TOP ニュース 【あつ森】“はっけい島 海の生きもの ふれあい展”に行ってきた! イベントの様子を徹底リポート!(1) 水族館でフータの大活躍を見た!
ニュース

【あつ森】“はっけい島 海の生きもの ふれあい展”に行ってきた! イベントの様子を徹底リポート!(1) 水族館でフータの大活躍を見た!

TwitterFacebookLine

コラボイベントリポートです!

 2021年7月12日~8月31日の期間、神奈川県にある海と生き物のテーマパーク、横浜・八景島シーパラダイスにて、『あつまれ どうぶつの森』ファン垂涎のイベントが実施されていることは……多くの読者の方がご存知かと思う。

 そのイベントの名は……“はっけい島 海の生きもの ふれあい展”!! 『あつ森』内で楽しめるさまざまなアクティビティを八景島シーパラダイスで堪能できちゃうという、ゲームの世界観とテーマパークの思想が完全に合致した“ドンピシャ”なイベントなのですッ!!

 こんなおいしい企画を、発売日から1日も欠かすことなく“角満島開拓日誌”を展開するコロコロオンラインが、見逃すはずもありません!!

 折しも、関東地方の梅雨明けが発表され、夏の暑い日差しが本格スタートした7月のとある日に……『あつ森』大好き記者2名で現地取材を敢行いたしましたッ!!

 角満島開拓日誌でも記事化されるかと思いますが、ここでは純粋な取材リポートとして、数回に分けてイベントの様子をお届けしたいと思います!

世界観を完全再現!

 取材を敢行した7月16日は、梅雨明けしたこともあってかカンカンに日差しが照り付ける“屋外イベント日和”。

 最寄りの八景島駅から歩いてシーパラダイスに近づいていくと……おや?? どこからともなく……『あつ森』のテーマ曲が聞こえてくる!!

 ……写真を載せても音は伝わらないと思うけど、このコラボイベント期間中はシーパラダイス全体が『あつ森』に染まっていて、施設のどこにいてもテーマ曲が耳に飛び込んできた。まるで……どこかにとたけけがいて、ギターを奏でている感じ!!

 そして雰囲気も抜群で、チケット売り場のあたりから『あつ森』の世界観が怒涛のように押し寄せてくるので、タマラナイですよ。

 ↓こんな感じで。

 『あつ森』の巨大パネルやイラスト、そしてどうぶつたちのぬいぐるみなどもそこかしこに置かれていて、盛り上げに一役買っていた。

 こんな感じで、現在は八景島シーパラダイスに行くだけで『あつ森』の世界の一端に触れることができる。が、数々のコラボコンテンツを存分に楽しみたい人は、イベント期間限定で販売されている、水族館やアトラクションと合わせて“はっけい島スタンプラリー”のスタンプラリーブックがセットになったチケットを購入されることをオススメ。種類はふたつあり、アクアリゾーツパス(水族館4施設)+スタンプラリーブックがセットになったものと、ワンデーパス(水族館4施設+アトラクション)+スタンプラリーブックがセットになったものとがある。

 どちらも購入すると……↓こんな素敵なスタンプラリーブックなどがもらえちゃうのだ!

※1冊200円で販売もされています!

 こちらのチケットの詳細は、以下のリンクからご確認を。

※チケットの詳細はこちら http://www.seaparadise.co.jp/price/event_ticket_aqua.html

 今回はアクアリゾーツパス(水族館4施設)+スタンプラリーブックを購入し、いよいよコラボイベントの本丸へ……! さまざまなコンテンツが広大な八景島シーパラダイスのアチコチで展開されているので、チケットを購入したらまずは、いかにして巡るか作戦を立てることをオススメしたい! 我々2名は、

 「ひとまず、水族館系を回ってスタンプラリーをしつつ、海の生き物との触れ合いコーナーや釣り大会にも参加しちゃおう!!」

 という綿密な(?)計画を立て、『あつ森』の“フータ”とがっつりとタッグを組んで展示が行われているという水族館に近づいていった。

 でも……!

 気付いたときにはバーベキューハウスに入って、肉と海鮮を焼いておりました……。

 で、でもこれ、ただ腹が減っていたから入ったというわけではないのです!! というのも、八景島シーパラダイスが『あつ森』のゲーム内で公開している島“はっけい島”に、まったく同じような風景があったことを思い出して、

 「似た写真を撮るには、バーベキューを注文するしかない!!」

 ってことで、フラリフラリと吸い寄せられてしまったのだ。

 ちなみに、はっけい島にあるバーベキューの風景は↓こんな感じ。

 ね!! 上のリアルバーベキューの写真とソックリでしょう!! はっけい島の夢番地は、

DA-0334-6879-4206

 なので、現地に行けないって人もぜひこちらでご堪能ください!!

注目の水族館へ

 最初に我々が入ったのは、トンネル状になっている水槽の中を通ってイルカの生態観察もできちゃう“ドルフィンファンタジー”という施設だ。

 これがもう、見事なんてもんじゃなかったんだけどね。

 イルカが授乳しながら泳ぐ姿も目の当たりにできました!!

 そしてここから、博物館のフータが実力を発揮。

 展示されている海の生き物の説明書きが『あつ森』のフータ仕様になっているので、来場された方は熟読されることをオススメします!!

 たとえば、円柱形の巨大水槽の中ではマンボウが泳いでいるんだけど、

 そのすぐそばに、フータの説明がある。

 『あつ森』でフータが行うマンボウの説明とともに、八景島シーパラダイスの”かんちょうさん”のコメントも併記されていておもしろい。

 そしてここで、最初のスタンプのヌシであるカバの“ゴンザレス”を発見!!

 この流れは、続いて入った大規模な水族館“アクアミュージアム”でも同じで、

▲コラボ期間中は“特別展示”として、ふだんの八景島シーパラダイスにはいな生き物も展示され、フータの解説を読むことができる。これは、『あつ森』ではすっかりおなじみのオオシャコガイw

▲なんと、カモメのジョニーはここでも打ち上げられていた……w ジョニーについては後日、角満島開拓日誌で詳しく記事にされると思います!

 海の生き物を愛でつつフータの解説をチェックし、そこら中に隠されている(すぐに見つけられるけど)どうぶつたちを探してスタンプを押す……。

 漫然と魚たちを眺めるだけではなく、フータの解説とスタンプラリーという格好の調味料が掛かっているので、最後まで飽くことなく水族館を堪能することができた。これもう、常設を懇願したいレベルですよ!!

 さあさあ、勢いに乗って、『あつ森』コラボの潮干狩りや魚釣りにもくり出すかな……と思ったけど、記事が長くなりすぎなので、ここでいったん区切ります!! 続きは別の記事で!!

『はっけい島 海の生きもの ふれあい展』公式サイト:
http://www.seaparadise.co.jp/special/huf/

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine