TOP 特集&連載 【原神プレイ日記】角満の『原神』大紀行:第162話 バドルドー?爆弾!ドカーンしよっ! に打って出る!(1)
特集&連載

【原神プレイ日記】角満の『原神』大紀行:第162話 バドルドー?爆弾!ドカーンしよっ! に打って出る!(1)

TwitterFacebookLine

ホントにもりだくさんだな!

 前回の記事で、“真夏!島?大冒険!”のサブイベント“余韻の叙述”の区切りに到達した……という話を書いた。

 区切りというのはもちろん、

 余韻のホラガイを24個集めるともらえるバーバラちゃんの夏服“サマータイムスパークル”の入手であり、ここに到達できたら、

 「ホラガイは……もういっかな^^;」

 と捜索を打ち切ってもいい段階のことwww

 いやもちろん、

●ホラガイ28個:大英雄の経験10個、仕上げ用魔鉱10個、30000モラ
●ホラガイ32個:大英雄の経験10個、仕上げ用魔鉱10個、30000モラ

 ↑このような報酬も用意されているので、さらなる高みを目指してもぜんぜんいいんだけどね。

 でも、バーバラちゃんを夏服に着替えさせてだな……。

 ふつうに操作できる姿を見てしまうとやっぱり、

 「ホラガイは……もういっかな^^;」

 そうナットクしそうになるw それくらい、彼女の太ももの破壊力はスゴイのだ。

 なのでひとまず、ホラガイ集めは脇に追いやって、“真夏!島?大冒険!”のメインストーリーの進行とチャプターIII、IVのコンテンツを中心にゲームを進めていく方針にした。

 とはいえ、メインストーリーのことをアレコレと書くのは無粋だし、ネタバレになるので、とりあえず、

 キチンと進めていますよ……ということがわかるスクショだけ貼っておこう。

 なかなか起伏に富んだ物語でおもしろかったので、金リンゴ群島にお越しの際はぜひ最後まで体験してほしいと思いました。

 さて、ではイベントのほうを進行させよう。

 まずチャプターIIIとなる“武士?魔王!決闘だ!”について。

 これは読んで字の如く、Ver1.6で導入された新魔物“魔偶剣鬼”を倒すという討伐系のコンテンツだ。魔偶剣鬼に関してはストーリーを進めていると必ず、

 一度は対決することになる。

 そしてこのときは、

 トリッキーな動きに翻弄されそうになるも、ふつうに立ち回って倒すことができた。そのときの成功体験が頭に残っていたので、“武士?魔王!決闘だ!”で再度対決する前も、

 「これ、チョロいだろwww おいしい原石回収イベントだなwww」

 余裕の構えでいたのだが……これが、とんでもないことだった(((( ;゚Д゚)))

 いざ、2回目の対決に赴き、

 「うりゃりゃりゃりゃりゃ!!!www どうだどうだ!!!www 参ったか!!!www」

 ギャハギャハと笑いながら攻め立てたんだけど……なんか、ぜんぜん体力を削れねぇぇええええ!!! え、こ、こいつ、こんなに堅かったっけ??? ていうか、攻撃力も爆上がりしていて、弱いバーバラとか斬られたら1発で死……(((( ;゚Д゚)))

 どうやら1回目に相対したときの魔偶剣鬼は完全に三味線を弾いていて(手を抜いていた、の意)、

 「ぷぷっwww 必死こいて攻めてきて、かわいい~~~www ぜんぜん効いてないけど、やられたフリしてあげよwww で、また来たときに本気出して驚かせてやるかwww」

 ↑こんな感じで、俺たちを弄んでいたということだ!!! ムッキーーーー!!! オマエ、絶対に許さねえぞ!!! 覚えておけよ!!!(怒)

 「てめぇ、今度会ったらタダじゃおかねえぞ!!!!」

 という勇ましい捨て台詞を吐きながらも、

 ぷい~~~ん……w

 ほうほうの体で、魔偶剣鬼の元から飛び去った俺……w こいつとは、夏イベントの期間いっぱいを使って決着付けたるわ……!

 そう、俺が本気で臨みたいのはこっちじゃなく、チャプターIVにあたる↓こっちなのだよ!!

 “バドルドー?爆弾!ドカーンしよっ!”

 これですよコレコレ!! その概要は、

 ……これだけだとまったく意味がわからないけど、要するにこのイベント用に発生する敵を倒すと“ミニバドルドー”という報酬がもらえて、なんとクレーにピッタリの法器“ドドコの物語”と交換できるようになると言うのである!!

 というわけでしばらくは、“バドルドー?爆弾!ドカーンしよっ!”に入り浸ることになりそうです。

 続く!

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

 

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine