TOP 特集&連載 【はじプロ】『はじめてゲームプログラミング』プレイ日記 第15回「シューティングゲームから自作ゲームのヒントを掴む(2)」
特集&連載

【はじプロ】『はじめてゲームプログラミング』プレイ日記 第15回「シューティングゲームから自作ゲームのヒントを掴む(2)」

TwitterFacebookLine

2021年6月11日に任天堂より発売されたNintendo Switch用ソフト『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』。コロコロオンラインのライター・トニオ國崎が、はじめてのゲーム制作に挑戦するプレイ日記をお届けする。

シューティングゲームついに完成!!

前回から始まったシューティングゲーム制作レッスンもいよいよ折り返し!

とりあえず、

・操作キャラの設定
・ステージ作り
・敵の配置

まで終わったのだが、ここからはシューティングゲーらしく障害物を追加し、アクセントを加えていく。回る障害物を設置したいので「まわせるモノノードン」が新たに登場したのだが……そのままでは動かないので「定数ノードン」を出して合体させてみることに。とりあえず何かを動かしたいなら、シグナルを送り続ける「定数ノードン」でだいたい解決するようだ。

ほかにもノードン同士を連結させるとこんな風にH型の障害物が作れたり……これって連結させまくって風車とか作れるのでは……!?

さらには雑魚キャラのエイリアンをでっかくしてボスにしてみたりなどなど徐々に完成に近づいていく。

▲ゴールに到達するとスコアが出るように設計。

最後はゴール地点を作り上げてやった! 完成だ! と思ったのだが、ここからいつもの「仕上げ作業」に突入。今までは自分好みのカラーに変えるだけだったのだが、今回は新たに「テクスチャノードン」を使ってUFOのデザインをアレンジ!

テクスチャ設定画面に絵を描いてつなぎ合わせてみると……

このようにUFOからヒヨコに変身!!

このまま完成でも良かったのだが、せっかくなので色々弄ってみよう。

自機をヤンキーにしてみたり……

背景を変えたり……

とまぁこんな感じで、金髪リーゼントがエイリアンを倒すシュールなゲームが完成!!(笑)

細かい作業が必要になりそうだが、操作ごとにテクスチャを貼り付けたらアニメーションも作れるのではないだろうか……? う~ん考え出すとアイデアが色々出てくるなぁ。

さてさてお次のレッスンは……「横スクロールアクションゲーム」! レッスンもついに折り返し。徐々にゲームの内容もレベルアップしてきたぞ……!?

ではまた次回!

作品概要
『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』
■発売⽇:2021年6月11日(金)
■メーカー:任天堂
■対応機種:Nintendo Switch
■価格:
パッケージ版:3,480円(税込)
ダウンロード版:2,980円(税込)
・公式サイト
・マイニンテンドーストア

【執筆】トニオ國崎

1994年5月生まれ。興味を持った作品はジャンル問わず遊ぶフリーライター。コロコロオンラインでは「『帰ってきた 魔界村』プレイ日記」「ロックマンエグゼ20周年企画」「クラッシュ・バンディクー特集」などの記事を企画・執筆。
イラスト:秋おこ

『はじめてゲームプログラミング』プレイ日記バックナンバーはこちら!!

© Nintendo

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine

関連記事

『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』プレイ日記 第1回「ゲームを作ってみたい!……けどどうやってやるの?」