• TOP
  • スクープ > 【新春レジェンド作家対談】「来年は『M-1』出場!?」沢田先生とのむら先生の奇妙で素晴らしいまんが家人生!!【最終回】
  • TOP
  • スクープ > 【新春レジェンド作家対談】「来年は『M-1』出場!?」沢田先生とのむら先生の奇妙で素晴らしいまんが家人生!!【最終回】

【新春レジェンド作家対談】「来年は『M-1』出場!?」沢田先生とのむら先生の奇妙で素晴らしいまんが家人生!!【最終回】

【新春レジェンド作家対談】「来年は『M-1』出場!?」沢田先生とのむら先生の奇妙で素晴らしいまんが家人生!!【最終回】

1月1日から1月5日までお送りする豪華新春対談、第5回。最終回はロングインタビュー!沢田ユキオ先生とのむらしんぼ先生の原点、コロコロコミックで連載する前のお話を聞くことができました。そして、おふたりの来年の抱負は「M-1」出場!?

【新春レジェンド作家対談!】「マリオくんは偉大なるワンパターン!」マリオくん×ハゲ丸平成最後に大ぶっちゃけ! !【第1回】
お酒を酌み交わしつつ、盟友であるおふたりが平成最後に大ぶっちゃけ!
 【新春レジェンド作家対談】ハゲ丸、 マリオくん両先生が担当編集に求めることとは!?【第2回】
お互いの尊敬するところ、そしてまんが家の喜びについて、とことん語ってもらった!
 【新春レジェンド作家対談】「ヤバT大好き!」『マリオくん』の沢田先生の趣味に『ハゲ丸』ののむら先生驚愕!!【第3回】
若いマンガ家さんたちに期待することを沢田ユキオ先生、のむらしんぼ先生がぶっちゃけ!
 【新春レジェンド作家対談】ハゲ丸作者、のむら先生が熱く語るマリオくん、沢田先生の魅力!!「コロコロファミリーの長男」【第4回】
まんが家として長〜く活躍できる秘訣を沢田ユキオ先生、のむらしんぼ先生に教えていただきました!

——おふたりが初めて出会ったのはいつ頃ですか?

のむら:学年誌の時のパーティーですね。ちょうど僕が31、2歳くらいだったかな?

沢田:そうですね。『スーパーマリオくん』をコロコロで始めたのが35、6歳くらいですから。そのあとの飲み会のカラオケでのむらさん、「ランナー」を熱唱してましたね。爆風スランプの。

のむら:僕、覚えてないっ!

沢田:あの時、話している途中で歌う順番が回ってきてバーっと歌ってきましたね。

▲沢田先生(左)の話に、のむら先生(右)も驚きの表情。沢田先生の記憶力、恐るべし!

——第一印象はどうでしたか? 変わらないですか?

のむら沢田
変わらないですね。(声を揃えて)

沢田:学年誌のパーテイーで会った時は、なんか一生懸命話してくれたんですよ。このインタビューみたいにたくさん。

のむら:大阪人以上に話す北海道人ってね。

沢田:共通の編集さんがいたことも大きいですね。

のむら:そうそう。学年誌の読者ページの担当さんです。

沢田:それで言えば、コロコロで連載する前、のむらさんとは読者ページ仲間だったんですよ。懐かしいですね。
あの当時は読者に直接会いに行って、取材したりしましたね。割合なんでもやりましたね。

のむら:そこは僕も同じで「やれ」って言われたらやるんですよ。
級数表※1を使った数少ないまんが家で、構成とかの編集の仕事も全部してたんですよ。

※1:文字のサイズ「級数/Q」を測る表。透明な用紙に大小様々な級数が割り当てられたコマが並んでいる。記事などに記入された文字に該当するコマを重ねて、サイズを測る。

沢田:トリミング作業もしてましたね。

のむら:みんな帰っちゃうのに、「まだいたんですか」って。

沢田:写真のまんが作るのに、トレスコ台(トレスコープ)使ってガラガラって。だから、あれが普通だって思いましたし、これもまんがの仕事かって。

▲トレスコ台を使って作業をしていた時を沢田先生、のむら先生が再現。
▲トレスコ台(トレスコープ台)下段のライトのついた面で写真やイラストを照らし、手前のハンドルを操作して上段のガラス面に置いた用紙に拡大縮小の像を投影する。その線を鉛筆などでなぞって、デザインを起こす。

のむら:こういう話は沢田さんとしかできないですよ。

沢田:編集作業も全部ひっくるめての原稿料をもらっていたので、納得してましたよね? 作業もハガキ選びから始まってね。

次のページへ!!

12