TOP 特集&連載 【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ビッグウィッグJr.」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【黎明期編】
特集&連載

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ビッグウィッグJr.」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【黎明期編】

TwitterFacebookLine

今まで登場した歴代ミニ四駆を世代ごとに取り上げていくコロコロオンラインの「ミニ四駆」連載企画! 本記事では、黎明期編の「ビッグウィッグJr.」を紹介する。

【コロコロオンライン連載企画】
ミニ四駆歴代マシンカタログ!

1982年に生まれ、現在も多くの人々に愛されているタミヤの大人気ホビー『ミニ四駆』

コロコロオンラインでは、ミニ四駆の魅力をたくさんの読者たちにもっと知ってもらうべく、連載企画を開始!

その名も「ミニ四駆歴代マシンカタログ」だ!

これまでに発売されたミニ四駆たちを「黎明期」、「第1次ブーム」、「第2次ブーム」、「ニュージェネレーション」と4つの世代ごとに取り上げていき、マシンの写真はもちろん、過去のコロコロコミック記事も掲載していくぞ!

■ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

レーサーミニ四駆「ビッグウィッグJr.」

「ブーメランJr.」は、RCカー「ビッグウィッグ」をもとにしたレーサーミニ四駆。1987年3月に発売。マシンデザインはレーシングカーデザイナーの由良拓也氏が担当し、当時は大きな話題を呼んだ。

また「ワイルドウイリスJr.」や「ホットショットJr.」などをはじめとした「Jr.」という呼称は、RCカーのミニ四駆モデルを示すものである。

シャーシはタイプ1を搭載し、走る場所を選ばないスパイクタイヤを装着。基本的にモデル元のデザインを忠実に再現しているが、コックピット部分のステッカーの有無など細かな違いも存在する。

スペック概要
■全長:127mm
■全幅:81mm
■全高:48mm
■シャーシ:タイプ1

モデルになったRCカーをコロコロ記事とともに紹介!!

元になったRCカー「ビッグウィッグ」が公開されたのは1986年のコロコロコミック4月号。タミヤRCカー誕生10周年記念としてその姿が明らかとなった。

▲月刊コロコロコミック1986年8月号より

「大物」の名の通り高性能マシンとして紹介されていた「ビッグウィッグ」は、制作工程や性能解説など、本誌内でも連続して特集を展開。期待の新型マシンとして読者の注目を集めていたことがうかがえる。

▲月刊コロコロコミック1986年8月号より

また翌年のコロコロコミック4月号では、同時期に発売したミニ四駆版もピックアップ。この頃はまだ小さな記事として紹介されており、秋から始まる「ダッシュ!四駆郎」の連載を機に、「ミニ四駆」も大きく取り上げられていくのであった。

▲月刊コロコロコミック1987年4月号より

 

以上、黎明期『ラジコンボーイ』編のマシンをお届け!

次回は、第1次ブーム『ダッシュ四駆郎』編から徳田ザウルス先生デザインによるワイルドミニ四駆が登場だ!

本連載は水曜日更新予定なのでお楽しみに!

■ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

商品概要
「レーサーミニ四駆シリーズ No.5 ビッグウィッグJr.」

※販売停止中
■発売時期:1987年3月発売
■価格:600円(当時)
・「ビッグウィッグJr.」1987年モデル(販売停止中)

・タミヤ公式サイトはこちら

ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

 

(C)TAMIYA,INC.ALL RIGHTS RESERVED.

 

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine

関連記事

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ホットショットJr.」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【黎明期編】

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ホーネットJr.」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【黎明期編】

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「フォックスJr.」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【黎明期編】