TOP 特集&連載 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第504回 さらば! 粋でいなせなルナステラ島のサムライよ(1)
特集&連載

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第504回 さらば! 粋でいなせなルナステラ島のサムライよ(1)

TwitterFacebookLine

決断のとき

 『あつ森』で遊び始めてから500日が経過し、良く言えば平和・安定・無風の世界となって、大きな波乱のない暮らしが保証される状況になった。

 それはそれで、いい。

 お気に入りのどうぶつに囲まれ、たまにやってくるレックスやジャスティンを歓待し、シャンクやレイジを確認して舌打ちし(スマン)、ジョニーや海賊ジョニーが浜に打ち上げられているのを見て苦笑いをする……。

 予定調和な世界に身を置くことは精神の安定につながるので、だからこそリアル世界においても都会の暮らしに疲れた人々が地方に移住する例が激増しているんだろうなぁ……と、妙に納得して考えたりする。

 しかし、つねに同じメンバーに囲まれた生活は、裏を返せば“退屈・マンネリ・飽き”というネガティブな感情につながりかねず、だからこそこのゲームでは、キャンプサイトや引っ越しフラグで“住民の入れ替え”を促してくると言える。

 そう、安定とマンネリは紙一重……というか、表裏に存在する概念なのだ。一瞬でも、

 「刺激が欲しいな」

 と思ってしまうと、その華美ないざないから目を背けられなくなるのであるよ……!

 ……とまあ、いかにももっともらしいことを綴ってみたが、自分が何を言っているのかよくわかっていない(オイ)。

 前回の続きを書こうと思っているんだけど、慣れ親しんだ住民との決別を記すことになるので、ちょっと心の準備が必要なんだよねぇ(苦笑)。

 ……でも、キチンと書かなきゃ。

 それが……1年3ヵ月ものあいだいっしょに暮した住民に、唯一できるはなむけなのだから!!><

さらば、かぶきち!

 何度も書いてきた通り、連載500回記念にリリアンを招聘するため、誰かしらに引っ越しをしてもらわないといけなくなった7月の後半……。

 首尾よく、“引っ越ししたい病”が島にやってきたものの、人事交流の入れ替え候補と目していたアセロラ&かぶきちではなく、ももこやアポロという“キープしておきたい人材”ばかりがこの病に罹患するため、

 「これはちょっと……どうぶつの入れ替えは厳しいかもなぁ……」

 そんなことを考えたりしていた。

 そして迎えた、7月30日。

 すでに、500回記念の記事は書いてしまっていた。ゆえに、

 「いま慌てて誰かを追い出さなくてもいいんじゃね^^;」

 このようなまったりとした空気が島を覆い始めていたんだけど……ついに“この男”が決断してしまった。

 ああ……。かぶきちか……!!><

 彼は確かに、入れ替え候補であった。

 でも、いざ「島を出て行くぜ! ぃよぉー!」なんて言われると……すんなり、

 「うむ!!www 元気でな!!!www」

 なんて、笑って背中を押すことができねぇ……。

 俺はこの状態のままいったんNintendo Switchを手から離し、今後の島運営に思いを馳せた。

 入れ替え候補のかぶきちの引っ越しフラグすらスルーしてしまったら、人材交流なんて……一生やらないだろうな(苦笑)。

 むしろ、この別れをきっかけにできたなら、今後は積極的にどうぶつの入れ替えも図れるようになるのではなかろうか……!?

 「……うん、そうだな。かぶきちには……その先鞭をつけてもらおう!!!><

 俺は決断した。

 再びNintendo Switchを手に取り、かぶきちとの会話を続行する。

 そして……引っ越しの申し出に対し、震える指で、

 「応援しているよ!!!」

 を選択した……><

 これにて、長く島生活をともにした“ルナステラ島のご意見番”が引っ越ししていくことになったのである!!><

 次回は“さらば、かぶきち!”ってことで彼との秘蔵写真をピックアップして、思い出を温めたいと思う。

 続く!! 

1年前の今日は?

 せっかく丸1年、1日たりとも欠かさずにプレイしているので新企画“1年前の今日は?”と題して、“昨年の今日のスクショ”を1枚掲載していこうと思います!

 ちょうど1年前、2020年8月5日の様子は↓こちらです。

 この日、キャンプサイトにペーターが襲来し、迷うことなくスカウト。その入れ替わりで、キッズがルナステラ島から引っ越していった。

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine