• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×やまみっちーが語る勝つためのヒケツ~4~
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×やまみっちーが語る勝つためのヒケツ~4~

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×やまみっちーが語る勝つためのヒケツ~4~

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×やまみっちーが語る勝つためのヒケツ~4~

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×やまみっちー 第4回】

 
あとばる×やまみっちー対談の第4回目。今回はガチマッチの各ルールでの戦い方のポイントについて、ふたりに語ってもらったぞ。日本最高峰のトッププレーヤーが考える、ガチマッチで勝つための立ち回りとは? これを読んで、ウデマエアップに役立てよう!

 

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレイヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレイヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第3回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」準優勝など。チームLibalent Calamari所属。
やまみっちー
「第3回スプラトゥーン甲子園」優勝チームであるGGBOYZのメンバー。マニューバー使いで、最前線に切り込み、高い位置で相手を抑え込むプレースタイルが得意。「第4回スプラトゥーン甲子園関東地区DAY2」でも、マニューバーで次々と敵を倒す圧巻のプレーを見せ、チームの優勝に大きく貢献。スプラトゥーン界でも「最強の前線」と称されるプレーヤーのひとりである。

 

ガチエリアは状況に合わせた立ち回りを身に着けることが重要

――ガチエリアでは、どういうことを意識してプレーしていますか?
やまみっちー:エリアはとりあえず人数差をつけることですかね。マニューバーは塗りで勝とうとするタイプのブキではないので、とりあえず相手を倒して人数の圧をかけて、強いポジションを取って相手を封じ込める感じですかね。まずは人数有利をつけるという意識でプレーしていますね。
 
――役割としては前で敵を食い止めて、カウントを進ませるというプレーをしているんですか?
やまみっちー:そうですね。相手のヘイトも稼ぎつつ、敵も倒しつつという形ですね。もちろん、前線でうまく暴れられないときもあるんですけど、下手に守りに入ってもダメですし、そこはとにかく試行回数を稼いでいくことが大事かなと。


▲前線ブキの場合は、相手を倒すことを優先。人数有利ができれば、おのずとエリアも確保できる。

――あとばるさんはH3リールガンDでガチエリアをプレーするときは、中盤くらいから前の方をサポートしていくような立ち回りをしているんですか?
あとばる:そうですね。最初、エリアに到達するのって敵味方同じくらいじゃないですか。そこから塗り合いが始まって、敵味方のいずれかが倒されて、人数差がついたのをきっかけになだれ込むという感じだと思うんですけど、それまでって、来たら嫌だなというところにキューバンボムを置いて、塗り合いをするしか基本的にやることないんですね。というのは、H3リールガンDって自分から前に切り開く能力ってのがあまりないので。相手が攻めてきたら返り討ちにはできるんですけど、H3リールガンDに仕掛けてくる人ってなかなかいなくて、基本的には周りがやられちゃうんですね。
そうなったときにどういう動きをするかってのが大事で、たとえば味方がひとりやられちゃったけど、別の味方が前に出てくれていたおかげで、エリアに敵が近づけていないんだったらもちろんエリア塗りをすべきですし、エリア塗りは互角という場合は味方がやられたところの反対側から詰めて、裏から射すようにワントリガーを当てにいくとか。H3リールガンDって、いろんなことができるブキなので、状況に合った動きをしてあげるのが1番大事だと思います。それを判断する能力が結局、そのブキを持ち続けた経験とか、周りから得られる情報で、そこは意識してやっていかないとたぶんわからない部分かなと。
 
――基本、どんな役割もできるブキというのが、H3リールガンDの強みというか、特徴という事でもあるんですね。
あとばる:そうですね。そのかわりにちょっとクセが強いので、そこがよいバランスかなとは思います。
 

ガチヤグラは初動が大事!

――続いてガチヤグラについてはどうでしょうか?
やまみっちー:ヤグラはけっこう初動が大事だと思っていて、初動で人数有利をつけるとすぐにヤグラに乗れて、ヤグラに乗るとスペシャルが溜まるんですよ。ひとりでも乗っていたら味方全員のスペシャルゲージが上がっていくので、そこから全員のスペシャルを連動させて、ガンガン押し込むのが一番ですかね。
ヤグラってどのルールよりもスペシャルが重要な気がしていて、進める側も止める側もやっぱりメインだと結構きついんですよ。だから、スペシャルをしっかりと溜める意識がかなり必要じゃないかなと。止めるときにもハイパープレッサーがあると止められるし、ジェットパックとかでも一応止められるので。スペシャルの吐きどころと、溜める意識が重要なルールだと思います。
 
――初動で勝敗の半分くらいは決まる印象ですか?
やまみっちー:どうだろう。うまい人だと初動からちゃんとハイパープレッサーとかを溜めてくるので、初動で有利をとってもヤグラを止められたりはするんですけど、それでも初動はかなり重要だと思いますね。
 
あとばる:攻めるタイミング、関門のタイミングでいかにスペシャルを持っているかというのはやっぱり大事ですね。スペシャルが溜まればカンモンは進むということは、逆に言えばスペシャルで返さないとカンモンは止まらないということなので、いかにスペシャルを溜めて待つか、スペシャルを溜めて攻めるかがキモかなと。ただ、その溜めるとか溜めさせないとかの前提に、結局メインでの攻防があるので、まずは自分が目の前の敵を倒すことに集中してもらって、その後に瞬時に役割分担できると強いのかなと思います。


▲人数有利になったら、迷う前にとりあえずヤグラに乗ってカウントを稼ぐことが大事だぞ。

――役割分担?
あとばる:たとえば、敵が2人落ちてるのに誰もヤグラに乗らなくてカウントが全然進まなかった、みたいなことってわりとあると思うんですけど、結局それって、状況にもよりますけどヤグラに一番近い人がさっさと乗るべきだったり、さっきスペシャルを使ってしばらくは溜まらない人が乗るべきで、そういう判断を瞬時にできると、たぶん3カウントくらいは伸びると思うんですよ。
カンモンを突破する上では短いカウントでも大事なので、判断が早いに越したことはないのかなと。個人的にはまずはヤグラを進めるのが大事なので、迷うんだったらヤグラに乗ったほうがいいと思いますね。
 

次のページへ!!(1/2)

12

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)