TOP 特集&連載 【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「バンガードソニック」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第2次ブーム編】
特集&連載

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「バンガードソニック」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第2次ブーム編】

TwitterFacebookLine

今まで登場した「歴代ミニ四駆」を世代ごとに取り上げていくミニ四駆連載企画! 本記事では、第2次ブーム編の「バンガードソニック」を紹介する。

【コロコロオンライン連載企画】
ミニ四駆歴代マシンカタログ!

1982年に生まれ、現在も多くの人々に愛されているタミヤの大人気ホビー『ミニ四駆』

コロコロオンラインでは、ミニ四駆の魅力をたくさんの読者たちにもっと知ってもらうべく、連載企画を開始!

その名も「ミニ四駆歴代マシンカタログ」だ!

これまでに発売されたミニ四駆たちを「黎明期」、「第1次ブーム」、「第2次ブーム」、「ニュージェネレーション」と4つの世代ごとに取り上げていくぞ! マシンの写真はもちろん、過去のコロコロコミック記事も掲載していくぞ!

■ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

2代目ソニック
「バンガードソニック」

「バンガードソニック」は、コロコロコミックにて1994年から連載されたまんが『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』(こしたてつひろ先生)のキャラクターである星馬烈の2代目マシン。実際の商品は1995年9月に発売された。

マシンのデザインは、ソニックセイバーのイメージをそのままにシャープに作られたフォルムが特徴。コーナリングを重視したマシンとして設計されており、「ビクトリーマグナム」と比べるとリヤウイングの形状が違ったり、ボディが少し丸くなっているのもポイントだ。

まんが内では、火口に落ちたマグナムセイバーたちの代わりとして登場。落ち込む星馬兄弟が目を覚ますきっかけとなったグレートジャパンカップから、大神軍団との闘いまでともに走りぬいたマシンである。

現在は、カーボンスーパー2シャーシを採用したリファインマシンが発売されている。

スペック概要
■全長:132mm
■全幅:90mm
■全高:43mm
■シャーシ:スーパー1

「バンガードソニック」発売当時のコロコロを振り返る!

「バンガードソニック」のマシンが初めて掲載されたのは、1995年のコロコロコミック8月号。まんがで先行登場していた謎のVマシンの姿がついにお披露目となった。両マシンの写真とともに、空力ボディなど新マシンの秘密を特集でお届け!

▲1995年コロコロコミック8月号より
▲1995年コロコロコミック8月号より
▲1995年コロコロコミック8月号のカラー表紙。

コロコロコミック9月号、10月号では、2か月に渡り改造記事を掲載! 土屋博士による「T改造マシン」をはじめ、こしたてつひろ先生と青木たかお先生による改造といった、レース状況に合わせたさまざまなマシンが紹介されている豪華特集だ。ユニークなデザインも見ごたえバツグン!

▲1995年コロコロコミック9月号より
▲1995年コロコロコミック10月号より


 

以上、第2次ブーム『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』編のマシンをお届け!

次回は、ニュージェネレーション編から星馬烈の新たなソニックが登場だ!

本連載は水曜日更新予定なのでお楽しみに!

■ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

商品概要
「フルカウルミニ四駆シリーズ No.7 バンガードソニック」

■発売時期:1995年9月発売
■価格:600円(当時)
・「バンガードソニック」1995年モデル(販売停止中)

▼他モデル
・「バンガードソニック」リファインモデル

■タミヤ公式サイトはこちら

ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

 

(C)TAMIYA,INC.ALL RIGHTS RESERVED.

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine

関連記事

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ソニックセイバー」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第2次ブーム編】

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ロデオソニック」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【ニュージェネレーション編】

【ミニ四駆歴代マシンカタログ 番外編】肉抜き、メッシュ、水上走行!? コロコロのミニ四駆改造記事をピックアップ!!