TOP 特集&連載 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第506回 いつか見た花火大会-かぶきちロスを越えて-
特集&連載

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第506回 いつか見た花火大会-かぶきちロスを越えて-

TwitterFacebookLine

8月1日は忙しかった!

 前回の日記で書いた通り、ルナステラ島の古株中の古株であるかぶきちが、1年3ヵ月の島生活を終えてどこかへと旅立っていった。

 その記事の最後に記したけど、朝イチでかぶきちにお別れの挨拶に行ったところ、

 「こんな日も寝坊してんのかよ!!!www」

 という、いかにもかぶきちらしい接待(?)を受けて、仕方なく夜のとばりが下りるのを待ってから、再度彼の家を訪問したのである。

 かぶきち家の玄関を開けると、いかにも和風な「からんころん♪」という軽やかな音が鳴り響く。この音を楽しむのも最後かと思うと、さすがに感慨深いわー。

 そして家の中では……あの和室で、かぶきちが一生懸命に引っ越しの片づけをしておったよ。

 ああ……。もう、すっかり片付いちゃって……。

 ルナステラ島の住民で和室を楽しんでいたのはかぶきちだけなので、それが見られなくなるのもちょっと寂しい。やっぱり住民のパターンも、いろいろあったほうが賑やかでいいからな。

 そんな、和の風を持って出て行く長年の友人に、ラストの声掛けをした。

 ……やっぱり最後の最後まで、俺らはニックネームで呼び合うことがなかった^^;

 この、何とも言えない距離感が最終的な“肩たたき”の要因にもなったんだけど、いわゆる“心のソーシャルディスタンス”をキープしたまま付き合う隣人がいなくなるってのも、間違いなく残念なのである。

 自分で背中を押しておきながら喪失感に苛まれる俺に向かって、かぶきちはこんなことを言った。

 ……もしも離島ツアーで遭遇したら、2回目のスカウトをしちゃうかもwww

 そんなことを思わせてくれた、爽やかな別れでありました。

 さて、そんなかぶきちの引っ越しに、長くいっしょに暮したどうぶつたちもさぞ衝撃を受けているだろうなぁ……と思って、道行く数人にインタビューを試みたんだけど……!

 !!? ちょ! メープル、かぶきちといちばん長い付き合いだろ!!! 文房具なんてどーでもいいねん!! かぶきちに対するコメントはないのかよ!!!(イラ)

 続いて、ジュンは……!

 !!?!? 昔の音楽仲間とか知らねーよ!!!(怒) どうせ「音楽性の違いガー」とかだろ!? そんなことより、いま別れるかぶきちに想いを馳せてくれーや!!!><

 ……とまあ、なんともドライなルナステラ島の住民たちなのであった。

 そして、翌日--。

 俺の家の裏手にあるかぶきち家を訪れると……。

 すでに守銭奴タヌキの手は回っていて、売土地になっていた。

 でも、

 俺がかぶきちのために作った和な庭と入り口は、当然そのまま残っている。これから離島ツアーでリリアンを探さねばならないわけだが、果たして彼女に、このテイストは合致するのだろうか(苦笑)。

 しかし、離島ツアーに出掛ける前に……!

 この日は8月1日だったので、やらねばならないことが山のように控えていたのである。

 まずは……!

 1ごうの誕生日!!w

 彼がルナステラ島で誕生日を迎えるのは、これで2度目だ。前回は、俺がプレゼントした服が翌日に郵便で返品されてきたけど(苦笑)、今年はそうならないことを願うばかり^^;

 さらに、8月最初の日曜日ってことで……!!

 2021年最初の花火大会も開かれました!!!

 ついつい、

 「去年はかぶきちと、打ち上げ花火を見上げていたんだよなぁ……」

 と、再び懐古的な想いがこみ上げてきてしんみりとしてしまったけど、

 今年の目玉商品(?)であるタピオカミルクティーを楽しみながら、

 「かぶきちもきっと……どこぞの島で、花火を見ているんだろうな!!」

 そう思うことにして、離島ツアーに出発したのであります!!

 続く!

1年前の今日は?

 せっかく丸1年、1日たりとも欠かさずにプレイしているので新企画“1年前の今日は?”と題して、“昨年の今日のスクショ”を1枚掲載していこうと思います!

 ちょうど1年前、2020年8月7日の様子は↓こちらです。

 ぼんやりタイプの住民として、いまではルナステラ島になくてはならない存在、ペーターが引っ越してきたのがこの日でした!

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine