TOP 特集&連載 デュエマ妄想構築録 vol.36-4 ~ギャラクシーにクライマックス!FINAL・ワンショット!!~
特集&連載

デュエマ妄想構築録 vol.36-4 ~ギャラクシーにクライマックス!FINAL・ワンショット!!~

TwitterFacebookLine

By まつがん

▲「20周年超感謝メモリアルパック 技の章 英雄戦略パーフェクト20」収録、《ハートフ・ルピア》

 7月17日(土) に発売予定の「英雄戦略パーフェクト20」に収録される新カード、《ハートフ・ルピア》。このカードを使ってどのようなデッキを作るべきか。

 それを考えるにあたっては、やはり《ハートフ・ルピア》からどんな「クロスギア」を踏み倒すべきかを先に決めねばならない。

 そしてその候補は、実は《ハートフ・ルピア》を一目見たときから決まっていた。

▲戦国編第4弾「戦国武闘会」収録、《超銀河剣 THE FINAL》

 《超銀河剣 THE FINAL》一択では???🤔🤔🤔

 何せ《超銀河剣 THE FINAL》ならば脇に攻撃できるクリーチャーが1体立っているだけでダイレクトアタックまで一瞬で決めにいくことができるし、対戦相手がギャラクシーの彼方まで吹っ飛ばされる興奮は他のカードでは味わえない。

 だが問題が一つあった。それは「G・ブレイカー」が、対戦相手の5枚のシールドの中に過剰打点を封殺できるS・トリガーが埋まっていた瞬間にこちらの負けが確定してしまう諸刃の剣でもあるということだ。

 《終末の時計 ザ・クロック》ならターンが飛ぶ代わりにこちらのシールドがブレイクされないからまだしも、《テック団の波壊Go!》や《閃光の守護者ホーリー》《S・S・S》などが埋まっていようものならば己の愚かさを悔いながら憤死することとなってしまう。

 しかしこの事態を回避しようにもS・トリガーで攻撃が止まるかどうかは相手のシールドの中身に依存しているため、S・トリガーを踏まないようにするなら《堕呪 ウキドゥ》を5回唱えるといった非現実的な解決手段に頼らざるをえなくなってしまう。

 ならばどうすればいいか?

▲「20周年超感謝メモリアルパック 魂の章 名場面BEST」収録、《切札勝太&カツキング ー熱血の物語ー》
▲「弩闘×十王超ファイナルウォーズ!!!」収録、
《ハクメイ童子》

 そう、相手のS・トリガーの後に打点が出てくればいいのだ。

 「G・ブレイカー」は対戦相手がS・トリガーを解決した後にこちらのシールド5枚をブレイクするので、《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》《ハクメイ童子》のようにS・トリガーや「S・バック」で打点が増やせるカードを使えば、《閃光の守護者ホーリー》やスパーク系呪文をすり抜けてダイレクトアタックを決めにいくことができるようになる。

▲超天篇第4弾「超超超天!覚醒ジョギラゴン vs. 零龍卍誕」収録、《CLIMAX-ARMOR!》
▲「超GRスタートデッキ ジョーのガチャメカ・ワンダフォー」収録、《バツトラの父》

 ただこれらだけだと受けが貧弱となってしまうところ、《CLIMAX-ARMOR!》ならば《バツトラの父》や《甲殻 TS-10》といった防御も兼ねられるGRクリーチャーで揃えることで有効な防御トリガーでありながら打点追加の役割をも同時に担うことが可能だ。

▲「四強集結→最強直結パック」収録、《電脳決壊の魔女 アリス》
▲「超ブラック・ボックス・パック」収録、《精神を刻む者、ジェイス》

 残された課題は「《ハートフ・ルピア》でどうやって《超銀河剣 THE FINAL》をめくるか」だが、《電脳決壊の魔女 アリス》《精神を刻む者、ジェイス》で山札の上に仕込んでしまえば問題はない。

▲「四強集結→最強直結パック」
収録、
《テンペスト・ベビー》
▲「コロコロ・ドリーム・パックⅣ(エターナル・ヘヴン)」収録、《アクア・アナライザー》

 なお、山札の上に仕込む手段として《テンペスト・ベビー》《アクア・アナライザー》も考えたが、アドバンテージのとれないクリーチャーを採用している余裕がないため今回は不採用となった。

 というわけで、できあがったのがこちらの「FINAL・ワンショット」だ!

 『FINAL・ワンショット』

枚数
カード名
4
《一撃奪取 マイパッド》
4 《海郷翔天マイギア》
4
《*/弐幻サンドロニア/*》
4 《精神を刻む者、ジェイス》
4
《電脳決壊の魔女 アリス》
4 《ハクメイ童子》
4 《ハートフ・ルピア》
4 《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》
4 《CLIMAX-ARMOR!》
4 《超銀河剣 THE FINAL》
枚数
超GRゾーン
2 《全能ゼンノー》
2 《バツトラの父》
2 《甲殻 TS-10》
2 《シェイク・シャーク》
2 《ブルンランブル》
2 《ポッポーポップコー》

 

▲「四強集結→最強直結パック」収録、《ロスト・ウォーターゲイト》
▲「戦国編第1弾」収録、《牛若剣士トドロキ》

 本当は再現性の観点から《水晶の記録 ゼノシャーク / クリスタル・メモリー》や《ロスト・ウォーターゲイト》を入れるなどしてどうにかして《ハートフ・ルピア》と《超銀河剣 THE FINAL》を8枚ずつ入れたかったのだが、《水晶の記録 ゼノシャーク / クリスタル・メモリー》が《電脳決壊の魔女 アリス》や《精神を刻む者、ジェイス》とすこぶる相性が悪いことに加え、既存の「クロスギア」サポートが薄すぎてどうやっても《超銀河剣 THE FINAL》を8枚にできなかったために諦めざるをえなかったのが無念である。《牛若剣士トドロキ》くん……5枚くらい見れて欲しかった……

 このデッキが実際にどんな動きをするのか気になる方は、以下の動画で確かめてみて欲しい。

 さて、いかがだっただろうか。

 《ハートフ・ルピア》が収録されている「英雄戦略パーフェクト20」は、7月17日(土) に発売予定だ。

 また、コロコロコミック8月号ではデュエル・マスターズの原作コミックが読めるほか、デュエマに関する激アツな最新情報も色々と掲載されているので、ぜひとも手に取ってみていただきたい。

 ではまた次回!

ライター:まつがん                  
 
フリーライター。クソデッキビルダー。                   
 
論理的な発想でカード同士にシナジーを見出すのだが、途中で飛躍して明後日の方向に行くことを得意とする。      
 
オリジナルデッキでメタゲームに風穴を開けるべく日夜チャレンジを続けている(が、上記のような理由で大体失敗する)。

デュエマ妄想構築録vol.35バックナンバー
デュエマ妄想構築録 vol.35-1 ~祭りだワッショイ!タイヨー・ファミリエ!!~
デュエマ妄想構築録vol.36バックナンバー
デュエマ妄想構築録 vol.36-1 ~ピンチからの大逆転!ハイパー革命0トリガー!!~
デュエマ妄想構築録 vol.36-2 ~ブチギレ上等!ちくしょおおおおおお・カウンター!!~
デュエマ妄想構築録 vol.36-3 ~クロスギア踏み倒し!《ハートフ・ルピア》登場!~

 

次回更新は7/16(金)更新!!

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine