TOP 特集&連載 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第463回 ジューンブライドイベント、どうなった?
特集&連載

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第463回 ジューンブライドイベント、どうなった?

TwitterFacebookLine

今年は……やりきった

 6月はジューンブライドの季節ということで、『あつ森』においてもパニーの島を舞台にカイゾー&リサ夫妻による写真撮影イベントが実施されている。

 その詳細については↓こちらの記事で詳しいので、ぜひご一読のほどを!

 要は、カイゾー&リサ夫妻が結婚を記念したキレイな写真を撮りたいので、その舞台設定をお願いしたい……という、イベント設営会場のアルバイトのようなお仕事である。正直、

 「そんなの……自分たちでやりゃええやん

 と思わなくもなかったし、実際に1年前はメンド臭さが勝っていっさい協力しなかったんだけど(ヒドいな)、今年は、

 「……ネタになるから、ま、いっか」

 という損得勘定のみのドライな気持ちでお手伝いすることにした。

 その結果、どのようなセットが作られていったのか……ということを、今回はつまびらかにしたいと思います。

質か、量か

 まずは、以前もお見せしたけどイベント参加初日に組んだセット。

 このときは、

 「1回目だし、読者の皆さんのお手本になるようなセットを作ってやろうではないか!」

 と気合が入っていたので、じつにしっかりとした会場ができたと思う。

 それが↓こちら。

 壁の飾りつけだけではなく、整然と並べたテーブルにもキチンと、参列者が座れるようなレイアウトで椅子を配置している。

 ただ豪華な写真にするだけでなく、実用性もしっかりと考慮した舞台設定に、カイゾー&リサ夫妻は大いに喜んでくれたのであった。

 きっとこのときは夫妻も、スタジオを貸しているパニーも、

 「角満君にお願いしてよかった! 今年は全力で協力してくれるようだぞ!!」

 そう思ったに違いない。

 俺も……できればそうしてあげたかった。

 しかし、翌日にはさっそく、

 「……テーブルや花をキレイに並べるの、めんくさ

 ↑こちらの気持ちのほうが強くなってしまい、以降のレイアウトは崩壊の一途を辿る。

 2回目の会場設営は……w

 発注を間違えたとしか思えない、披露宴テーブル大量生産www

 でも、夫妻は……。

 喜んでくれました^^;

 これによりますます、会場設営業者は調子に乗る。3回目の設営になると……!

 一見、美しく配置されているように見えるけど、まるで告別式のようにズラリと並んだロウソクたちが悲しみを醸し出している。

 その翌日も、

 明らかに、イベント後の撤収作業中のようなテーブル配置が斬新。これでは誰も座れないが、もうそういうことに配慮することもなくなってしまった。

 この所業にはさすがに黙っていられなくなったのか、翌日からリサより注文が付けられるようになる。

 あ、デタwww テキトーにアイテムを配置するだけでは許さず、テーマに固定してデザインすることの強要が!!w

 とはいえ、これも難しい作業ではなく、アイテムを置くときにXボタンの“バリエーション”を選択し、

 その日のテーマに合わせてキュート、シック、ガーデンの中から選べば大丈夫だ。

 テーマに沿ったデザインを求められた当初は、俺もがんばって会場設営をしていたのよ。

 たとえば、シックが↓こちら。

 ガーデン風を求められたときが↓コレ。

 我ながら……これはかなりステキな会場!!!w 追加でおひねりをもらいたいレベル!!!

 でも……こういったマジメな会場設営をしたのも、2日だけだった。

 翌日からは、

 「たくさん並べればいいでしょ。レイアウトは度外視してね」

 という世捨て人のような気分に戻り、ただアイテム数が多いだけという破滅的な設営が続いた。

 ↓こんな感じで^^;

 極めつけは、主役のふたりがまともに映っていないというガーデンな記念写真w

 巨大迷路の途中で隠し撮りされたかのような写真になってしまったが、それでもカイゾー&リサ夫妻は、

 満足してくれたようなので、これでオッケーw 俺も達成感に満たされたので、2021年のジューンブライドイベントは“大成功”のうちに幕を閉じたのでした!w

 続く!

1年前の今日は?

 せっかく丸1年、1日たりとも欠かさずにプレイしているので新企画“1年前の今日は?”と題して、“昨年の今日のスクショ”を1枚掲載していこうと思います!

 ちょうど1年前、2020年6月25日の様子は↓こちらです。

 サントスの後釜として、離島ツアーでアセロラを発見!! いまもルナステラ島で暮らす、お気に入りの住民です!

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine