TOP 特集&連載 【原神プレイ日記】角満の『原神』大紀行:第163話 “真夏!島?大冒険!”の顛末
特集&連載

【原神プレイ日記】角満の『原神』大紀行:第163話 “真夏!島?大冒険!”の顛末

TwitterFacebookLine

夏イベント、楽しかった!

 6月28日午前4時59分をもって、約20日間に及んだ『原神』初の夏イベント“真夏!島?大冒険!”のメインコンテンツが終了した。

 今回は、がんばればバーバラちゃんの夏服“サマータイムスパークル”が手に入る……という格好のエサもあったので、本気でコンテンツに臨んだ人も多いのではなかろうか。

 かく言う俺もそのひとり。

 夏イベントがスタートした6月9日から、

 「今回はマジでやる!! そして、バーバラちゃんの太ももを我が物に!!!

 ということで気持ち悪いほどヒートアップ。

 バーバラの夏服がもらえる“余韻の叙述”はあくまでもサブ的なイベントだったのだが早々にコレを終え、

 その勢いを駆って他のコンテンツもつぎつぎと撃破していったのであった。

 ここまでの記事で触れてきた通り、ウェーブボートで敵の拠点を粉砕する“軍艦?大砲!発射せよ!”と、制限時間内にコースを駆け巡るタイムアタック“渦巻?試合!波乗りだ!”は、かなり余裕でコンプリート。

 残すは、新たな中ボスである“魔偶剣鬼”を討伐する“武士?魔王!決闘だ!”と、“バドルドー爆弾”というアイテムを使って敵を蹴散らす“バドルドー?爆弾!ドカーンしよっ!”だけだったんだけど……!

 まず、金リンゴ群島の中心部に鎮座していた魔偶剣鬼との対決だが……これがもう、キツいのなんの!!!><

 ヨチヨチと接近していって戦端を開き、

 いま持てる全火力をもって魔偶剣鬼を攻め立てたんだけど……((゚Д゚;))

 ↑これ、どういうスクショなのかと言うと……魔偶剣鬼に返り討ちに遭って、

 「ひぃ!!!! ぜんぜん倒せねえぇぇぇえええ!!!><」

 と肝をつぶしてワープで逃げたんだけど、こっちが消える瞬間に魔偶剣鬼のトドメの一撃が突き刺さったらしく(苦笑)、上空でバラバラになって刻晴のカケラが風に散っていった……って状況です(((( ;゚Д゚)))

 けっきょく、

 「魔偶剣鬼とは、そのうち決着付けてやるわ。クソが」

 と“武士?魔王!決闘だ!”は棚上げにし、なんと再戦することを忘れたまま(逃げたのではない)、イベント終了を迎えてしまいました……w

 まあ、このコンテンツの報酬は原石90個と大英雄の経験×6個くらいだったので(あとは多量のモラ)、やられまくってストレスを溜めるくらいならあきらめてよかったんだよな(逃げたんじゃねえか)。

 でもその代わり、“バドルドー?爆弾!ドカーンしよっ!”のほうはキチンと最後までやり遂げておいたわ。

 このコンテンツは前述の通り、バドルドー爆弾というアイテムを使って敵の拠点を潰す……という内容だったんだけどさ。

 ↑ご覧の通り、バドルドー爆弾は自分で作らないといけなかったので、最初はひたすら力技で(つまり爆弾を使わずに)敵の拠点を制していったのである。

 「この敵、ちょっと固いかな??」

 と思ったんだけど、ゴリ押しでも十分対抗できたので、イベントの中盤まではバドルドー爆弾を1個も使わずに進行させることができたのだ。

 でも、あるときふいに、

 「せっかくいくつかバドルドー爆弾を作ってしまったんだから、景気づけに投げてみるかな。夏の夜の花火みたいな感じでさ」

 といきなり風流なことをのたまい、テキトーな1個を敵にぶん投げてみたのである。前述の通り、このコンテンツに出てくる敵はヒルチャールからして若干固い気がしたので、

 「少しでも体力を削ってくれれば儲けモンだなw」

 っていうホンの軽い気持ちでね。

 そ、そしたら……!!(((( ;゚Д゚)))

▲写真はイメージです^^; うまく撮れなかったので……w

 バドルドー爆弾1発で、敵、ほぼ壊滅!!!www

 固い敵に辟易としていた俺、思わず絶叫する。

 「んだよ!!!www バドルドー爆弾、クッソ強ぇぇじゃん!!!www 時間無駄にしてたぁぁああああ!!!!><

 やっぱりイベント用に作られたアイテムって、それ相応の存在意義があったんだな……w 最初からキチンとバドルドー爆弾を使っていたら、このコンテンツ、速攻で終わらせられていたわ……。

 でも、その後は惜しげもなくバドルドー爆弾を投げまくったおかげで、所定のコンテンツはほぼ終了!!

 最終的に、

 必ず欲しいと思っていた法器“ドドコの物語”とその強化素材、さらに、

 天賦用の素材もすべて回収完了し、俺の夏イベントは“大団円”で幕を閉じたのでした!!

 続く!

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

 

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine