TOP 特集&連載 【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ブラックセイバー」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第2次ブーム編】
特集&連載

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ブラックセイバー」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第2次ブーム編】

TwitterFacebookLine

今まで登場した「歴代ミニ四駆」を世代ごとに取り上げていくミニ四駆連載企画! 本記事では、第2次ブーム編の「ブラックセイバー」を紹介する。

【コロコロオンライン連載企画】
ミニ四駆歴代マシンカタログ!

1982年に生まれ、現在も多くの人々に愛されているタミヤの大人気ホビー『ミニ四駆』

コロコロオンラインでは、ミニ四駆の魅力をたくさんの読者たちにもっと知ってもらうべく、連載企画を開始!

その名も「ミニ四駆歴代マシンカタログ」だ!

これまでに発売されたミニ四駆たちを「黎明期」、「第1次ブーム」、「第2次ブーム」、「ニュージェネレーション」と4つの世代ごとに取り上げていき、マシンの写真はもちろん、過去のコロコロコミック記事も掲載していくぞ!

■ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

もうひとつのセイバー!? 「ブラックセイバー」

「ブラックセイバー」は、コロコロコミックにて1994年から連載されたまんが『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』(こしたてつひろ先生)のキャラクターである黒沢 太の愛機。実際の商品は1995年3月に発売された。

マシンデザインは、マグナム・ソニックセイバーが元になっているが、黒をベースにしたカラーリングと可変式のリヤウイングが大きな違いとなっている。またウイングの角度を変えることによって空気抵抗を少なくすることも可能。

シャーシは、ゴムリング付きガイドローラーや取り外し式のサイドガードなどを装備したスーパー1。2019年にはスーパーIIシャーシを搭載したリファインマシンが発売された。

『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』では「トライダガーX」に先駆けて3台目のミニ四駆として登場し、グレートジャパンカップで豪たちとレースを繰り広げた。実際のマシンとは違い、のこぎりのローラーや砂を撒くように施したタイヤなどバトルマシンとして独自の改造が行われている。

スペック概要
■全長:137mm
■全幅:90mm
■シャーシ:スーパー1

「ブラックセイバー」を先行販売!
当時のコロコロを振り返る!

「ブラックセイバー」の情報が初めて掲載されたのは、1994年のコロコロコミック12月号。コロコロ200号を記念したニューイヤーカップ会場にて、先行販売されることが明らかとなった。

▲月刊コロコロコミック1994年12月号より

そして次号のコロコロコミック1月号では、本マシンのカラー写真が公開! 先ほど紹介した大型リヤウイングなどマシンの特徴が取り上げられていたぞ。

▲月刊コロコロコミック1995年1月号より

またコロコロコミック2月号では、ブラックセイバーを持っている読者に向けて改造記事を袋とじで展開。スピードorコーナリング重視といったそれぞれの分野に特化したマシン改造が紹介された。

▲月刊コロコロコミック1995年2月号より
▲月刊コロコロコミック1995年2月号より


 

以上、第2次ブーム『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』編のマシンをお届け!

次回は、ニュージェネレーション編から翼をまとった新マグナムが登場だ!

本連載は水曜日更新予定なのでお楽しみに!

■ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

商品概要
「レーサーミニ四駆スペシャルシリーズ No.515 ブラックセイバー」

■価格:600円(当時)
・「ブラックセイバー」1995年モデル(販売停止中)
・プレミアム版モデル(販売停止中)

■タミヤ公式サイトはこちら

ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

 

(C)TAMIYA,INC.ALL RIGHTS RESERVED.

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine

関連記事

【新企画! ミニ四駆歴代マシンカタログ】「マグナムセイバー」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第2次ブーム編】

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「トライダガーX」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第2次ブーム編】

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「スピンアックス」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第2次ブーム編】