TOP 特集&連載 【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ダッシュ0号・地平(ホライゾン)」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第1次ブーム編】
特集&連載

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ダッシュ0号・地平(ホライゾン)」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第1次ブーム編】

TwitterFacebookLine

今まで登場した「歴代ミニ四駆」を世代ごとに取り上げていくミニ四駆連載企画! 本記事では、第1次ブーム編の「ダッシュ0号・地平(ホライゾン)」を紹介する。

【コロコロオンライン連載企画】
ミニ四駆歴代マシンカタログ!

1982年に生まれ、現在も多くの人々に愛されているタミヤの大人気ホビー『ミニ四駆』

コロコロオンラインでは、ミニ四駆の魅力をたくさんの読者たちにもっと知ってもらうべく、連載企画を開始!

その名も「ミニ四駆歴代マシンカタログ」だ!

これまでに発売されたミニ四駆たちを「黎明期」、「第1次ブーム」、「第2次ブーム」、「ニュージェネレーション」と4つの世代ごとに取り上げていくぞ! マシンの写真はもちろん、過去のコロコロコミック記事も掲載していくぞ!

■ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

「ダッシュ0号・地平(ホライゾン)」

「ダッシュ0号・地平(ホライゾン)」は、まんが『ダッシュ!四駆郎』(徳田ザウルス先生)に登場した四駆郎の父・源駆郎のマシン。1990年9月に発売された。

まんが内では、「プロトエンペラー」を含めたダッシュ軍団のすべてのマシンのルーツとして登場。第54話「ホライゾンの使者の巻」〈その1〉では、四駆郎がホライゾンでレースに出場するものの、レーザーコントロールで性能を発揮する特殊駆動マシンだったため苦戦してしまう。危機に陥った四駆郎たちだったが、ヘッドライトによる一時的な加速や地形を活かした走りを魅せ、ギリギリのなかで逆転勝利を果たした。

実際の商品はベーシックスリックタイヤとゼロシャーシを搭載。2012年には、スーパー2シャーシを採用したリファインマシンが新たに登場した。

スペック概要
■全長:131mm
■全幅:86mm
■全高:50mm
■シャーシ:ゼロシャーシ

「ダッシュ0号・地平(ホライゾン)」初公開のコロコロを紹介!

「ダッシュ0号・地平(ホライゾン)」のモデルが初公開されたのは、発売から1年ほど前の1989年コロコロコミック5月号。このころはまだ商品化が決定しておらず、徳田ザウルス先生のイラストをもとに再現された特製モデルとなっている。商品化決定の情報については「ダッシュ01号・超皇帝(スーパーエンペラー)」の振り返り記事をチェックしてほしい。

▲1989年コロコロコミック5月号
▲1989年コロコロコミック5月号

商品化が決定し、発売直前の1990年コロコロコミック9月号では、先駆けて「ダッシュ0号・地平(ホライゾン)」の改造記事を紹介。前ちゃんやミニ四ファイターたちによる独自の改造ミニ四駆がラインアップしている。

▲1990年コロコロコミック9月号
▲1990年コロコロコミック9月号

肉抜きやパーツを追加したレース仕様や、「ミニ四駆救急車」などデザインにこだわったマシンなどユニークな改造が勢ぞろい! 白いボディを活かして救急車っぽくするのはなるほど……! いろんなやりかたがあるなぁ……。

 

 

以上、第1次ブーム『ダッシュ四駆郎』編のマシンをお届け!

次回は、第2次ブーム『レッツ&ゴー』編からソニックセイバーに続く2代目マシンが登場だ!

本連載は水曜日更新予定なのでお楽しみに!

■ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

商品概要
「ダッシュ0号・地平(ホライゾン)」

■発売時期:1990年9月発売
■価格:600円(当時)
・「ダッシュ0号・地平(ホライゾン)」1990年モデル(販売停止中)

▼他モデル:
・「ダッシュ0号・地平(ホライゾン)」リファインモデル(販売停止中)
■タミヤ公式サイトはこちら

ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

 

(C)TAMIYA,INC.ALL RIGHTS RESERVED.

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine

関連記事

【新企画! ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ダッシュ1号・皇帝(エンペラー)」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第1次ブーム編】

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ライズエンペラー」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【ニュージェネレーション編】

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ダッシュ01号・超皇帝(スーパーエンペラー)」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第1次ブーム編】