TOP 特集&連載 【はじプロ】『はじめてゲームプログラミング』プレイ日記 第16回 「自作ゲームに自動スクロール機能を付けてみた。ぬる~~~と動きます」
特集&連載

【はじプロ】『はじめてゲームプログラミング』プレイ日記 第16回 「自作ゲームに自動スクロール機能を付けてみた。ぬる~~~と動きます」

TwitterFacebookLine

2021年6月11日に任天堂より発売されたNintendo Switch用ソフト『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』。コロコロオンラインのライター・トニオ國崎が、はじめてのゲーム制作に挑戦するプレイ日記をお届けする。

再びゲームの改造を……

シューティングゲームの制作も終わり、さーてさて次のレッスンへ行こうかな~と思っていたが、その前にやらなければいけないことがあった。

そう、覚えたレッスンの内容を忘れないうちに自作ゲームへ反映させないと……!

下記の回では、「縦長のステージを作ったけど画面が切り替わらねえ!」という問題が発生してしまい、いったん止めていたのだが、シューティングゲー制作で画面を動かす方法を覚えたのでさっそく導入してみることに。

頂上を目指して上に上に登っていくゲームなので、y軸に伸びるように設定したい!

……ということで用意するのは

・数を出力する「定数ノードン」
・カウントを数える「カウンターノードン」
・出力を変える「マッピングノードン」

といった3種類。

やり方はノードンをそれぞれ直列でつなぎ、ゲーム画面ノードンのy軸に接続するだけ! レッスン3で習ったように下記の順番でつないでいく。

定数

カウンター

マッピング

とはいえど、設定が初期のままだと画面が高速で動いてしまうのでマッピングノードンだけ設定を弄らなければならない。というわけで「0~100」の入力範囲に対し「0~1」で出力されるように設定してみた。

実際にゲーム画面を確認してみると……

このようにぬる~~~~~っとゆっくりと画面がスクロールするようになるぞ! まあやってることはレッスンで受けたことまんまだったりする。

ついでに分かりやすいメッセージもセットしてみた。

やり方は2Dゲームなのでメッセージブロックを手前に出すだけでOK。

▲正面から見たゲーム画面
▲真上から見た場合がこちら。メッセージだけ位置をズラせばいい

あとは下から追いかける物を作ったり、画面枠に出たらゲームオーバーにしたいのだが……それはやり方がまだ分かってないのだ(笑)。

というわけで後はワールド設定を弄って外見を変えて終了! またネタが浮かんだら色々試してみよう!


作品概要
『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』
■発売⽇:2021年6月11日(金)
■メーカー:任天堂
■対応機種:Nintendo Switch
■価格:
パッケージ版:3,480円(税込)
ダウンロード版:2,980円(税込)
・公式サイト
・マイニンテンドーストア

【執筆】トニオ國崎

1994年5月生まれ。興味を持った作品はジャンル問わず遊ぶフリーライター。コロコロオンラインでは「『帰ってきた 魔界村』プレイ日記」「ロックマンエグゼ20周年企画」「クラッシュ・バンディクー特集」などの記事を企画・執筆。
イラスト:秋おこ

『はじめてゲームプログラミング』プレイ日記バックナンバーはこちら!!

© Nintendo

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine

関連記事

『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』プレイ日記 第1回「ゲームを作ってみたい!……けどどうやってやるの?」

【月コロ8月号特報】コロコロオリジナル8大ゲームをあげちゃう! 『はじめてゲームプログラミング​』コンテストも開催決定!!