TOP 特集&連載 コロコロオンラインのライターが厳選! 本当に怖いホラーゲーム7選! 戦慄のレビュー(7)『真砂楼』軽い気持ちで行った廃旅館。そこで待っていたのは……
特集&連載

コロコロオンラインのライターが厳選! 本当に怖いホラーゲーム7選! 戦慄のレビュー(7)『真砂楼』軽い気持ちで行った廃旅館。そこで待っていたのは……

TwitterFacebookLine

コロコロオンラインのライターたちが選ぶホラーゲームレビュー特集。第7夜は、Nintendo Switch、Steam(PC)にて配信されている探索系ホラーアドベンチャー『真砂楼(まさごろう)』を紹介する。なお、本記事でプレイしたのはNintendo Switch版となる。

冷や汗が止まらない廃旅館の探索……

「ホラー」を語るうえで、いちばん怖い部分は何だろうか?

演出、怪異の姿、ストーリーなど、作品によって魅力はさまざまなのだが、筆者が個人的にニガテなのは「何も起きないこと」なのだ。というか、筆者があまりホラーゲームをやらない理由の大半がこの部分に当てはまる。

たとえば、ゾンビや幽霊みたいな化け物が現れたら「よし、やってやるぜ!」と覚悟が決まるものの、何が出てくるのか分からない探索パートが怖い! 

ちょっとした物音すら「ヒッ!」となってしまう。

先に進みたくねぇ~~~!!!!!!

……とまあ、そんなビビりの筆者に非常にぴったりだった作品が、この『真砂楼』だ。

本作のあらすじを簡単に説明すると、廃墟探索が趣味の主人公が、休みを機に潰れた廃旅館「真砂楼」を訪れてみた……というもの。

真っ暗な建物の中を懐中電灯で進んでいくのだが、本作は廃墟探索者による監修もあってか、ボロボロの建物内の雰囲気もばっちりキマっている。

塗装が剥げ、カビが生えた壁、穴の開いた障子、朽ちた置物など……さらにはすきま風や床のきしみも立体音響で再現されており、そのクオリティはヘッドホンでのプレイが怖くなるほど。

ウワーッ! 帰らせてくれぇ!!

……と思ったら閉じ込められてる!!

い、いやじゃ~~~~~っ! 行きたくない!

戻ることができず、パンフレットを頼りに建物内を探索していく……ボロボロなせいか立て付けが悪かったり、物が落ちてきたりと大きな音にびっくりしてしまう。

記事のはじめでも言った通り「何かあるんだろうけど何もない時間」が怖くて怖くて仕方ない。

視界が狭く先が見えないのも恐怖感を程よく煽っており、あまりにもビビりすぎてTVモードで遊ぶのをやめようかと思ったほどだ。

▲何かがいるかもしれない……そんな恐怖がプレイヤーに襲い掛かる。

あちこちに落ちているカギを使って部屋の中も調査してくのだが、そこには当時書かれたであろう民族学者の記録、主人や客のメモが残っていた。

メモを読んでいくうちに明らかになる「真砂楼」の真実には、何かいけないものに関わっているようで冷や汗が止まらない。さらには旅館内には謎の幻覚も……。

いったいここで何があったのか? ぞわぞわと不安が迫るなか、主人公はさらなる奥へ突き進んでいく……

▲民俗学者のメモ。旅館の住み心地を絶賛しているが読み進んでいくと……
▲旅館主人の記録。なにやら203部屋のトラブルで悩んでいるようだ……

不安を煽る音響や、ボロ屋にありがちな朽ちた表現など、廃墟の細かい部分まで再現された本作。2~3時間ほどのプレイでサクッと楽しめるうえに、主人公のような廃墟マニアや和風ホラーに興味ある人にはぜひオススメしたい作品だ。

あっ! プレイするときはヘッドホンも忘れずに!

コロコロホラーゲーム2021特集記事は
下記の画像をクリック!!

 

作品概要
『真砂楼』
■販売・開発:DorsalFin Studio
■配信日:2021年3月26日(PC)、7月8日(Switch)
■価格:各1,320円(税込み)
■ジャンル:アドベンチャー
■フォーマット:Nintendo Switch、PC(Steam)
■IARC:16+
■公式サイト
https://dorsalfingamestudio.wixsite.com/masagoro

(C)DorsalFin Studio 2021. All rights reserved.

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine