TOP 特集&連載 【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ワイルドザウルス」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第1次ブーム編】
特集&連載

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ワイルドザウルス」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第1次ブーム編】

TwitterFacebookLine

今まで登場した「歴代ミニ四駆」を世代ごとに取り上げていくミニ四駆連載企画! 本記事では、第1次ブーム編の「ワイルドザウルス」を紹介する。

【コロコロオンライン連載企画】
ミニ四駆歴代マシンカタログ!

1982年に生まれ、現在も多くの人々に愛されているタミヤの大人気ホビー『ミニ四駆』

コロコロオンラインでは、ミニ四駆の魅力をたくさんの読者たちにもっと知ってもらうべく、連載企画を開始!

その名も「ミニ四駆歴代マシンカタログ」だ!

これまでに発売されたミニ四駆たちを「黎明期」、「第1次ブーム」、「第2次ブーム」、「ニュージェネレーション」と4つの世代ごとに取り上げていき、マシンの写真はもちろん、過去のコロコロコミック記事も掲載していくぞ!

■ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

「ワイルドザウルス」

「ワイルドザウルス」は、まんが『ダッシュ!四駆郎』の作者・徳田ザウルス先生がデザインしたワイルドミニ四駆。1989年12月に発売された。

ボディデザインは恐竜・ティラノザウルスが元になっており、当時のコロコロ本誌では、力強くたくましい恐竜のイメージをデザインに取り入れたと紹介されている。他のワイルドミニ四駆と違い、乾電池を装着できるアタッチメントが付属しているのも特徴だ。

『ダッシュ!四駆郎』では、ワイルドミニ四駆とのレース勝負にてエンペラーとともにタッグを組んで登場。水たまりやぬかるみなどレーサーミニ四駆にとって不利なコースであったが、ワイルドザウルスによる連係でフォローするなどパワフルな走りで活躍した。

スペック概要
■全長:142mm
■全幅:125mm
■全高:101mm
■シャーシ:4WD

ワイルドザウルス初公開のコロコロを紹介!

「ワイルドザウルス」の初報が公開されたのは、1989年コロコロコミック11月号。ド迫力のパワフルマシンのデザイン画や実際のクレイモデルが取り上げられていた。

▲月刊コロコロコミック1989年11月号より

次号のコロコロコミック12月号では、見開きページにて完成モデルがついに初公開! ティラノサウルスと組み合わせたジオラマなどカッコイイ写真が目白押しとなっており、徳田ザウルス先生によるコメントも掲載されていたぞ。

▲月刊コロコロコミック1989年12月号より

ほかにもワイルドザウルスに取り付けるパーツのアイデア募集など、コロコロ読者への募集企画も実施。見事賞に選ばれた人には、RCカーセットやマシンがもらえるなどタミヤとの連動企画が展開されていた。

▲月刊コロコロコミック1989年12月号より
 

 

以上、第1次ブーム『ダッシュ四駆郎』編のマシンをお届け!

次回は、第2次ブーム『レッツ&ゴー』編からマグナムやソニックとは違うもうひとつのセイバーが登場だ!

本連載は水曜日更新予定なのでお楽しみに!

■ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

商品概要
「ワイルドミニ四駆シリーズ No.6 ワイルドザウルス」

■発売時期:1989年12月発売
■価格:1200円(当時)
・「ワイルドザウルス」1989年モデル

■タミヤ公式サイトはこちら

ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

 

(C)TAMIYA,INC.ALL RIGHTS RESERVED.

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine

関連記事

【新企画! ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ダッシュ1号・皇帝(エンペラー)」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第1次ブーム編】

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ダッシュ2号・太陽(バーニング・サン)」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第1次ブーム編】

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ダッシュ3号・流星(シューティングスター)」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第1次ブーム編】