TOP 特集&連載 【はじプロ】『はじめてゲームプログラミング』プレイ日記 21回 「マグロ、砲台になる」
特集&連載

【はじプロ】『はじめてゲームプログラミング』プレイ日記 21回 「マグロ、砲台になる」

TwitterFacebookLine

2021年6月11日に任天堂より発売されたNintendo Switch用ソフト『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』。コロコロオンラインのライター・トニオ國崎が、はじめてのゲーム制作に挑戦するプレイ日記をお届けする。

自作ゲームの制作再開!

今回は、途中で止まっていた自作ゲーム作りの続きをお届けしていく。

前に作っていたときは、画面がぬる~~~っと上に動く自動スクロールステージにしていたのだが、レッスン4で画面を連動して動かすやり方を覚えたので、さっそく実装してみる。

やり方は、「ヒトノードン」「ゲーム画面ノードン」連結させるだけ! ふたつを繋げることで、キャラクターの動きに合わせて画面が動くように。これで長~いコースを作っても問題なしというわけだ。

▲今までは、ゲーム画面ノードンのY軸にシグナルを送り続けて、自動スクロールにしていた。仕組みはシューティングゲームのレッスンで習ったこととほぼ同じ。

そのまま足場の位置を微調整して……第1ポイントのアスレチックエリアが完成! ステージのあちこちに飛び出る球を避けながら上を目指していく。

さて、お次の第2ポイントは砲台を設置したいので、「モノを発射ノードン」をコピペして壁に付けてみた。

う~ん、さすがに何もないところから球が出るのはパッとしないなあ……

そうだ!

なんかそれっぽい形状なマグロを壁に埋めて、砲台代わりにしてみよう!

……オレは何のゲームを作っているんだ???????

まあそこは置いといて、「オシャレなモノノードン」からマグロを呼び出し、位置を発射方向に合わせたら完成!! マグロなのであんまり関係ないが、魚繋がりなので球の色をイクラっぽく……

よーしできた!

発射スピードも調整してそれっぽく仕上がったぞ……!! 

アスレチックエリアを抜けたら、今度は固定砲台がお出迎えってワケなのよ。

この時点でステージの3分の2が完成! 次回はいままでの経験を活かしてトラップを作ってみたいと思います!

続く!!


作品概要
『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』
■発売⽇:2021年6月11日(金)
■メーカー:任天堂
■対応機種:Nintendo Switch
■価格:
パッケージ版:3,480円(税込)
ダウンロード版:2,980円(税込)
・公式サイト
・マイニンテンドーストア

【執筆】トニオ國崎

1994年5月生まれ。興味を持った作品はジャンル問わず遊ぶフリーライター。コロコロオンラインでは「『帰ってきた 魔界村』プレイ日記」「ロックマンエグゼ20周年企画」「クラッシュ・バンディクー特集」などの記事を企画・執筆。
イラスト:秋おこ

『はじめてゲームプログラミング』プレイ日記バックナンバーはこちら!!

© Nintendo

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine

関連記事

『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』プレイ日記 第1回「ゲームを作ってみたい!……けどどうやってやるの?」