメージがあるんですよ。たぶん、沢田さんの中にも無意識にあると思います。前回話した新人コミック大賞のまんが家さんと作品を覚えてるっていうのとか。

沢田:そんなことないですよ。

のむら:新人さんたちの面倒もすごい良いんですよ。
ピカリン(ひかわ博一)だって、師匠の僕じゃなくて「沢田さんを尊敬しています」っていうほどですよ。

沢田:それは逆にのむらさんの人柄がいいからですよ。普通、師匠に失礼だろって怒ることもできるんですから。

——沢田先生に質問なのですが、『スーパーマリオくん』は長く続けようと思って、これまで描いてきましたか?

沢田:それは、まったくないですね。いつの間にか54巻を出すんだって感じで……。

のむら:いい言葉ですよね? 振り返れば続いてたっていう。

▲インタビューを進めていくにつれて沢田先生も、感慨深そうに『スーパーマリオくん』について語ってくれました。

沢田:もちろん、最初の頃はプレッシャーを感じてました。人気のファミコンゲーム「マリオブラザーズ」のまんが化だから、人気出ないとおかしいだろって。

のむら:気がつけば続いていたっていうのは、沢田さんは自然体だから、ということがあると思います。欲があって、ギラギラ感があったら続かないですよね?

沢田:いやいや、結婚もしていましたし、多少はあったと思いますよ? けど、ラッキーなことにコロコロで連載する前から、小学館の学習まんがを描かせてもらっていたので、生活する分には、それほど困りませんでした。

のむら:素晴らしいじゃないですか。

沢田:まんがを描き続けられればいいなっていう気持ちでずっといたので、大ヒットを出したって訳でもないのに、コロコロレジェンドなんて呼ばれていいのかなって思いますよ。

のむら:そんなことないですよ。
一つ『スーパーマリオくん』で沢田さんが素敵だなって思った話がありまして、娘さんとお風呂でマリオくんのアイデア相談してるっていうんです。それ聞いて、当時爆笑しましたけど、同時にホロっときました。

▲『スーパーマリオくん』はコロコロコミックで1990年から連載を開始し、現在もオデッセイ編を連載中。

沢田:そんな話をしましたね。『スーパーマリオくん』を連載して3年目くらいで、娘に「お風呂にあるものを使ってダジャレ作ってみな」っていうのから始まったんです。

のむら:それはもう、英才教育ですよ。

沢田:ずっとコントが描ければいいなっていうのがあるだけですよ。

次回、第5回は最終回。沢田先生とのむら先生が知り合ったきっかけ、そして、普通のまんが家では通らない驚きの経験を通じたおふたりの絆が明らかに!

沢田ユキオ
昭和28年3月12日、大阪府に生まれる。昭和55年、「のってるヒーローくん」(徳間書店「テレビランド」)でデビュー。代表作「スーパーマリオくん」「オレだよ!ワリオだよ!!」(小学館)「スーパーマリオブラザーズ2」(徳間書店)ほか。
沢田ユキオ先生の最新作
『スーパーマリオくん 54』
■発売日:2018年12月28日(金)
■価格:454円+税
■公式サイト:https://www.shogakukan.co.jp/books/09142846
のむらしんぼ
昭和30年9月24日、北海道に生まれる。昭和53年、小学館新人コミック大賞入賞作「ケンカばんばん」(コロコロコミック)でデビュー。代表作「つるピカハゲ丸」「とどろけ!一番」ほか。昭和62年、「つるピカハゲ丸」で小学館漫画賞受賞。現在、大人のコロコロ「コロコロアニキ」にてコロコロを創った男たちの真実の物語を自らの半生と重ね合わせて描く「コロコロ創刊伝説」を連載中。
のむらしんぼ先生の最新作
『コロコロ創刊伝説 3』
■発売日:2018年3月30日(土)
■価格:583円+税
■公式サイト:https://www.shogakukan.co.jp/books/09142677

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)