TOP ニュース 【あつ森】“はっけい島 海の生きもの ふれあい展”に行ってきた! イベントの様子を徹底リポート!(2)ラコスケに喜ばれる触れ合い旅
ニュース

【あつ森】“はっけい島 海の生きもの ふれあい展”に行ってきた! イベントの様子を徹底リポート!(2)ラコスケに喜ばれる触れ合い旅

TwitterFacebookLine

『あつ森』イベントリポート、その2!

 2021年7月12日~8月31日の期間、神奈川県にある海と生き物のテーマパーク、横浜・八景島シーパラダイスにて、『あつまれ どうぶつの森』ファン垂涎のイベントが実施されていることは……多くの読者の方がご存知かと思う。

 そのイベントの名は……“はっけい島 海の生きもの ふれあい展”!! 『あつ森』内で楽しめるさまざまなアクティビティを八景島シーパラダイスで堪能できちゃうという、ゲームの世界観とテーマパークの思想が完全に合致した“ドンピシャ”なイベントなのですッ!!

 こんなおいしい企画を、発売日から1日も欠かすことなく“角満島開拓日誌”を展開するコロコロオンラインが、見逃すはずもありません!!

 折しも、関東地方の梅雨明けが発表され、夏の暑い日差しが本格スタートした7月のとある日に……『あつ森』大好き記者2名で現地取材を敢行いたしましたッ!!

 1回目のリポートでは、今回のコラボの“メイン展示”と言っても過言ではない水族館(『あつ森』的には博物館)におけるフータの活躍をお届けしたけど、

 2回目の今回は、八景島シーパラダイスの“ふれあいラグーン”内に設置された海の生き物と触れ合えるエリアを中心にリポートしたいと思います!

海の生き物と触れ合う!

 ふれあいラグーンでは、海の岩場や砂地を再現した“サカナリーフ”というエリアが展開されていて、ここでは直接水に入って海の幸(『あつ森』でもおなじみですな)や海の生き物に触れることができる。

 さっそく現地に行ってみると……おお!! 少年少女や家族連れでにぎわっている!!

 ご覧の通りこのエリアも、『あつ森』とのコラボ感が満載。ところどころで“いかにも”なコンテンツが展開されていて、ゲームの中と同じような体験ができるのがポイントだ。

 たとえば、潮干狩り体験

 本誌女性記者も嬉々として、砂地にGO!w

 大ぶりのアサリが参加者を待っております。

 さらに、“海の中のホタテを探そう”のコーナーでは、“ラコスケ”がホタテを見つけてくれるのをいまかいまかと待ち構えている。

 そこで、エリア内の砂地に手を突っ込んでまさぐったところ……!

 お……!

 おお!!! ホタテ、発見!!!w これをラコスケに届けてあげたところ……!

 オリジナルステッカーと交換してくれました!! このへんのやりとり、ゲームでの流れとまったく同じで、思わず笑ってしまいましたわw

 さらに、“海の生きものに触れる”コーナーでは岩場が再現されていて、

 ナマコやサザエなど、『あつ森』にも登場する海の幸を見たり、触ったりすることができる。ちなみに箱メガネを無料で貸してくれるので、よりはっきりと生き物を見たい! って人は利用するといいかもね!

 そしてもちろん、その間にも、近くにいる“住民の捜索”は欠かしません。そう、スタンプラリーですな!!

 ちなみにこのふれあいラグーン近辺には、

 ドレミと……!

 ガンテツが隠れているので、来場された際はよく探してみよう!

 この足で、ふれあいラグーン出口にあるお土産ショップ“フレンディア”へ。ここでは、八景島シーパラダイス限定の『あつ森』グッズを販売しているのだ。

 気分は完全にタヌキ商店!!

 と思っていたら、キチンとショップの外でつぶきち&まめきちがお客さんを誘導しておりましたw

 この、キャラの特性を活かしたどうぶつの配置……マジでよく考えられている!! 改めて、じつに好感度の高いコラボイベントだなーーー!!

 ……というわけで、リポート最終回に続く!

『はっけい島 海の生きもの ふれあい展』公式サイト:
http://www.seaparadise.co.jp/special/huf/

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine