TOP 特集&連載 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第469回 ロブスターを探して-6月の海の幸を手に入れろ-(2)
特集&連載

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第469回 ロブスターを探して-6月の海の幸を手に入れろ-(2)

TwitterFacebookLine

深夜の海で

 いまだ未捕獲の幻の(?)生物、ホタルイカを求めて、深夜の海にくり出した話の続きであります。

 このとき、時計の針は6月28日午前0時20分あたりを刺していた。

 ふだん、午後11時30分をめどに布団に潜る俺からすると、かなり致命的な“夜更かしタイム”に突入している。

 朝4時には確実に飼いネコに叩き起こされる(エサを所望されるのだ)ことを考えると、一刻も早くホタルイカとの決着を付けて、眠りに入らなければならない。

 それができず、捜索が1時……2時……なんてことになったら、俺が連続して睡眠する時間、2時間程度になってしまうやん!!!><

 まあ、海の底に沈んでいるだけのホタルイカにもロブスターにも罪はなく、多分に我が家のネコ(とくに、ノルウェージャンフォレストキャットのるーさん)が悪いんだけど、

 とっととこの2種の生き物を捕まえて6月までの生き物をコンプリートしてしまいたかったので、少しくらいのムチャは目をつむることにしましょう。

 てなわけで、ホタルイカの目印である“泡の量・少”の生き物に焦点を絞って捕獲を開始した。

 すると……!

 バイガイ!! チェーン居酒屋の突き出しでよく見るヤツ!!!

 アコヤガイ!! これは食ったことない!!(食えるのか?)

 オウムガイ!! 6月までの生き物だけど、これは捕獲実績あるんだよ!!><

 アワビ!!! ……って、オウムガイとアワビ、泡の量は“中”だろ(苦笑)。もう海の幸を獲り過ぎて、途中から何が少でどれが中なのかよくわからない“泡ゲシュタルト崩壊”になっていたと思うわ……w

 そんな、極限状態とも言える状況に陥りながらも、めげずに海の幸を追い掛け続けていたところ……ついに!!!

 「あッ!!!」

 思わず、声が出ちゃったねw

 こいつは出現率は比較的高いと聞いていたので、数撃てばいつかは当たると思ってはいたけど、想定以上に早く捕らえられたと思ったわ。

 深夜の海上に、アラフィフ素潜りオヤジの歓喜の声が響いた。

 「ホタルイカ、獲ったぁぁぁああああ!!!www」

 いやあ、よかったよかった!!w

 皆さんご存知かと思うが、ホタルイカは北陸の富山湾を名産地とする小さなイカで(じつは兵庫県の浜坂漁港が日本一の産地らしいけど)、旬の時期は3月~6月とされている。

 『あつ森』に出てくる虫や魚は、この“旬”とか“漁期”をキチンと考慮して現れるようになっているので、ホタルイカが7月になると消えてしまうことは非常に理にかなっていることなのである。

 ぜんぜん関係ないけど、富山県で幼少期を過ごしたパズドラのプロデューサー・山本大介さんと、仕事を絡めて富山県を何度も訪問している。初めて行ったのはいまから8年前なんだけど、このときフラリと入った居酒屋で、生のホタルイカを溶岩プレートで焼いて出してくれる“焼きホタルイカ”を食べて衝撃を受けたことがある。

 関東人からすると、ホタルイカの食べ方って茹でたものを酢味噌でいただく……の1点勝負だと思うけど、富山湾で揚がったばかりの超新鮮なブツ(しかもデカい!)を、溶岩プレートでミディアムレアくらいの焼き加減で食したら……アナタ!!!

▲そのときの、焼きホタルイカがコレ!

 「え!!! こ、これ、ホタルイカっすか!!? 関東で食べるものとぜんぜん違うんですけどッ!!!!」

 と、目からうろこ、ほっぺから肉と、顔のいたるものが落ちまくってたいへんだったわw

 話が逸れたけど、これにてホタルイカの捜索は終了!!

 超久しぶりにフータのところに持っていき、

 そのまま寄贈!!

 おそらく半年以上ぶりとなるフータのドヤ顔を見て、

 この日は満足したのでしたw

 さあ、残るはロブスターだ!!!

 続く!!

1年前の今日は?

 せっかく丸1年、1日たりとも欠かさずにプレイしているので新企画“1年前の今日は?”と題して、“昨年の今日のスクショ”を1枚掲載していこうと思います!

 ちょうど1年前、2020年7月1日の様子は↓こちらです。

 7月になって虫の種類がさらに増え、初めてコノハムシを捕獲して大満足の様子w

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine