TOP 特集&連載 【はじプロ】『はじめてゲームプログラミング』プレイ日記 第24回 「自作ゲーム制作もそろそろ大詰め! と、その前に……」
特集&連載

【はじプロ】『はじめてゲームプログラミング』プレイ日記 第24回 「自作ゲーム制作もそろそろ大詰め! と、その前に……」

TwitterFacebookLine

2021年6月11日に任天堂より発売されたNintendo Switch用ソフト『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』。コロコロオンラインのライター・トニオ國崎が、はじめてのゲーム制作に挑戦するプレイ日記をお届けする。

ゴール演出を先駆けて作ってみた

自作ゲーム制作も残すところあと3分の1。ここまで来たら完成まで作ってしまおう! といきたいところだが、どうせやるならレッスンで覚えたことをすべて活かしたいので、ナビつきレッスンを全部終わらせてきた。

ボブたちとのレッスンもこれで終わりかぁ……と寂しく思うが、それなりにゲームを作れる術は充分に教えてもらったので、いろいろ作っていこうと思う。

あ……そういえばレッスンを全部終わらせると追加のチャレンジ問題が何十問も解放されていたので、時間が空いた時にこちらもチェックしておきたい。

▲レッスンはまだ終わらない!?

さて、話は変わり自作ゲームの『山登り(仮)』の続きなのだが、最後の仕掛けが思いつかない! というわけで、先にゴール演出だけ作っておこう!

明日以降の自分がなにか思いつくはず! たぶん。

とりあえず形だけ作っておきたいので、レッスンでもたびたび登場した「宝箱」を設置。「宝箱に触ればクリア」という条件にしたいので、触っているセンサーと宝箱を連結! 準備完了だ! 

これだけではプレイヤーが触ったのか分かりづらいので、ファンファーレはもちろん、クラッカーと花火が出るようにしてみよう。

ノードンをつないで実際に試してみると……

かんたんゴール演出の完成!

おっと。ついでに、ゴールしたらリトライする仕組みも作っておこう。

▲リトライ演出はタイマーとリトライをくっつけるだけ。らくちん。

さて、あとはこの後半部分からゴールまでの道のりをどうするかなのだが……どうしようかなぁ(笑)。


作品概要
『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』
■発売⽇:2021年6月11日(金)
■メーカー:任天堂
■対応機種:Nintendo Switch
■価格:
パッケージ版:3,480円(税込)
ダウンロード版:2,980円(税込)
・公式サイト
・マイニンテンドーストア

【執筆】トニオ國崎

1994年5月生まれ。興味を持った作品はジャンル問わず遊ぶフリーライター。コロコロオンラインでは「『帰ってきた 魔界村』プレイ日記」「ロックマンエグゼ20周年企画」「クラッシュ・バンディクー特集」などの記事を企画・執筆。
イラスト:秋おこ

『はじめてゲームプログラミング』プレイ日記バックナンバーはこちら!!

© Nintendo

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine

関連記事

『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』プレイ日記 第1回「ゲームを作ってみたい!……けどどうやってやるの?」